1. Home
  2. MIND
  3. がんばらない、ただ淡々と、変化がわかる1週間チャレンジ

がんばらない、ただ淡々と、変化がわかる1週間チャレンジ

1,717

がんばらない、ただ淡々と、変化がわかる1週間チャレンジ

Photo by PIXTA

日ごろ、仕事も家事も「ちゃんとしなければ」とついがんばってしまいがち。でも、「きちんと」「しっかり」しようとするから肩に余計な力が入って、気持ちを乱すこともあります。

植西 聰著『平常心のコツ』と出会ってから、「あまりがんばらないほうが心はブレなくなるのではないか」と思うようになりました。

人は人、自分は自分と割り切る

自分では「他人からどう見られているか」なんて気にしていないつもりでいたけれど、「ちゃんとしなければ」という思いが強いのは、他人の評価を中心に意識を組み立てて自分の気持ちは後回しにしている何よりの証拠。

「人は人、自分は自分」と割り切る勇気が足りていなかったなと気づきました。別にほかの誰かを納得させるために生きているわけではない、自分は自分にもっと集中しよう。そう決めたら、気持ちがすっと楽になりました。

あきらめたっていいと思う

じつのところ、私が気にしているのは「人からどう思われるか」というよりも、人からよく思われなかったときに「身におぼえのないうわさを広められる」こと。うわさ対策で、自分の行動を他者から見てより正しく見えるものに制限してきたような気がします。

でも、本当の私を知っている人ならうわさは信じないはずだし、信じる人のことは放っておくしかないでしょう。人の口から出てくる言葉に対して、私にできることはほとんどありません。

この本をもとに、「わかってもらえなくてもいい」「どう思われてもいい」「嫌われてもいい」などと、外部からの評価や反応に関することはあきらめることにしました。すると、人の言葉によって気持ちを揺らされることが減り、心が静かに

水のように淡々と暮らす1週間を

それでも、人の視線や言葉をまったく気にしないというわけにはいかない私ですが、敏感になりすぎて心が乱れていると感じたときは、水のように淡々(たんたん)と過ごす期間をつくることにしています。だいたい1週間。この本のなかで最も印象に残ったのが、「たんたんと」という言葉だったからです。自分が調子を落としているときも「たんたんと」、ショックを受けて落ちこむような出来事があったとしても「たんたんと」。仕事や家事や入浴など、日常の動作をただ「たんたんと」おこなっていれば、心の揺れはやがておさまっていく、と植西さん。

試してみると、うまくいく日もいかない日も起きたことの理由を頭で考えすぎず、「ちゃんと」ではなく「たんたんと」過ごすのは何とも心地いいもの。

ただ、不思議なもので、自分のペースを守って暮らせていれば、今度はもうすこし誰かの意見を取り入れてみようという気持ちもわいてきます。淡々と過ごす7日間があってこそ、多少のことを聞いてもブレない、しなやかな心が作れているのを感じています。

[『平常心のコツ』]

木谷梨子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 納豆パワー5つ。健康やダイエットに効果的な食べ方とは?

    2. 白米を◯◯に変えて代謝アップを狙え。管理栄養士が教える献立

    3. ダイエット&美肌に、朝1杯の「レモン白湯」がおすすめな理由

    4. 知らない間にストレスを蓄積させている行動習慣とは

    5. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    6. 代謝を上げたいなら「炭水化物抜き」はやめて。食事で代謝アップするヒント

    7. 夜のお出かけ前はこれだけやればOK!「お疲れ顔」がよみがえるメイク直しテク

    8. ちょっとくらい掃除をさぼっても大丈夫! 半永久的に抗菌できる加湿器

    9. オバマ夫妻も取りくんだ不妊治療、IVF(体外受精)について知りたい

    10. 食事で代謝アップするには? こんな女性は代謝が落ちています

    1. 納豆パワー5つ。健康やダイエットに効果的な食べ方とは?

    2. 代謝を上げたいなら「炭水化物抜き」はやめて。食事で代謝アップするヒント

    3. 年を重ねても衰えない肌と腹筋をキープする、シンプルな習慣

    4. 食事で代謝アップするには? こんな女性は代謝が落ちています

    5. 認知症を防ぐ! 脳神経外科医おすすめの食材と、生活改善ポイント4

    6. 白米を◯◯に変えて代謝アップを狙え。管理栄養士が教える献立

    7. ダイエットにおすすめの「コーヒーを飲むタイミング」はいつ?

    8. つるっとむけると気持ちいい! ゆで卵を確実&キレイにむく裏ワザ5つ

    9. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    10. 理学療法士おすすめ。10秒で「緊張性頭痛」を軽くする方法

    1. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    2. 毎日ストレッチをすると、こんなすばらしいことが身体に起きます

    3. デートの相手がソシオパスだったら? はじめは魅力的な人に見えるかも。10の兆候

    4. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    5. 栄養士おすすめ。甘いもの好きも大満足の、血糖値を急上昇させないデザート6

    6. 栄養士も認める、低炭水化物ダイエットにおすすめの低糖質フルーツ10

    7. 糖尿病を予防する6つのヒント。リスクを上げる意外な習慣は?

    8. 肺がんにならないために、今日からできること10

    9. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン

    10. 認知症を防ぐ! 脳神経外科医おすすめの食材と、生活改善ポイント4

    がんばらない、ただ淡々と、変化がわかる1週間チャレンジ

    FBからも最新情報をお届けします。

    Read More