1. Home
  2. EAT
  3. 今年の冬は風邪知らず。海外で話題の「ジンジャーショット」って?

今年の冬は風邪知らず。海外で話題の「ジンジャーショット」って?

2,871

今年の冬は風邪知らず。海外で話題の「ジンジャーショット」って?

これからますます寒くなって、自分ではどんなに気をつけていても、周りから思わず風邪をうつされてしまうなんてことも......。自然治癒力をつけるために、今海外で注目をあびているのが「ジンジャーショット」です。

海外で大注目。生姜の栄養ドリンク

最近海外でよく聞く、この「ジンジャーショット」。生姜が入ったこちらのドリンクは、日本でいうところの栄養ドリンクのような位置づけ。寝起きをシャキッとさせたいサラリーマンからスーパーモデルまで幅広く支持されています。

生姜の効果についてはすでによく知られたところですが、そういった生薬としての役割だけでなく、ピリリとしたスパイシーな味も好評のようです。ジンジャーショットは、自分で作って楽しむことも可能です

「ジンジャーショット」基本のレシピ

【材料】

・生姜 100g

・はちみつ 大さじ2

・レモン 1個

【作り方】

1. レモン汁を1個分しぼる。

2. (1)に、はちみつを大さじ2入れてよく溶かす。

3. 生姜100gを皮ごとすりおろし、しぼり汁を(2)に入れる。

4. よくかき混ぜる。

残りは冷蔵庫で保存することができますが、なるべく早めに飲みきりましょう。濃いめに作って、テキーラのように小さなショットグラスで、薄めずに丸ごと生姜の風味を味わうのがおすすめ。ただし、生姜を摂りすぎると下痢になってしまうというひとは要注意です。

ライスシロップやはちみつを追加して甘さを出したり、ミネラルウォーターで割ってすっきりさせたりと、アレンジするのも楽しい! 寝る前の一杯はお湯割りでいただけば、生姜の効果と相まって体の芯からポカポカしますよ。

image via Shutterstock

キュンメルめぐみ

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 抜いても大丈夫? 医師に聞く「炭水化物」のかしこい摂り方

    2. ボトル330万本削減。洗い心地抜群な固形シャンプーが人気な理由

    3. 管理栄養士が教える、イチゴが心臓や脳、免疫にもよい理由

    4. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. 肩こりはもんでも治らない!? コリや痛みの根本原因を取り除く方法

    7. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    8. 手だけをつかって、簡単に幸福感を得られる方法

    9. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    10. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    1. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 肩こりはもんでも治らない!? コリや痛みの根本原因を取り除く方法

    4. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    5. 抗加齢医学の専門医が教える「砂糖中毒」の怖さ。避けたいお菓子は?

    6. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    7. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    8. がんばりすぎてない? ワークアウトでやりがちな間違い6つ

    9. 二日酔いによく効く5つの対処法と、やってはいけない4つのこと

    10. 管理栄養士が教える、40代からのダイエットのコツ。避けたい方法は?

    1. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    2. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    3. トマトやジャガイモは身体によくないって本当? 管理栄養士が説明します

    4. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. 抗加齢医学の専門医が教える「砂糖中毒」の怖さ。避けたいお菓子は?

    7. 納豆の食べ方で、腸が活性化する? その方法とは

    8. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    9. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    10. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン