MYLOHASの会員システムは、2018年2月26日より新システムに移行いたします。

システム移行作業にともない、2月23日15時~2月26日15時の間は、マイページのご利用を停止させていただきます。

会員の皆様にはご不便おかけいたしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

  1. Home
  2. SKIN&HAIR
  3. 毎日たった7分でしなやかボディになるアイディア

毎日たった7分でしなやかボディになるアイディア

毎日たった7分でしなやかボディになるアイディア

先日、アジア人として初めて世界ゴルフ選手権を制覇した松山英樹プロ。飯田光輝専属トレーナーの元、彼の行うトレーニングは「サーキット・トレーニング」と呼ばれ、強くてしなやかな体づくりを促し、ケガをしづらくなるトレーニング法なのだそう。

30秒という短時間がポイント

実はサーキット・トレーニングは目新しいものではなく、学生時代に部活で行った人も多いはず。バスケット部など球技種目では特に、体を苛め抜いた経験をもつ人もいるかと思います。筋トレなどの有酸素運動と無酸素運動を、休憩をはさまずに(もしくは10秒程度の休憩をはさみ)交互に行うことで持久力がアップするトレーニングです。「ステーション」と呼ばれる8~10のエクササイズそれぞれを、30秒という短時間で行います。そのステーションごとに集中して使う筋肉が違うため、全てのエクササイズが終わるころには全身の筋肉を使っていることになります。30秒というのは、これ以上長時間にわたると筋肉に乳酸という疲労物質がたまってしまうから。気合いを入れて短時間でパパッと行うので飽きることもありませんし、お金もかからない。それに思った以上に汗が噴き出てくるのにもかかわらず、疲労感が残らないことに驚きます。

音楽を聴いて気分を乗せて、体を絞ろう

ジムに通い、トレーナーと共にオリジナルのメニューを組んでやるのもいいですが、ニューヨーク・タイムズ紙によると、毎日7分で体を効果的に絞るエクササイズがあるそう。たった7分という短時間でできるので毎日続けられ、かつ自宅で自分の好きな音楽を聴きながらできるトレーニング方法は、忙しい人にはとても魅力的。医学ジャーナル紙WebMDマイケル・スミス博士の見解によると、サーキット・トレーニングのメリットは体幹を強化するだけでなく、体力向上、また体をしなやかにしてくれるものだとか。糖尿病や高血圧、高コレステロールで悩んでいる人が体重を減らさなければならない時、また、健康的にダイエットをしながら体のシルエットをキレイに見せたい・絞りたい時に、サーキット・トレーニングを取り入れるのは効果的だと言います(ただし専門家に事前に要相談。特に背中・膝に痛みがある場合、妊娠時には避けたほうがよいとのこと)。

たったの7分という手軽さに興味がわき、10月末からサーキット・トレーニングを毎朝はじめた私。最初の頃は全身筋肉痛に悩まされたものの、慣れてきて、今も楽しく続けています。エクササイズの難度もまちまちで、簡単にできるものもあれば、最初は上手く出来なかったものもあります。しかし2週間という早い段階で、お腹に少しずつ縦割りの線が入ってきたのはうれしい変化です。冬の間の体のメンテナンスとして、今日から取り入れてみませんか?

image via shutterstock

Writing byキュンメルめぐみ

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    Prevention
    Rodale's Organic Life

    Ranking

    1. 続けると糖尿病に。生活習慣でやりがちな間違っていること6

    2. 揺らいでも大丈夫。こころの「ざらつき」を整える方法

    3. 自分にあった香りが脳にもたらす影響とは?

    4. 誰かの支えになる香りを世に出したい/ライオン株式会社 高橋典子さん

    5. LINEでバースデーメッセージ。喜ばれるコツはタイミングにあり!

    6. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    7. 快眠には「質」と「時間」の両方が大切。忙しくても深くたっぷり眠るコツ

    8. 三浦半島南下の買い物ツアーへ出かける【こぐれひでこの「ごはん日記」】

    9. 万能調味料「酒粕」を使った毎日の簡単おかずアレンジレシピ

    10. ここはモロッコか?というような建物だった【こぐれひでこの「ごはん日記」】

    1. 快眠には「質」と「時間」の両方が大切。忙しくても深くたっぷり眠るコツ

    2. 揺らいでも大丈夫。こころの「ざらつき」を整える方法

    3. 糖尿病になりかねない6つの行動?驚きの原因とは?

    4. 続けると糖尿病に。生活習慣でやりがちな間違っていること6

    5. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    6. 自分にあった香りが脳にもたらす影響とは?

    7. 多肉植物をすぐ枯らしてしまう人がやりがちな5つの間違い

    8. 快眠を促す「いびき」をコントロールできるツール

    9. 誰かの支えになる香りを世に出したい/ライオン株式会社 高橋典子さん

    10. 筋肉をほぐして手に入れるパフォーマンスがアップするツール

    1. 熟睡したいなら、寝る前に食べないほうがいいフード&ドリンク7

    2. 1月31日は皆既月食&ブルームーン、方角、時間、鑑賞法は?

    3. 糖尿病になりかねない6つの行動?驚きの原因とは?

    4. 揺らいでも大丈夫。こころの「ざらつき」を整える方法

    5. 自分にあった香りが脳にもたらす影響とは?

    6. 人と運を引き寄せる! 「コミュニケーション力」アップの秘訣とは

    7. 年を重ねるにつれて摂取したい!「脳にいい食べ物」6つ

    8. 実は唇を刺激する、リップクリームの3つの成分

    9. 砂糖がカラダにもたらす恐ろしい11の真実

    10. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    毎日たった7分でしなやかボディになるアイディア

    FBからも最新情報をお届けします。