1. Home
  2. STYLE
  3. 削りかすまで美しい、日本の伝統的な植物で彩る色鉛筆

削りかすまで美しい、日本の伝統的な植物で彩る色鉛筆

削りかすまで美しい、日本の伝統的な植物で彩る色鉛筆

コロリアージュ」というフランス版の大人の塗り絵を試してみたくて画材にも興味をもっていたところ、日本の植物をイメージしてつくられた、シンプルで可愛らしい色鉛筆を見つけました。

削りかすまで美しい花の色鉛筆

その色鉛筆は、断面が桜(さくら)紅梅(こうばい)蒲公英(たんぽぽ)、常磐(ときわ)桔梗(ききょう)のかたちをしています。花や木のかたちは、より持ちやすく滑りにくいという機能性をかねているものだそう。

161115_coloredpencil_01.jpg
花色鉛筆(5本入り) / 1,800円(税抜)※一般販売予定価格

削ってみると、削りかすが花びらのように連なっていき、本当に綺麗で楽しい気持ちにさせてくれます。花びらの削りかすを、何枚か封筒に入れて送るのも良さそう。最近では、手紙を送らなくなってしまいましたが、四季のご挨拶やお礼などお世話になった方々へ、花びらと香りを添えて送ってみたくなります。可愛い花びらは加工して、何かオリジナルのアクセサリーなどにできたら、とイマジネーションもふくらみます。

161115_coloredpencil_02.jpg
太軸用鉛筆削り / 100円(税抜)※一般販売予定価格

161115_coloredpencil_03.jpg

芯のまわりの軸の部分は、廃棄古紙が原料というプラスティックに代わる環境に優しい新素材なので、やわらかい色と削りやすさを両立しているそう。削りかすも、そのまま可燃ごみへ。色鉛筆の芯には国産の上質な色芯がつかわれ、書き味も心地よいものです。

それぞれの花柄が描かれた、塗り絵としてつかえるポストカードとメッセージカードのセットもあります。メッセージカードには、中に入っている花びらの削りかすが見えるよう、中身が透けるトレーシングペーパー製の封筒付き。

161115_coloredpencil_04.jpg
メッセージカードセット / 1,000円(税抜)※一般販売予定価格

この花色鉛筆のアイデアの商品化は、受注生産(クラウドファンディング)で行われました。自分の気に入ったプロダクトを応援することで購入できるシステムなので、先行予約(販売価格は約15%OFF)となり手元に届くのは2017年の2月になるそう。自分が惹かれたプロダクトを応援すると、つくり手の一人に加われたような、うれしい気持ちになりますね。

TRINUS

奥田景子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    2. 人間性が垣間見える「ムカッ」としたときの表現 #コミュニケーション術のネタ帳

    3. レモン水をめぐる5つの迷信

    4. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    5. 心臓と血管のため40歳までに変えるべきことは?

    6. 腰痛を引き起こす8つの習慣、しつこい痛みにサヨナラ

    7. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    8. 睡眠に悩むなら。研究で証明されたよく眠るための秘訣5つ

    9. おいしく食べて、心身が整う。軽井沢のヴィーガンレストラン

    10. 松本千登世が考える「涼しげな女性」という、大人の最上級

    1. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    2. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    3. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    4. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    5. いつも遅刻する人が、時間に正確な人に理解してほしい8つのこと

    6. やる気がなくなって、疲れがとれないときの対処法

    7. 人間性が垣間見える「ムカッ」としたときの表現 #コミュニケーション術のネタ帳

    8. 特定の食べ物がどうしても食べたくなるとき、カラダが伝えたい6つのこと

    9. 睡眠に悩むなら。研究で証明されたよく眠るための秘訣5つ

    10. 30歳を過ぎたら気を付けたい「たるみ毛穴」の対処法

    1. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    2. 綿棒を耳掃除に使うのは絶対にやめた方がよい理由

    3. 「その症状はストレスのせい」と教えてくれる 8つのサイン─今日から始める、もっと健康になる方法

    4. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    5. 特定の食べ物がどうしても食べたくなるとき、カラダが伝えたい6つのこと

    6. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    7. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    8. アルツハイマー病の意外な5つの原因とは?

    9. 固定観念がくつがえる!自分らしいファッションと香りとの新しい出会い

    10. 糖質約96%カットも。低糖質・低カロリーおやつ10選

    削りかすまで美しい、日本の伝統的な植物で彩る色鉛筆

    FBからも最新情報をお届けします。