1. Home
  2. BODY
  3. 足冷えも不調も、まとめて解決したいなら

足冷えも不調も、まとめて解決したいなら

力武亜矢

足冷えも不調も、まとめて解決したいなら

本格的な寒さを感じる前に始めておきたいもののひとつが、「冷えにくい足作り」です。

「冷えは万病のもと」って本当?

冷えにくい足を作る方法をレクチャーしてくれたのは、横浜元町にあるマタニティ&ママのための鍼灸アロママッサージ院『天使のたまご 』横浜元町院の鈴木立夏子先生。まずは鈴木先生に「冷えは万病のもと」と言われる理由を教えていただきました。

「最近は冷えに関する調査や研究が増えたため、テレビや雑誌などで『冷え予防』の特集も組まれ、生活習慣を見直す意識が高まってきています。冷えはからだのめぐりが滞っている証拠。もともと冷えやすい体質だから......と放っておくと、生理不順PMSむくみの原因になるだけでなく、子宮や卵巣のトラブル妊娠や出産にも関わってくるという報告もあります」

「足冷えのツボ」でトラブル知らずに

冷えからくるトラブルは、女性ならではのからだの仕組みと深い関わりがあることがわかりました。それなら尚のこと、足冷えを放ってはおけません。「みなさんがご自宅でできる足冷え予防としては、ツボ押しがおすすめです」と鈴木先生。さっそく足冷え予防のツボを教えていただきました。

からだを温めるツボ

元気の源といわれる「太谿(たいけい)」というツボは、足先の冷えが気になるとき眠れないとき足は冷えているのに頭はのぼせているようなときにおすすめです。太谿は、内くるぶしとアキレス腱の間のくぼみにあります。

生理痛・生理不順をやわらげるツボ

子宮とつながっていると考えられているのが「三陰交(さんいんこう)」というツボ。ホルモンバランスを整え、血のめぐりをよくすることで、婦人科疾患全般に優れた効果を発揮します。三陰交は、内くるぶしの一番高いところから指4本分上がった、骨のすぐ後ろ側にあります。

お風呂上がりや寝る前など、からだが温まっているときに行うほうが効果的とのこと。足湯で温めてから行うのも良いようです。

ツボ押しは、ちょっと押しただけでも痛みや心地よさを感じられる、変化がわかりやすいケアメソッド。身をもって変化を感じられる分、長く続けられそうだと感じました。

image via Shutterstock

[天使のたまご]

    specialbunner

    Ranking

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 「グルテンやめたら調子がいい」は気のせい? グルテンフリー8つの誤解

    3. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    4. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    5. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    6. 乾燥で指先のカサカサが多発! 爪割れを防ぐ方法はあるの?

    7. 食事で軽くムセてない? 年齢に関係ない「誤嚥(ごえん)」の怖さ

    8. 管理栄養士が、ダイエット中におすすめする肉はどれ?

    9. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    10. 体の不調や疲労を瞬殺で解決! 簡単メソッド5つ

    1. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    2. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    3. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    4. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    5. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    6. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    7. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    8. 知っておくべき新ジェンダー。「ノンバイナリー」は何を意味する?

    9. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    10. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    4. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    5. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    6. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    7. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    8. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    9. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由

    10. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?