1. Home
  2. EAT
  3. 作り置きできる温活レシピ「焼き生姜ペースト」の作り方

作り置きできる温活レシピ「焼き生姜ペースト」の作り方

1,007

作り置きできる温活レシピ「焼き生姜ペースト」の作り方

冷えが気になるこれからの季節、頼りにしたい食材のひとつが生姜。でも生姜は、摂り方によってはからだを温めるどころか冷えの原因となることも......。

生姜は冷えの原因にもなる?

過去にマイロハスの記事でも紹介したように、生の生姜には「ジンゲロール」という成分が含まれており、からだを温めるどころか冷やしてしまうのだそう。温め効果を発揮させるには生姜に熱を加える必要があり、乾燥させたり蒸したりすることで、ジンゲロールがからだをぽかぽかにしてくれる成分「ショウガオール」に変化するのだとか。生姜にこのような秘密があったとは......!

作り置きしたい「焼き生姜ペースト」

調理の仕方を選ばずに、生姜の温めパワーを取り入れたいと考えているひとにおすすめしたいのが、生姜をローストすること。「ライフハッカー(日本版)」によると、こんがりついた焦げ目やトーストしたときの香ばしい風味とショウガはとても相性が良いのだそう。

ショウガを一塊、皮をむかずにオーブンに入れて、「ロースト(直火であぶり焼き)」で45分間火を通します(途中で一度ひっくり返しましょう)。表面にポツポツと茶色の焦げ目がついたら、取り出して少し冷まし、皮ごと全部裏ごしします。

(「ライフハッカー(日本版)」より引用)

温め効果を最大限に受けたいのであれば、80~100度でじっくり焼き上げましょう

甘いものとも塩気があるものとも相性抜群な「焼き生姜ペースト」。作り置きしておけば、さまざまな料理で大活躍してくれそうです。

ジンジャーチャイに、ジンジャージャムのトースト。ジンジャー尽くしの朝食。

ジンジャーチキン。焼き生姜ペーストを別添えすれば、辛さの調整ができます。

紅茶やココアなどの飲み物にも!

バターに混ぜてトーストに塗ってみたり、ドレッシングに加えてサラダにかけたり、ジンジャーエール作りに活用してみたり......。使い道を考えるだけでもわくわくしてきます。

今年の冬は、作り置きした「焼き生姜ペースト」で、おいしく冷えを予防したいなと思っています。

image via Shutterstock

[ライフハッカー(日本版)]

(マイロハス編集部・高山)

    specialbunner

    Ranking

    1. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    2. 「グルテンやめたら調子がいい」は気のせい? グルテンフリー8つの誤解

    3. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    6. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    7. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 体の不調や疲労を瞬殺で解決! 簡単メソッド5つ

    10. 「外陰部の腫れ」は悪性がんの恐れも。セルフチェックの方法は?

    1. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    6. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    7. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    8. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    9. 知っておくべき新ジェンダー。「ノンバイナリー」は何を意味する?

    10. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    4. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    5. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    6. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    7. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    8. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    9. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由

    10. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?