1. Home
  2. MIND
  3. 自分に気づけば、もっと自由になれる【前編】 #マインドフルネスでいまを生きる

自分に気づけば、もっと自由になれる【前編】 #マインドフルネスでいまを生きる

自分に気づけば、もっと自由になれる【前編】 #マインドフルネスでいまを生きる

自分に気づいていること。気づくための時間、瞑想やマインドフルネスの時間をとるのではなく、常に気づいていること。これは、マインド(思考や心)の支配やパターンから自由になるための近道です。

とはいえ、いつなんどきでも気づいているのは最初はなかなか難しいものです。そこで、マインドフルネスのクラスなどでは、まずは気づいている時間やシーンを区切ることをおすすめしています。たとえば、朝食の間、歯磨きのとき、食事の最初の5分間バスタイム家から駅までの道のりなど、そのときだけは自分の感覚、思考、感情に気づいているようにする。そして、気づくという感覚を身につけ、その時間を増やしていくのです。

体感覚、五感で感じる刺激に気づいている練習は、以前ご紹介した食べる瞑想や歩く瞑想がトライしやすいでしょう。体感覚や五感に耳をすませるのは、今この瞬間にいるための方法です。過ぎ去った過去でもなく、まだやってきていない未来でもなく、今この瞬間という現実を生きる。いつでもその状態であれば、それはつまり、マインドから自由になっているということです。なぜなら、マインドは過去、あるいは未来という幻想を生み出し、その幻想の中でのみ生きているものだからです。

そして、自分の思考や感情に気づいていることもマインドの支配から抜け出す方法のひとつです。誰かの言動によって心や思考が動いたときや、あるいは自分が何かをしているときの自分の思考や感情。

たとえば、待ち合わせの相手が約束の時間より遅れてきたとき。イライラしたり、なんてだらしないひと! なんていう思考が湧いてきたとしたら、そのことにただ気づきます。善し悪しはなく、ただそれがあることを認めること、気づくことは、とても大切です。これまでにも、何度かそんなことをお話ししました。今回は、そんなふうに感情が動くときだけでなく、何気ない日々の自分の思考にも目を向けてみることをおすすめしたいとおもいます。

今日の1枚:

自然を見ていると、物事は刻一刻と変化するんだなあと実感します。過去を思い出したり未来に思いを馳せている間に、目の前にあるそれは、どんどん変化していきます。自分の頭の中の幻想をみるか、目の前の現実をみるか。それは自分で選べるのです。

>>後編に続く

>>「マインドフルネスでいまを生きる」をもっと読む

松永真美

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    2. 人間性が垣間見える「ムカッ」としたときの表現 #コミュニケーション術のネタ帳

    3. レモン水をめぐる5つの迷信

    4. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    5. 心臓と血管のため40歳までに変えるべきことは?

    6. 腰痛を引き起こす8つの習慣、しつこい痛みにサヨナラ

    7. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    8. 睡眠に悩むなら。研究で証明されたよく眠るための秘訣5つ

    9. おいしく食べて、心身が整う。軽井沢のヴィーガンレストラン

    10. 松本千登世が考える「涼しげな女性」という、大人の最上級

    1. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    2. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    3. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    4. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    5. いつも遅刻する人が、時間に正確な人に理解してほしい8つのこと

    6. やる気がなくなって、疲れがとれないときの対処法

    7. 人間性が垣間見える「ムカッ」としたときの表現 #コミュニケーション術のネタ帳

    8. 特定の食べ物がどうしても食べたくなるとき、カラダが伝えたい6つのこと

    9. 睡眠に悩むなら。研究で証明されたよく眠るための秘訣5つ

    10. 30歳を過ぎたら気を付けたい「たるみ毛穴」の対処法

    1. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    2. 綿棒を耳掃除に使うのは絶対にやめた方がよい理由

    3. 「その症状はストレスのせい」と教えてくれる 8つのサイン─今日から始める、もっと健康になる方法

    4. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    5. 特定の食べ物がどうしても食べたくなるとき、カラダが伝えたい6つのこと

    6. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    7. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    8. アルツハイマー病の意外な5つの原因とは?

    9. 固定観念がくつがえる!自分らしいファッションと香りとの新しい出会い

    10. 糖質約96%カットも。低糖質・低カロリーおやつ10選

    自分に気づけば、もっと自由になれる【前編】 #マインドフルネスでいまを生きる

    FBからも最新情報をお届けします。