1. Home
  2. SKIN&HAIR
  3. 凛とした色気のある女性、その共通点は?

凛とした色気のある女性、その共通点は?

1,259

知恵子

凛とした色気のある女性、その共通点は?

20代の頃、世界中を旅して、さまざまなタイプの女性に出会いました。そこでとくに目をひいたのが、年を重ねても凛とした色気を感じる女性。そんな、憧れずにはいられない女性は、ほかの人と何が違うのでしょうか。

自分や人に対する包容力も色気のひとつ

彼女たちの共通点を挙げるとしたら、まずはこころの余裕です。とくに中南米では、生活が苦しいと話しながらも、ほがらかでおおらかで、美しい笑顔の女性が多く、経済的な余裕とこころの余裕は違うのだと知りました。状況や環境に嘆きながらも、彼女たちのもつ、自分や人に対する強い包容力が、なんともいえない大人の色気に通じているようです。

先日、「株式会社エフティ資生堂」が行った「髪と色気に関する印象調査」によると、「色気が欲しい人」が7割以上、その一方で「色気があると言われたことがある人は2割以下」となったとか。そして「色気がある」と言われた女性は、色気を「自信・知性」と認識していることが判明したのです。たしかに「自信」がある人には、どこか包容力も感じます

言葉づかい、しぐさ、身だしなみで色気を

とはいえ色気がほしくても、こころの余裕をいますぐにつくりだすのは無理。そこで形から入るという方法もあります。たとえば言葉づかい、しぐさ、そして身だしなみなどもそう。

身だしなみと聞いて、まっさきに思いつくのが髪のツヤです。前述の資生堂の調査でも、「色気と髪のツヤの関連性は高い」と感じる人が多いことがわかっています。また男性の視点からみた「女性の髪に対する男性の本音調査(花王株式会社調べ)」 によると、「初対面の女性に対して目が行くポイント」、「清潔感を感じるポイント」、「友達に紹介するときにキレイにしてほしいポイント」のすべてにおいて、髪が1位という結果になっていました。

もちろん髪だけでなく、爪や足元など、細部においても身だしなみができている女性は、自分自身をきちんと気にかけている人だと言えそう。そして外見だけでなく、言葉の選びかたや話しかたを気づかい、落ち着いたしぐさをするだけでも色気はつくれます。そこに包容力があいまれば、理想的な凛とした色気のある女性になれそうです。

    specialbunner

    Ranking

    1. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    2. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    5. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    6. 食中毒だけじゃない!ブドウ球菌が引き起こす感染症に注意

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. シワなし収納。コートやジャケットはハンガーに掛けたまま「吊るして圧縮」

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 100%植物性、JAS認証100%オーガニックのプロテインパウダー【プレゼント】

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    3. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    4. 運動・食事、少しの工夫で「やせ体質」に。生活改善ダイエット

    5. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    6. ストレッチで脚はどこまで開く? 180度できる人が続けていること

    7. 風邪だけじゃない「扁桃腺が腫れる原因」4つ。口臭がきつくなってない?

    8. ランニングをとことん楽しみたい方へ。雲の上を走っているような感覚、味わってみない?

    9. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    10. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    7. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    10. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析