1. Home
  2. SKIN&HAIR
  3. 毎日たった7分でしなやかボディになるアイディア

毎日たった7分でしなやかボディになるアイディア

毎日たった7分でしなやかボディになるアイディア

先日、アジア人として初めて世界ゴルフ選手権を制覇した松山英樹プロ。飯田光輝専属トレーナーの元、彼の行うトレーニングは「サーキット・トレーニング」と呼ばれ、強くてしなやかな体づくりを促し、ケガをしづらくなるトレーニング法なのだそう。

30秒という短時間がポイント

実はサーキット・トレーニングは目新しいものではなく、学生時代に部活で行った人も多いはず。バスケット部など球技種目では特に、体を苛め抜いた経験をもつ人もいるかと思います。筋トレなどの有酸素運動と無酸素運動を、休憩をはさまずに(もしくは10秒程度の休憩をはさみ)交互に行うことで持久力がアップするトレーニングです。「ステーション」と呼ばれる8~10のエクササイズそれぞれを、30秒という短時間で行います。そのステーションごとに集中して使う筋肉が違うため、全てのエクササイズが終わるころには全身の筋肉を使っていることになります。30秒というのは、これ以上長時間にわたると筋肉に乳酸という疲労物質がたまってしまうから。気合いを入れて短時間でパパッと行うので飽きることもありませんし、お金もかからない。それに思った以上に汗が噴き出てくるのにもかかわらず、疲労感が残らないことに驚きます。

音楽を聴いて気分を乗せて、体を絞ろう

ジムに通い、トレーナーと共にオリジナルのメニューを組んでやるのもいいですが、ニューヨーク・タイムズ紙によると、毎日7分で体を効果的に絞るエクササイズがあるそう。たった7分という短時間でできるので毎日続けられ、かつ自宅で自分の好きな音楽を聴きながらできるトレーニング方法は、忙しい人にはとても魅力的。医学ジャーナル紙WebMDマイケル・スミス博士の見解によると、サーキット・トレーニングのメリットは体幹を強化するだけでなく、体力向上、また体をしなやかにしてくれるものだとか。糖尿病や高血圧、高コレステロールで悩んでいる人が体重を減らさなければならない時、また、健康的にダイエットをしながら体のシルエットをキレイに見せたい・絞りたい時に、サーキット・トレーニングを取り入れるのは効果的だと言います(ただし専門家に事前に要相談。特に背中・膝に痛みがある場合、妊娠時には避けたほうがよいとのこと)。

たったの7分という手軽さに興味がわき、10月末からサーキット・トレーニングを毎朝はじめた私。最初の頃は全身筋肉痛に悩まされたものの、慣れてきて、今も楽しく続けています。エクササイズの難度もまちまちで、簡単にできるものもあれば、最初は上手く出来なかったものもあります。しかし2週間という早い段階で、お腹に少しずつ縦割りの線が入ってきたのはうれしい変化です。冬の間の体のメンテナンスとして、今日から取り入れてみませんか?

image via shutterstock

キュンメルめぐみ

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    2. 人間性が垣間見える「ムカッ」としたときの表現 #コミュニケーション術のネタ帳

    3. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    4. 心臓と血管のため40歳までに変えるべきことは?

    5. 健康な食事の基本。食生活にプラスしたいこと、マイナスしたいこと

    6. レモン水をめぐる5つの迷信

    7. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    8. 腰痛を引き起こす8つの習慣、しつこい痛みにサヨナラ

    9. 肌の疾患が心臓病のリスクをあげる? 意外な5つの原因

    10. おいしく食べて、心身が整う。軽井沢のヴィーガンレストラン

    1. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    2. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    3. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    4. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    5. いつも遅刻する人が、時間に正確な人に理解してほしい8つのこと

    6. 特定の食べ物がどうしても食べたくなるとき、カラダが伝えたい6つのこと

    7. やる気がなくなって、疲れがとれないときの対処法

    8. 人間性が垣間見える「ムカッ」としたときの表現 #コミュニケーション術のネタ帳

    9. 睡眠に悩むなら。研究で証明されたよく眠るための秘訣5つ

    10. 30歳を過ぎたら気を付けたい「たるみ毛穴」の対処法

    1. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    2. 綿棒を耳掃除に使うのは絶対にやめた方がよい理由

    3. 「その症状はストレスのせい」と教えてくれる 8つのサイン─今日から始める、もっと健康になる方法

    4. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    5. 特定の食べ物がどうしても食べたくなるとき、カラダが伝えたい6つのこと

    6. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    7. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    8. アルツハイマー病の意外な5つの原因とは?

    9. 固定観念がくつがえる!自分らしいファッションと香りとの新しい出会い

    10. 糖質約96%カットも。低糖質・低カロリーおやつ10選

    毎日たった7分でしなやかボディになるアイディア

    FBからも最新情報をお届けします。