1. Home
  2. EAT
  3. のどがヒリヒリ、風邪をこじらせそうなとき何故ビタミンCがいいの? #ポジティブ栄養学

のどがヒリヒリ、風邪をこじらせそうなとき何故ビタミンCがいいの? #ポジティブ栄養学

ポジティブ栄養学

のどがヒリヒリ、風邪をこじらせそうなとき何故ビタミンCがいいの? #ポジティブ栄養学

こんにちは。栄養士&栄養カウンセラーの吉川圭美です。肌も体調も、気分上々な私は栄養でつくれる! もっと味方につけていきましょう。

今回はこの時期の不調、風邪をこじらせそうなときの助っ人「ビタミンC」について。

免疫力を高めてウイルスを撃退

気温差が激しいこの時期は体調を崩しがち。日ごろ忙しい人ならなおさらでしょう。朝起きたらのどがヒリヒリしたり、くしゃみが止まらなかったり......。こうした風邪の前兆は、早めにケアしておきたいものです。

そんなとき私がまず助けを求めるのが、ビタミンC体内でのウイルスの増殖を抑える「インターフェロン」を作るために欠かせない栄養素です。また、身体に入ってきた細菌を食べてやっつける「マクロファージ」を活性化。体内に侵入した細菌やウイルスの感染力を失わせるようはたらきます。

「風邪にはビタミンC」とは多くの人が知るところですが、しっかりとることでウイルス撃退できるのはもちろん、たとえかかったとしても被害を最小限でくい止めることができます。その力は、最近ではがん治療の現場でも用いられているほどです。

効率的にチャージ、サプリメントの力を借りる

ビタミンCは野菜や果物などに広く含まれていますが、私はサプリメントにも頼っています。というのも、ビタミンCは調理などで壊れやすいうえ、必要な量を食材のみでとるのは大変だと感じるからです。

のどに痛みを感じるときは、体調をみながらこまめに飲んでケア。すると私の場合、半日後ぐらいにはヒリヒリがやわらいでいることが多いです。ビタミンCの助けを借りはじめて3年ほど経ちますが、家族が風邪をこじらせていても、私のところまで回ってこないのは大助かり。栄養素はふだんから食べるものを通して身体に入れているものであり、風邪薬と違って眠くなりにくいところもいいなと感じています。

サプリメントを選ぶ際は、医薬品と同じくらいの基準(GMP基準または準拠)で作られたものを選ぶのがおすすめです。忙しい人ほど、風邪をこじらせるとつらいもの。ウイルスを寄せ付けない身体をキープして、機嫌よく毎日を送りたいものです。

>>「ポジティブ栄養学」をもっと読む

image via shutterstock

吉川圭美

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    2. 人間性が垣間見える「ムカッ」としたときの表現 #コミュニケーション術のネタ帳

    3. レモン水をめぐる5つの迷信

    4. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    5. 心臓と血管のため40歳までに変えるべきことは?

    6. 腰痛を引き起こす8つの習慣、しつこい痛みにサヨナラ

    7. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    8. 睡眠に悩むなら。研究で証明されたよく眠るための秘訣5つ

    9. おいしく食べて、心身が整う。軽井沢のヴィーガンレストラン

    10. 松本千登世が考える「涼しげな女性」という、大人の最上級

    1. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    2. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    3. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    4. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    5. いつも遅刻する人が、時間に正確な人に理解してほしい8つのこと

    6. やる気がなくなって、疲れがとれないときの対処法

    7. 人間性が垣間見える「ムカッ」としたときの表現 #コミュニケーション術のネタ帳

    8. 特定の食べ物がどうしても食べたくなるとき、カラダが伝えたい6つのこと

    9. 睡眠に悩むなら。研究で証明されたよく眠るための秘訣5つ

    10. 30歳を過ぎたら気を付けたい「たるみ毛穴」の対処法

    1. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    2. 綿棒を耳掃除に使うのは絶対にやめた方がよい理由

    3. 「その症状はストレスのせい」と教えてくれる 8つのサイン─今日から始める、もっと健康になる方法

    4. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    5. 特定の食べ物がどうしても食べたくなるとき、カラダが伝えたい6つのこと

    6. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    7. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    8. アルツハイマー病の意外な5つの原因とは?

    9. 固定観念がくつがえる!自分らしいファッションと香りとの新しい出会い

    10. 糖質約96%カットも。低糖質・低カロリーおやつ10選

    のどがヒリヒリ、風邪をこじらせそうなとき何故ビタミンCがいいの? #ポジティブ栄養学

    FBからも最新情報をお届けします。