1. Home
  2. EAT
  3. 食べられる花束に愛を込めて。ブーケサラダでおもてなし

食べられる花束に愛を込めて。ブーケサラダでおもてなし

横山かおり

食べられる花束に愛を込めて。ブーケサラダでおもてなし

クリスマスや年末年始、なにかとイベントの多い季節がやってきます。ホームパーティーなどの来客時は料理に悩むことが多いのですが、食卓を一気に明るく華やかにしてくれるのが「ブーケサラダ」。包みかたも飾りかたも、その場の雰囲気にあわせて変えることができるんです。

基本のブーケサラダ

「ブーケサラダ」とはその名の通り、サラダをブーケのように包んだもの。野菜は何でもOKです。ブーケということで、あかるい色の野菜がおすすめ。野菜だけではなく、生ハムをローズ飾りにして添えることも。とにかく華やかに見えるようにするのが大切。プレゼント用の包装紙リボンはもちろん、英字新聞などを使ってもおしゃれ。

紙で包まなくてもOK

rinaさん(@rina_yuzu)が投稿した写真 -

ブーケというと紙で包むというイメージがありますが、こんなバスケットにつめてもかわいらしく見えます。むしろ安定感があり、盛りかたに自信がない人にぴったり。野菜をつめて上のほうにローズ飾りやあかるい野菜を置くだけで完成。バスケットのまわりや取っ手の部分にリボンで飾りつけをすれば、さらに華やかさがアップします。

本物のお花を飾る

あかるい色の野菜だけではなく、本物お花を入れてしまうことも。これは食用花です。とはいえ花を入れすぎてしまうとサラダとして成り立たなくなってしまいますし、食べるほうは困ってしまうかもしれないので数は控えめに。サラダや花を美しく見せるためには、包装紙などを目立たない色にすることがポイント。本当に包んでしまうと食べにくくなってしまうので、包んであるように見せても。

メインにもなるブーケ

こちらはトルティーヤで包まれているブーケ。ブーケを包むものは紙以外のものでもOK。ガレットクレープの皮、トルティーヤなど、野菜がたくさんとれて朝食にもピッタリ。包むものそれぞれにあったサラダを考えるとバリエーションも増えます。ガレットにはパスタサラダ、クレープの皮にはフルーツをのせて少しデザート風に。

パンといっしょに飾る

ちぎりパンと合体しているサラダ。まるで花壇にお花が咲いているようです。パーティーメニューとしてピッタリなこちらは、取り分けるときにいっしょにサラダも食べられてうれしいのがポイント。ちぎりパンの味をプレーンではなくカボチャなどの生地にすると、さらに色鮮やかで甘みも出ておすすめ。

おもてなしメニューにピッタリのブーケサラダ。材料さえあれば作りかたはとても簡単なので、食卓に華やかさをプラスしたいときにうれしい一品です。

image via shutterstock

    Ranking

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 放っておくと薄くなる!? 抜け毛の深刻化を防ぐ、医師おすすめの解決策

    4. その運動はムダばかり。体重が減らないワークアウトのNG例

    5. 秋のアレルギー・花粉症の8つの症状。ブタクサ、カビ以外の原因は?

    6. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    7. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    8. 【クイズ】すぐやせる糖質制限ダイエット。何が落ちてる?

    9. ビタミンB12の多い魚介類ベスト6。不足すると強い疲労感に襲われる

    10. カヒミ・カリィさんの、おいしく楽しい、栄養豊かな毎日を送るヒント

    1. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    2. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 耳からポコポコ異音がする...原因はまさかの「あの虫」!(写真無し)

    5. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    6. その運動はムダばかり。体重が減らないワークアウトのNG例

    7. いつものお弁当やごはんを、ダイエット向きに仕上げる3つのポイント

    8. 動いているのに体重が増える4つの理由。タンパク質の摂りすぎかも!?

    9. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    10. LDLコレステロール値を下げたい。管理栄養士の「不摂生を立て直す食事」

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    4. 「腹筋」で脇腹の肉は取れません! 専門家が教える正しい運動は...

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    7. 眠れない夜にサヨナラ。すぐに眠れる、とっておきの16の方法

    8. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    9. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    10. 吹き出物だと思っていたら...まさかの「皮膚がん」! 見分け方は?