MYLOHASの会員システムは、2018年2月26日より新システムに移行いたします。

システム移行作業にともない、2月23日15時~2月26日15時の間は、マイページのご利用を停止させていただきます。

会員の皆様にはご不便おかけいたしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

  1. Home
  2. MIND
  3. がんばらない、ただ淡々と、変化がわかる1週間チャレンジ

がんばらない、ただ淡々と、変化がわかる1週間チャレンジ

がんばらない、ただ淡々と、変化がわかる1週間チャレンジ

Photo by PIXTA

日ごろ、仕事も家事も「ちゃんとしなければ」とついがんばってしまいがち。でも、「きちんと」「しっかり」しようとするから肩に余計な力が入って、気持ちを乱すこともあります。

植西 聰著『平常心のコツ』と出会ってから、「あまりがんばらないほうが心はブレなくなるのではないか」と思うようになりました。

人は人、自分は自分と割り切る

自分では「他人からどう見られているか」なんて気にしていないつもりでいたけれど、「ちゃんとしなければ」という思いが強いのは、他人の評価を中心に意識を組み立てて自分の気持ちは後回しにしている何よりの証拠。

「人は人、自分は自分」と割り切る勇気が足りていなかったなと気づきました。別にほかの誰かを納得させるために生きているわけではない、自分は自分にもっと集中しよう。そう決めたら、気持ちがすっと楽になりました。

あきらめたっていいと思う

じつのところ、私が気にしているのは「人からどう思われるか」というよりも、人からよく思われなかったときに「身におぼえのないうわさを広められる」こと。うわさ対策で、自分の行動を他者から見てより正しく見えるものに制限してきたような気がします。

でも、本当の私を知っている人ならうわさは信じないはずだし、信じる人のことは放っておくしかないでしょう。人の口から出てくる言葉に対して、私にできることはほとんどありません。

この本をもとに、「わかってもらえなくてもいい」「どう思われてもいい」「嫌われてもいい」などと、外部からの評価や反応に関することはあきらめることにしました。すると、人の言葉によって気持ちを揺らされることが減り、心が静かに

水のように淡々と暮らす1週間を

それでも、人の視線や言葉をまったく気にしないというわけにはいかない私ですが、敏感になりすぎて心が乱れていると感じたときは、水のように淡々(たんたん)と過ごす期間をつくることにしています。だいたい1週間。この本のなかで最も印象に残ったのが、「たんたんと」という言葉だったからです。自分が調子を落としているときも「たんたんと」、ショックを受けて落ちこむような出来事があったとしても「たんたんと」。仕事や家事や入浴など、日常の動作をただ「たんたんと」おこなっていれば、心の揺れはやがておさまっていく、と植西さん。

試してみると、うまくいく日もいかない日も起きたことの理由を頭で考えすぎず、「ちゃんと」ではなく「たんたんと」過ごすのは何とも心地いいもの。

ただ、不思議なもので、自分のペースを守って暮らせていれば、今度はもうすこし誰かの意見を取り入れてみようという気持ちもわいてきます。淡々と過ごす7日間があってこそ、多少のことを聞いてもブレない、しなやかな心が作れているのを感じています。

[『平常心のコツ』]

Writing by木谷梨子

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    Prevention
    Rodale's Organic Life

    Ranking

    1. 糖尿病になりかねない6つの行動?驚きの原因とは?

    2. 筋肉をほぐして手に入れるパフォーマンスがアップするツール

    3. 熟睡したいなら、寝る前に食べないほうがいいフード&ドリンク7

    4. 快眠には「質」と「時間」の両方が大切。忙しくても深くたっぷり眠るコツ

    5. 頭皮のビフォーアフターが一目瞭然!極上ヘッドスパ体験をレポート

    6. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    7. 体臭が気になるのは、洗濯洗剤が合っていないのかも?

    8. 鰯のつみれ鍋は本当においしい【こぐれひでこの「ごはん日記」】

    9. 文句ばかり言ってしまう性格をなんとかしたい! グチを減らすための6つのステップ

    10. 人と運を引き寄せる! 「コミュニケーション力」アップの秘訣とは

    1. 熟睡したいなら、寝る前に食べないほうがいいフード&ドリンク7

    2. 糖尿病になりかねない6つの行動?驚きの原因とは?

    3. 筋肉をほぐして手に入れるパフォーマンスがアップするツール

    4. 良縁に恵まれない......実は目に見えない「心の相性」が原因かも

    5. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    6. 花粉と戦う「眞鍋かをり」が驚愕した、イギリスでの花粉エピソード

    7. 快眠には「質」と「時間」の両方が大切。忙しくても深くたっぷり眠るコツ

    8. 人と運を引き寄せる! 「コミュニケーション力」アップの秘訣とは

    9. 砂糖がカラダにもたらす恐ろしい11の真実

    10. パパっと一品つくれる常備野菜の作り方と簡単レシピ

    1. 熟睡したいなら、寝る前に食べないほうがいいフード&ドリンク7

    2. 揺らいでも大丈夫。こころの「ざらつき」を整える方法

    3. 1月31日は皆既月食&ブルームーン、方角、時間、鑑賞法は?

    4. 糖尿病になりかねない6つの行動?驚きの原因とは?

    5. 人と運を引き寄せる! 「コミュニケーション力」アップの秘訣とは

    6. 世界一のジェラート職人・柴野大造さんに聞く、味覚へのこだわり

    7. 自分にあった香りが脳にもたらす影響とは?

    8. 年を重ねるにつれて摂取したい!「脳にいい食べ物」6つ

    9. 実は唇を刺激する、リップクリームの3つの成分

    10. 辛酸なめ子より。すべての乾いている女性たちへ

    がんばらない、ただ淡々と、変化がわかる1週間チャレンジ

    FBからも最新情報をお届けします。