1. Home
  2. STYLE
  3. 太めボトムスに合うアウター、どれが正解なの? #おしゃれのおさらい

太めボトムスに合うアウター、どれが正解なの? #おしゃれのおさらい

おしゃれのおさらい

植村美智子

太めボトムスに合うアウター、どれが正解なの? #おしゃれのおさらい

こんにちは。スタイリストの植村美智子です。

「合わせるアウターの正解が分からず、太いパンツをはけない季節がやってきました」と、コーディネートサービスにお申し込みのお客様からメールが送られてきました。ワイドパンツやゆったりシルエットのタックパンツ、長め丈のガウチョパンツなど、今もなお、ゆったりシルエットのパンツはファッションの中心にいます。すぐそこで待ち受けている寒い冬、みなさんはどんなアウターを合わせる予定ですか?

ゆったりシルエットのパンツにロングコートを羽織り、「今っぽい!」と言い聞かせてみたところで、鏡に映る"ボリューム+ボリューム"のコーディネートを着る自分に、どうしても違和感があり、しっくりこない......という人は多いようです。今回は、太めのボトムスと合わせるアウター選びのヒントになるポイントをお話ししていきます。

ワイド&タックパンツのアウター選び

ワイドパンツやゆったりシルエットのタックパンツなど、裾に向かっての広がりがないタイプのボトムスの場合、ボリューム+ボリュームコーディネートに初チャレンジな人でも、しっくりくるコーディネートをつくれる可能性は高くなります。バランスがとりやすいアウター選びのポイントは?

丈とシルエットにこだわる

......膝より下、ロング丈のもの

シルエット......パンツ同様、まっすぐ落ちるIライン or 緩やかなコクーンシルエット

オーバーサイズのコートは素材にこだわる

今年多く出ている、裏なしダブルフェイスのタイプなど、柔らかい軽やかなタイプを選べば、雰囲気が作りやすくなります。

(薄手のコートでも、インナーダウンや、ロングカーディガンを併用すれば、寒い冬も怖くありません!)

NGアウターは?

Aラインなど裾に向かって広がりがあるものや、膝が出てしまう丈のものは、今のバランスにならず、仕方なく着てる感が出てしまう可能性が高いので避けたほうが賢明です。

ガウチョパンツ&スカーチョのアウター選び

ガウチョパンツや、いわゆるスカーチョなど、広がりのあるシルエットのボトムスの場合、納得のいくバランスを作りやすいのは、やはりショート丈のアウター

今年らしいデザインは?

ボアやファーのブルゾンを羽織れば、ぐっとトレンド感が増し、垢抜けた印象に。

おしゃれ感を強くするなら、ライダースも◎。

寒いときはライダースの上から、カシミアなどの暖かい大判のストールなどを羽織ってカバー。

ウールコートはコンパクトに

1番に浮かぶのはピーコート。コンパクトなサイズ感の、少し短め、腰骨くらいの丈のものを。

もちろん身長や体型、そして、好みによっても、自分なりの正解は変わってきます。

前回も書きましたが、新しいアイテムやシルエット、コーディネートを取り入れる場合、見慣れることも必要。なかなか自信が持てない場合、まずはちょっとコンビニまで出掛けてみるのもいいかもしれません。そのとき、ちらっと、ガラスや鏡に映る自分を確認してみてください。コートは外で着るものです。家の中で見るのとは、また違って見えてくるかもしれませんよ。

>>もっと「おしゃれのおさらい」を読みたい

#19 普段カジュアルな人のきちんとスタイル、何を選ぶ?

#18 長め袖、股上深めパンツ...流行りもの、どう着る?

#17 今年らしく決まる大人のきれいめソックス選び

イラスト/米山夏子

    Ranking

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 朝起きたときが一番疲れてる...。医師が教える「朝バテ」解消法4つ

    4. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    5. 吹き出物だと思っていたら...まさかの「皮膚がん」! 見分け方は?

    6. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    7. うまくいってるとき、心が折れたとき──人生に欠かせない3冊の本

    8. 食欲ないのに食べ過ぎる...「夏のうつ」がもたらす厄介な症状

    9. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    10. その不調、夏バテじゃなくて「夏のうつ」。ホルモン乱れが主な原因

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 食品業界のプロが選ばない、9種類の「調味料と保存食品」

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. 糖質やカロリーよりも気になる「お菓子とドリンク」の避けるべき成分

    7. ダイエット中のおやつに「飲むヨーグルト」。管理栄養士が飲むコツを伝授

    8. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    9. 眠れない夜にサヨナラ。すぐに眠れる、とっておきの16の方法

    10. スクワットを制すれば、美尻と美脚が手に入る! 基本の7動作

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 熱中症のサインは? 症状を見逃さないで! 予防と対策5つ

    3. 食の専門家が絶対に食べない9つの食品。マーガリン、全粒粉パンも...

    4. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    5. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    6. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    7. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    8. 目覚めたら手に大ヤケド! 火事でも日焼けでもない、まさかの原因は?

    9. 眠れない夜にサヨナラ。すぐに眠れる、とっておきの16の方法

    10. 食品業界のプロが選ばない、9種類の「調味料と保存食品」