1. Home
  2. BODY
  3. 5つの行動パターンを変えるだけ、無理なく痩せるコツ

5つの行動パターンを変えるだけ、無理なく痩せるコツ

5つの行動パターンを変えるだけ、無理なく痩せるコツ

秋冬はおいしい食材が多くて食欲が刺激されます。年末にむけてイベントも増えるので、いつもよりつい食べ過ぎてしまうことも。それなのに、体は冷えているのでなかなか脂肪が燃焼されず、元に戻すのも一苦労。そうなってしまう前に、何か手を打っておきたいと思っていたところ、サニーヘルス株式会社が「太ってしまう人には共通の行動パターンがある」という興味深いレポートを発表しました。それにあわせて、対策法を考えてみました。

太る行動パターンとその対策方法

コンビニに寄る

通勤中やお昼休みなどに、何となくコンビニに寄ってしまう習慣のある人は多いはず。お菓子、スイーツ、ジュース、菓子パンなど買う予定でなく入店したとしても、つい買いたくなってしまうのがコンビニの恐ろしい魅力です。

対策方法

絶対に必要な用事がない限り寄らないことが第一ですが、やむを得ずコンビニに行く場合は、お菓子、スイーツコーナー、パンコーナーにはなるべく足をふみ入れないようにする。どうしてもお菓子が食べたければ100kcalまでにするなど制限を設けるようにしましょう。ジュースも当然NG。ダイエット面だけでなく虫歯のリスクも高まります。お茶か水、甘みのついていない炭酸水などを選びましょう。

朝ごはんはパン派

パンは小麦粉からできているため消化が早くすぐに満腹感を得られますが、消化吸収が早いということは血糖値が急上昇の後急降下。これにより体に脂肪が蓄積されます。

対策方法

パンよりもご飯のほうが消化吸収が緩やかで、血糖値も緩やかに上昇。噛む回数が多く、だ液がよく分泌されて胃や腸で消化しやすくなる上に、噛むことによって満腹感を得られやすいというメリットも。白米ではなく玄米や雑穀米にすれば、ビタミン、ミネラル、食物繊維などが摂れるので、さらにヘルシーになります。

あまり歩かない、エスカレーターを使いがち

ダイエットのための運動をする時間がない、ということをよく耳にしますが、時間を取り特別な運動をする必要はありません。日常の中でとにかく脚を動かすことを心掛けるだけで充分。

対策方法:

エスカレーターではなく階段を使いましょう。たったこれだけでも立派なエクササイズになります。また、歩き方もダラダラ歩くのではなく、背筋を伸ばし大股で早歩きをすることで、ダイエット効率がアップ。脚を動かすことで血行も代謝も良くなり、むくみ、冷え性、便秘が解消されるのはもちろん、基礎代謝量も上がって、消費カロリーのアップにもつながります。

部屋が散らかりがち

物が散らかった状態が視界に入ると、人間は無意識のうちにストレスを感じ、ストレスホルモンとも呼ばれる「コルチゾール」が増加することが分かっています。コルチゾールの過剰分泌は、血糖値の上昇、免疫作用の抑制、精神疾患、食欲増進、脂肪の蓄積などに影響。

対策方法:

使い終わったらすぐにしまいましょう。常に同じ場所に保管しておけば次に使う際に探す手間が省け、時間を浪費することもありません。また、部屋が汚い人は冷蔵庫の中も同様に、不要なものがそのままになっていることが多々あります。賞味期限切れのもの、開封して時間のたったもの、いつ買ったか分からないほど長く鎮座している調味料などは潔く捨てましょう。「いつか使えるかも」と思っても、そのチャンスはほとんどありません。

遅い時間まで食べている

夜遅くに食べてすぐに寝ると、食後の消費エネルギー量が少ないために太るというのも原因のひとつですが、朝より夜の方が太りやすい体質になっているのも原因です。この「太りやすい」体質を作っているのが、"BMAL1(ビーマルワン)"と呼ばれるタンパク質。夜10時頃を過ぎると体はエネルギーを脂肪分として蓄えるため、BMAL1が急増して「太りやすい状態」になることが分かっています。

対策方法:

夕食は夜9時頃までには終え、その後は何も食べないようにしましょう。お菓子を食べたいのであれば日中に。夕食がどうしても遅くなってしまう場合は、せめて寝る2時間前までには食事を終えるようにしましょう。

ダイエットをしよう! と意気込まなくても、日々の行動パターンを少し変えるだけなのでリバウンドする心配もありません。早めに習慣づけて秋冬太りを防ぎたいと思います。

microdiet.net

photo by Thinkstock/Getty Images

片岡理森

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. プチ整形級の効果あり? ふっくら唇を叶えるリップトリートメントがすごい

    2. 筋肉のつく高タンパク質をワンプレートでおいしく。保存できるおかず7

    3. メイクしたまま寝てしまったら? 老け知らずな人に学ぶ美容術10

    4. じつは若い人にも増えている。2型糖尿病ってどんな病気?

    5. 納豆パワー5つ。健康やダイエットに効果的な食べ方とは?

    6. 女性の75%が経験する「セックスが痛い」。婦人科医が教える性交痛のなくし方

    7. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    8. SNSに写る横顔の印象はOK? どんな横顔でも凛とした顔でいる方法

    9. 食事で代謝アップするには? こんな女性は代謝が落ちています

    10. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン

    1. 納豆パワー5つ。健康やダイエットに効果的な食べ方とは?

    2. 代謝を上げたいなら「炭水化物抜き」はやめて。食事で代謝アップするヒント

    3. 食事で代謝アップするには? こんな女性は代謝が落ちています

    4. 白米を◯◯に変えて代謝アップを狙え。管理栄養士が教える献立

    5. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    6. プチ整形級の効果あり? ふっくら唇を叶えるリップトリートメントがすごい

    7. ダイエット&美肌に、朝1杯の「レモン白湯」がおすすめな理由

    8. アルツハイマーを予防する? 驚きの健康パワーを持つオリーブオイルの見分け方

    9. 消防士や警察官も実践! 16秒でできる、緊張感を和らげる方法

    10. SNSに写る横顔の印象はOK? どんな横顔でも凛とした顔でいる方法

    1. 毎日ストレッチをすると、こんなすばらしいことが身体に起きます

    2. デートの相手がソシオパスだったら? はじめは魅力的な人に見えるかも。10の兆候

    3. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    4. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    5. 栄養士おすすめ。甘いもの好きも大満足の、血糖値を急上昇させないデザート6

    6. 納豆パワー5つ。健康やダイエットに効果的な食べ方とは?

    7. 栄養士も認める、低炭水化物ダイエットにおすすめの低糖質フルーツ10

    8. 糖尿病を予防する6つのヒント。リスクを上げる意外な習慣は?

    9. 肺がんにならないために、今日からできること10

    10. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン

    5つの行動パターンを変えるだけ、無理なく痩せるコツ

    FBからも最新情報をお届けします。

    Read More