1. Home
  2. EAT
  3. ダイエットにカリフラワーをすすめる理由・アレンジレシピ

ダイエットにカリフラワーをすすめる理由・アレンジレシピ

3,629

MYLOHAS編集部

アメリカのダイエットで注目されているキーワードが「低糖質」と「グルテンフリー」。そして食材を無駄にしない「NOTフードロス」の動き。じつはこれらすべてを満たすのが、NYを中心にブームとなっている「カリフラワー」なのです。

そのユニークな食べ方は、確かにブームになるのも納得。今回はそんな興味深いカリフラワーレシピを紹介します。

低糖質「カリフラワーライス」を、お米代わりに

カリフラワー1株を4つに切り分けて、フードプロセッサーもしくはすりおろし器で米粒ほどの大きさにします(堅い茎まで細かくします)。それらをペーパータオルで拭いてから、フライパンに小さじ1の油をいれてソテーにするか蒸し焼きにします。所要時間は5〜8分。お好みで醤油や塩コショウで味付けしてもいいでしょう。

(「minimalistbaker.com」より翻訳引用)

まさかのカリフラワーをお米の代わりにして食べるなんて。もちろん炭水化物に比べるとはるかに低糖質&低カロリー。栄養のある芯まで一緒にいただきます。ちなみにカリフラワーは、ビタミンCやカリウム、食物繊維が豊富で美肌効果や免疫アップになります。

味は、ほとんどしないので好きに調理できるのもうれしいところ。サラダのトッピングはもちろん炒飯やお寿司、ビビンバなど様々なレシピにアレンジできます。

binvuさん(@binvu)が投稿した写真 -

実際の作り方や手順もお米そのままです。カレーにかけたり丼にして食べてもいけそうですね。ちなみに、余れば小分けにして冷凍しておけばいつでも使えるそう。

小麦粉に代用すれば、グルテンフリーな一品に

カップ2杯のカリフラワーライスに卵1個とモッツァレラチーズ(カップ1)、塩胡椒とパルメザンチーズ適量を混ぜればピザクラストに。好きなトッピングをして10〜15分オーブンで焼きます。

(「SHAPEより翻訳引用)

お米の代用になるのであれば、小麦粉の代用ももちろんいけます。メジャーなレシピはピザクラスト。モッツァレラチーズの代わりに溶けるチーズをつなぎにしてもOKです。

Sobeysさん(@sobeys)が投稿した写真 -

ピザクラスト以外にもナゲットの衣やグラタン、パンケーキなど、いままで小麦粉で使っていたものをカリフラワーで代用すれば、カロリーオフ&グルテンフリーになりとてもヘルシーな一品に早変わりです。

もちろんスイーツにも。カリフラワーでカロリー大幅カット

ライスプディングや各種ケーキ、クッキーなどもカリフラワーで作ればカロリーオフ。チョコレートと組み合わせたブラウニーなどにすれば、味も食感もまったくわからないほど。ココナッツオイルやキヌアなどのスーパーフードと組み合わせてみてもさらにヘルシーでおいしくなるかもしれませんね。

カリフラワーをお米や小麦粉の代用にするなんて発想は、いままでありそうでなかったものです。実際に食べてみると違和感なく、むしろ風味がやさしくお料理にとても合うと思います。米国で大人気のこのカリフラワーアレンジ。日本にもブームがくる日は近そうですね。

※2016年11月の記事を再編集して掲載しています。

(奥井亜紀)

    specialbunner

    Ranking

    1. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    2. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    5. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    6. 食中毒だけじゃない!ブドウ球菌が引き起こす感染症に注意

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. シワなし収納。コートやジャケットはハンガーに掛けたまま「吊るして圧縮」

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 100%植物性、JAS認証100%オーガニックのプロテインパウダー【プレゼント】

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    3. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    4. 運動・食事、少しの工夫で「やせ体質」に。生活改善ダイエット

    5. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    6. ストレッチで脚はどこまで開く? 180度できる人が続けていること

    7. 風邪だけじゃない「扁桃腺が腫れる原因」4つ。口臭がきつくなってない?

    8. ランニングをとことん楽しみたい方へ。雲の上を走っているような感覚、味わってみない?

    9. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    10. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    10. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析