1. Home
  2. EAT
  3. 作り置きできる温活レシピ「焼き生姜ペースト」の作り方

作り置きできる温活レシピ「焼き生姜ペースト」の作り方

2,039

作り置きできる温活レシピ「焼き生姜ペースト」の作り方

冷えが気になるこれからの季節、頼りにしたい食材のひとつが生姜。でも生姜は、摂り方によってはからだを温めるどころか冷えの原因となることも......。

生姜は冷えの原因にもなる?

過去にマイロハスの記事でも紹介したように、生の生姜には「ジンゲロール」という成分が含まれており、からだを温めるどころか冷やしてしまうのだそう。温め効果を発揮させるには生姜に熱を加える必要があり、乾燥させたり蒸したりすることで、ジンゲロールがからだをぽかぽかにしてくれる成分「ショウガオール」に変化するのだとか。生姜にこのような秘密があったとは......!

作り置きしたい「焼き生姜ペースト」

調理の仕方を選ばずに、生姜の温めパワーを取り入れたいと考えているひとにおすすめしたいのが、生姜をローストすること。「ライフハッカー(日本版)」によると、こんがりついた焦げ目やトーストしたときの香ばしい風味とショウガはとても相性が良いのだそう。

ショウガを一塊、皮をむかずにオーブンに入れて、「ロースト(直火であぶり焼き)」で45分間火を通します(途中で一度ひっくり返しましょう)。表面にポツポツと茶色の焦げ目がついたら、取り出して少し冷まし、皮ごと全部裏ごしします。

(「ライフハッカー(日本版)」より引用)

温め効果を最大限に受けたいのであれば、80~100度でじっくり焼き上げましょう

甘いものとも塩気があるものとも相性抜群な「焼き生姜ペースト」。作り置きしておけば、さまざまな料理で大活躍してくれそうです。

ジンジャーチャイに、ジンジャージャムのトースト。ジンジャー尽くしの朝食。

ジンジャーチキン。焼き生姜ペーストを別添えすれば、辛さの調整ができます。

紅茶やココアなどの飲み物にも!

バターに混ぜてトーストに塗ってみたり、ドレッシングに加えてサラダにかけたり、ジンジャーエール作りに活用してみたり......。使い道を考えるだけでもわくわくしてきます。

今年の冬は、作り置きした「焼き生姜ペースト」で、おいしく冷えを予防したいなと思っています。

image via Shutterstock

[ライフハッカー(日本版)]

(マイロハス編集部・高山)

    Ranking

    1. 「朝いちの白湯」ちょっと待って。水分を摂る前に、必ずしてほしいこと

    2. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    3. 睡眠の質は朝食が左右する。「快眠朝食」の3つのポイント

    4. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    5. すくっと立てる、さっとしゃがめる。日常動作をスムーズにする「ハムストリングス」のトレーニング

    6. ヴィーガンメニューは「おいしい」が当たり前。注目のヴィーガンレストランを紹介

    7. 韓国料理を手軽に。コチュジャンで作る栗原はるみさんの「自家製たれ」

    8. 超優秀フェイスマスク5選。早くも始まった乾燥を水分補給で食い止める

    9. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    10. おやつは食べていい。「体にも心にもいい」簡単手作りスイーツ5選

    1. 「朝いちの白湯」ちょっと待って。水分を摂る前に、必ずしてほしいこと

    2. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    3. 【更年期まとめ】これからの人にも真っ最中の人にも知ってほしい知識&対処法

    4. 睡眠の質は朝食が左右する。「快眠朝食」の3つのポイント

    5. すくっと立てる、さっとしゃがめる。日常動作をスムーズにする「ハムストリングス」のトレーニング

    6. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    7. 超優秀フェイスマスク5選。早くも始まった乾燥を水分補給で食い止める

    8. 秋。新しいコースを走ってみよう。「ランニングを再開したい人」向けメニュー

    9. 高タンパク低脂質な鶏むね肉には「抗疲労効果」も。1週間、使い回し献立

    10. 「ベアーズ式」テクニックで、掃除はもっと楽しくラクになる

    1. 「朝いちの白湯」ちょっと待って。水分を摂る前に、必ずしてほしいこと

    2. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    3. 料理が苦手だった和田明日香さん。たどりついた家族の味「地味ごはん」を紹介

    4. 【更年期まとめ】これからの人にも真っ最中の人にも知ってほしい知識&対処法

    5. 高タンパク低脂質な鶏むね肉には「抗疲労効果」も。1週間、使い回し献立

    6. まずは10回からでOK。鍛えにくい下腹部にアプローチして「ぽっこりおなか」を撃退

    7. 起き上がる前に20秒。血行を促す「お目覚めストレッチ」

    8. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    9. どんな人が「若年性乳がん」になりやすい? 乳がん検診から告知後までを総ざらい

    10. 使いやすさ、洗いやすさ...。絶対に手放せないお気に入りの調理道具2つ

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎月1日と15日に更新!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら