1. Home
  2. EAT
  3. 野菜も時間も無駄なく。野菜上手の保存活用術【葉菜類編】

野菜も時間も無駄なく。野菜上手の保存活用術【葉菜類編】

知恵子

野菜も時間も無駄なく。野菜上手の保存活用術【葉菜類編】

image via shutterstock

今年は天候不順もあり、野菜が高騰しています。農家の人の気持ちを思うと買い渋りはしたくないし、ますます無駄にできないという意識も高まります。前回の根菜類に続いて......

これから活躍する葉菜類を使いこなす

これからの季節に活躍する野菜の中でも意外とうまく使えてなかったり、適した保存方法ができていなかったりする葉菜類を上手につかいこなす方法をおさらいしてみましょう。

「玉ねぎ」

頭がかたいのが新鮮なあかし。ネットに入れて風通しのよい冷暗所で2カ月ほど保存できます。生のまま冷凍保存すると食感が悪くなる玉ねぎですが、甘みは増します。そこでカレーやオニオングラタンスープ、ハンバーグといった料理でつかうときに便利なのが、みじん切りの玉ねぎを生のまま冷凍保存しておいたもの。一度に刻んでおき、使う分ずつ小分けにしておけば便利です。

「小松菜」

葉が黄ばみがない、緑の濃い、ツヤのあるものが新鮮なあかし。生のままで使いやすい大きさに切って冷凍保存できます。ただし冷凍したものは食感が筋っぽくなるので、おひたしには向きません。うちではスープやみそ汁といった、煮込む料理に使っています。

「白菜」

葉が黄ばみがなくて重量感があり、カットものは切り口が盛り上がっていないものが新鮮なあかし。生のままで使いやすい大きさに切って冷凍保存できますが、冷凍したらくたっとした食感に。また火の通りもはやくなって水気も増すので、スープやみそ汁、お鍋などに使います。

「ホウレンソウ」

葉先までハリがあり、厚みがあって濃い緑色で、根元の赤みが強いのが新鮮なあかし。茎が太すぎるものはアクが強いのだとか。近ごろよく見る、葉柄の部分が赤紫色の赤軸(赤茎)ホウレンソウは、アクが弱いので生でもいただけます。保存は根を下にして野菜室で。また、ゆでてから冷凍すると筋っぽくなるので、うちでは生のままで冷凍しています。ただし凍った葉が粉々になりやすいので注意が必要。

ほかにも生で冷凍可能な食材の例として、ピーマン、唐辛子、ネギ、パセリ、レモン、トマト、キノコ類などがあります。多少風味や食感が変わることもあるけれど、たいせつな食材を無駄にしないための工夫として覚えておきたいものです。

[『おいしい食材の見分け方と保存のコツ』,旭化成ホームプロダクツ

    Ranking

    1. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    2. 睡眠の質は朝食が左右する。「快眠朝食」の3つのポイント

    3. 「朝いちの白湯」ちょっと待って。水分を摂る前に、必ずしてほしいこと

    4. すくっと立てる、さっとしゃがめる。日常動作をスムーズにする「ハムストリングス」のトレーニング

    5. 超優秀フェイスマスク5選。早くも始まった乾燥を水分補給で食い止める

    6. 【更年期まとめ】これからの人にも真っ最中の人にも知ってほしい知識&対処法

    7. ヴィーガンメニューは「おいしい」が当たり前。注目のヴィーガンレストランを紹介

    8. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    9. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    10. 高タンパク低脂質な鶏むね肉には「抗疲労効果」も。1週間、使い回し献立

    1. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    2. 【更年期まとめ】これからの人にも真っ最中の人にも知ってほしい知識&対処法

    3. 睡眠の質は朝食が左右する。「快眠朝食」の3つのポイント

    4. すくっと立てる、さっとしゃがめる。日常動作をスムーズにする「ハムストリングス」のトレーニング

    5. 高タンパク低脂質な鶏むね肉には「抗疲労効果」も。1週間、使い回し献立

    6. 超優秀フェイスマスク5選。早くも始まった乾燥を水分補給で食い止める

    7. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    8. 秋。新しいコースを走ってみよう。「ランニングを再開したい人」向けメニュー

    9. 「ベアーズ式」テクニックで、掃除はもっと楽しくラクになる

    10. 「朝いちの白湯」ちょっと待って。水分を摂る前に、必ずしてほしいこと

    1. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    2. 料理が苦手だった和田明日香さん。たどりついた家族の味「地味ごはん」を紹介

    3. 【更年期まとめ】これからの人にも真っ最中の人にも知ってほしい知識&対処法

    4. 高タンパク低脂質な鶏むね肉には「抗疲労効果」も。1週間、使い回し献立

    5. まずは10回からでOK。鍛えにくい下腹部にアプローチして「ぽっこりおなか」を撃退

    6. 起き上がる前に20秒。血行を促す「お目覚めストレッチ」

    7. 認知症予防は40代から。今日からできる5つの対策

    8. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    9. どんな人が「若年性乳がん」になりやすい? 乳がん検診から告知後までを総ざらい

    10. 使いやすさ、洗いやすさ...。絶対に手放せないお気に入りの調理道具2つ

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎月1日と15日に更新!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら