1. Home
  2. MIND
  3. 苦手なことにもチャレンジする「協調性」【なぜか人が集まるあの子の秘密】

苦手なことにもチャレンジする「協調性」【なぜか人が集まるあの子の秘密】

なぜか人が集まるあの子の秘密

苦手なことにもチャレンジする「協調性」【なぜか人が集まるあの子の秘密】

飛びきり、ルックス、顔がいいわけでもなく、なぜか男女問わず人気がある女性があなたの周りにもいると思う。そんな女性たちを、私は人並み外れた回数の合コンという戦場の中で観察してきた。今回もその視点から人が集まる子の生態について紹介していく。

人は誰でも苦手な分野はある。だが、コミュニケーションの中で苦手な分野をはじめから回避しようとする気持ちは良くない。回避せず、やりくりする術を学んで欲しい。

25歳 事務系OL まさみちゃん(仮名)の場合

まさみちゃんは友達が主催した合コンの中にいた。今回の試合相手は、大学時代の友達というチーム編成だったので職種もバラバラ。この合コンが久しぶりの再会だったらしく、フリートーク中は終始、女性陣の昔話ばかりで、こちらとしてはペースがつかめない、やりにくい試合運びとなった。

僕らの試合は2次会まで行くと決めている。相手の雰囲気を見て、再度、会話を楽しむ飲み中心にするか、ワイワイ系のカラオケに行くかを決めるが、今回はカラオケを選択した。

カラオケは冒頭でも触れたように、得意不得意がある。歌うこともそうだが、その場の雰囲気が好きか嫌いかという問題もある。1次会のときの雑談で、まさみちゃんはカラオケが苦手だが、それ以外のメンバーはカラオケ好きという情報は収集したので、2次会はカラオケに行くことになった。その2次会でのまさみちゃんの姿に、男性陣の好感度があがった。カラオケが苦手なのに頑張って歌っていたからだ

観察結果「協調性とトライする気持ち」

「カラオケだったら私行かな~い!」というビックリするくらいワガママな子に遭遇したこともあったが、まさみちゃんのように、協調性とトライする気持ちをもっている女性には好感がもてる。2次会でまさみちゃんと話をしたとき、彼女はカラオケが苦手なりに音痴だと思われない歌を練習しているということをコッソリ教えてくれた。いわゆる「陰練(かげれん)」だ。この日も、楽曲は忘れたが、音域の狭い曲をチョイスしていた。

カラオケは避けて通れないコミュニケーションツールのひとつである。歌わないにしても他の人が歌っているときに踊るのも良し、タンバリン叩くのも良し。一緒に楽しめる懐の深さに男はグッとくるのである。

(イラスト・たなかみさき)

TETUYA

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    2. 人間性が垣間見える「ムカッ」としたときの表現 #コミュニケーション術のネタ帳

    3. レモン水をめぐる5つの迷信

    4. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    5. 心臓と血管のため40歳までに変えるべきことは?

    6. 腰痛を引き起こす8つの習慣、しつこい痛みにサヨナラ

    7. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    8. 睡眠に悩むなら。研究で証明されたよく眠るための秘訣5つ

    9. おいしく食べて、心身が整う。軽井沢のヴィーガンレストラン

    10. 松本千登世が考える「涼しげな女性」という、大人の最上級

    1. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    2. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    3. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    4. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    5. いつも遅刻する人が、時間に正確な人に理解してほしい8つのこと

    6. やる気がなくなって、疲れがとれないときの対処法

    7. 人間性が垣間見える「ムカッ」としたときの表現 #コミュニケーション術のネタ帳

    8. 特定の食べ物がどうしても食べたくなるとき、カラダが伝えたい6つのこと

    9. 睡眠に悩むなら。研究で証明されたよく眠るための秘訣5つ

    10. 30歳を過ぎたら気を付けたい「たるみ毛穴」の対処法

    1. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    2. 綿棒を耳掃除に使うのは絶対にやめた方がよい理由

    3. 「その症状はストレスのせい」と教えてくれる 8つのサイン─今日から始める、もっと健康になる方法

    4. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    5. 特定の食べ物がどうしても食べたくなるとき、カラダが伝えたい6つのこと

    6. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    7. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    8. アルツハイマー病の意外な5つの原因とは?

    9. 固定観念がくつがえる!自分らしいファッションと香りとの新しい出会い

    10. 糖質約96%カットも。低糖質・低カロリーおやつ10選

    苦手なことにもチャレンジする「協調性」【なぜか人が集まるあの子の秘密】

    FBからも最新情報をお届けします。