1. Home
  2. STYLE
  3. 削りかすまで美しい、日本の伝統的な植物で彩る色鉛筆

削りかすまで美しい、日本の伝統的な植物で彩る色鉛筆

削りかすまで美しい、日本の伝統的な植物で彩る色鉛筆

コロリアージュ」というフランス版の大人の塗り絵を試してみたくて画材にも興味をもっていたところ、日本の植物をイメージしてつくられた、シンプルで可愛らしい色鉛筆を見つけました。

削りかすまで美しい花の色鉛筆

その色鉛筆は、断面が桜(さくら)紅梅(こうばい)蒲公英(たんぽぽ)、常磐(ときわ)桔梗(ききょう)のかたちをしています。花や木のかたちは、より持ちやすく滑りにくいという機能性をかねているものだそう。

161115_coloredpencil_01.jpg
花色鉛筆(5本入り) / 1,800円(税抜)※一般販売予定価格

削ってみると、削りかすが花びらのように連なっていき、本当に綺麗で楽しい気持ちにさせてくれます。花びらの削りかすを、何枚か封筒に入れて送るのも良さそう。最近では、手紙を送らなくなってしまいましたが、四季のご挨拶やお礼などお世話になった方々へ、花びらと香りを添えて送ってみたくなります。可愛い花びらは加工して、何かオリジナルのアクセサリーなどにできたら、とイマジネーションもふくらみます。

161115_coloredpencil_02.jpg
太軸用鉛筆削り / 100円(税抜)※一般販売予定価格

161115_coloredpencil_03.jpg

芯のまわりの軸の部分は、廃棄古紙が原料というプラスティックに代わる環境に優しい新素材なので、やわらかい色と削りやすさを両立しているそう。削りかすも、そのまま可燃ごみへ。色鉛筆の芯には国産の上質な色芯がつかわれ、書き味も心地よいものです。

それぞれの花柄が描かれた、塗り絵としてつかえるポストカードとメッセージカードのセットもあります。メッセージカードには、中に入っている花びらの削りかすが見えるよう、中身が透けるトレーシングペーパー製の封筒付き。

161115_coloredpencil_04.jpg
メッセージカードセット / 1,000円(税抜)※一般販売予定価格

この花色鉛筆のアイデアの商品化は、受注生産(クラウドファンディング)で行われました。自分の気に入ったプロダクトを応援することで購入できるシステムなので、先行予約(販売価格は約15%OFF)となり手元に届くのは2017年の2月になるそう。自分が惹かれたプロダクトを応援すると、つくり手の一人に加われたような、うれしい気持ちになりますね。

TRINUS

奥田景子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 抗加齢医学の専門医が教える「砂糖中毒」の怖さ。避けたいお菓子は?

    2. 【お悩み】セックスレスの話題を、相手にどう切り出したらいいのでしょうか?

    3. 砂糖不使用! たった4つの材料でつくる、甘酒ときな粉のヘルシーアイス

    4. 【3月の満月】大きな節目に! 過去に区切りをつけて新しいタネをまくとき

    5. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    6. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    7. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    8. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    9. 材料と調味料を入れて蒸すだけ! 鶏肉と白菜の塩レモン蒸し

    10. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    1. 抗加齢医学の専門医が教える「砂糖中毒」の怖さ。避けたいお菓子は?

    2. トマトやジャガイモは身体によくないって本当? 管理栄養士が説明します

    3. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    4. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    7. 「納豆キムチ」の健康パワーとは? この組み合わせがおすすめな理由

    8. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    9. 【3月の満月】大きな節目に! 過去に区切りをつけて新しいタネをまくとき

    10. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン

    1. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    2. 妊娠と誤診された大きなお腹。医師も驚いた本当の病気は......

    3. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    4. トマトやジャガイモは身体によくないって本当? 管理栄養士が説明します

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    7. ランニングよりも効果絶大! 30秒を5回程度だけやる効率的な運動法って?

    8. 抗加齢医学の専門医が教える「砂糖中毒」の怖さ。避けたいお菓子は?

    9. 一問一答で占う、2019年の運勢。あなたの恋愛運は?

    10. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品