1. Home
  2. MIND
  3. 2016年もあと2ヶ月。でも焦らなくていい理由

2016年もあと2ヶ月。でも焦らなくていい理由

30代からのやさしい愛のはじめ方

斎藤芳乃

2016年もあと2ヶ月。でも焦らなくていい理由

こんにちは。マリアージュカウンセラーの斎藤芳乃です。

今年も残り2ヶ月。1年が終わりに近づくこの時期には「え! もう今年も終わりなの? まだ何もできていない......」と、振り返って焦りも出てきます。しかし、実際には来年につなげるための素晴らしい成長や土台を創ってきたかもしれません。

今回は、『残りの2ヶ月で、今年1年を最高の年にするための3つの方法』をお伝えしていきたいと思います。

過去を踏み台にして次のステップに

ひとつめが、悩みや学びを終わらせて「次のステップに今この瞬間に進む」と決めることです。これは心理的な問題ですが、人はいかに自分が成長したり変化したりしていても、目に見える形にならないとそれをなかなか評価することができません

たとえば、恋が終わってしまったとします。結果だけ見れば失恋という形になるので、そのとき自分が成長したり学んだりしたことを評価しないのです。離婚する、仕事を辞める、所属していたコミュニティを辞めるなどの変化のときもそうです。

こうしたときほど、悩みや後悔を終わらせて「じゃあ次はどうしたい?」と、過去を踏み台にして次のステップに関わることを決断しましょう

次に関わりたい人はこんな男性、次に関わりたい職場はこんな環境......と、「次の場面」が見えるときほど人は過去に囚われることなく、「私はあの停滞があったからこそ進めたんだ」と自分を肯定できるようになります。すると今年は何もできずに終わってしまった......など、失敗に囚われることもなくなるのです。

今後の人生のために行動してみる

次に大切なことが、やらずにいたことを行動ベースで始めてみることです。たとえば、旅行でも、資格の勉強でも、新しい髪型にすることでも、年のはじめにやろうと計画を立てたことを「今年やらなかったから」という理由でようやく行動を起こすのではなく、「自分の人生のためにやろう。その最初の一歩にしよう」と決めてみることです

短い時間に囚われ、目先の目標だけで動いていると「この1年何をしたか?」ばかりで焦ってしまいます。しかし、今までの人生の集大成として、「これから何をしたいか?」を決め、未来のために動いていく。こうすることで、「今年どうだったか」という判断ではなく、「時間はかかったけれど、これからの人生を変える決断ができた」と思うことができます。

継続してきたことを褒めてみる

最後に大切なのが、変化ばかりを求めて「何もできなかった」と後悔するのではなく、今までの10ヶ月間で継続してきたことに価値を見出してみること。たとえば、普通に毎日仕事に行くことかもしれませんし、小さな努力を続けること、真面目に生活をすること、人に優しくすることなど。実際には、私たちがそこに価値を置いていないだけで、「無意識に継続していること」はたくさんあるのです。

変わることだけが、いいことではありません。変えずに誠実に繰り返してきた自分の人生を、ひとつひとつねぎらってみましょう。そして、今年1年の成果として、その価値を来年に堂々と持っていってみましょう。

人生を変えていくために必要なことは、「私ってどうしてこんななの?」という自責ではなく、「私はこれをやってきた」という揺るぎない自分への信頼と、「私はこうしたい」という意思です。先のことばかりを見て、過去に価値を見いだせないのはとても悲しいこと。

あなたは今年も精一杯、頑張ってきました。その宝物を受け取りながら、堂々と次のステージへとかけあがりましょう。

image via Shutterstock

>>「30代からのやさしい愛のはじめ方」をもっと読む

2016年は、人生史上最高に幸せな私になる

いま、叶わない願いがあるのなら

過去は過去。全部リセットしたくなったら

    Ranking

    1. 料理で最初に食材を切るのは間違い。「伝説の家政婦」志麻さんが教える台所ルール

    2. 乳製品不使用でもこっくり濃厚。クリームを使わないクリームパスタ

    3. 花粉症対策は食事から!? かゆみに良い食材と悪い食材3つ

    4. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    5. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    6. 週1回、16時間でOK。プチ断食をより効果的にする方法

    7. すぐに真似してみたい。こぐれひでこさんのアイデアいっぱいサラダ7選

    8. はちみつは種類にこだわるとさらに良い。用途別みつばち産品の選び方

    9. オンラインで広がったヨガの可能性。モデル・野沢和香さんが次に挑戦したいことは

    10. 上げたいのは「免疫力」。健康を底上げする新キーワード「デカン酸」に注目

    1. 料理で最初に食材を切るのは間違い。「伝説の家政婦」志麻さんが教える台所ルール

    2. 花粉症対策は食事から!? かゆみに良い食材と悪い食材3つ

    3. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    4. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    5. すぐに真似してみたい。こぐれひでこさんのアイデアいっぱいサラダ7選

    6. 週1回、16時間でOK。プチ断食をより効果的にする方法

    7. オンラインで広がったヨガの可能性。モデル・野沢和香さんが次に挑戦したいことは

    8. 乳製品不使用でもこっくり濃厚。クリームを使わないクリームパスタ

    9. 少ないマヨネーズでもおいしい!濃厚クリーミーなポテトサラダのレシピ2種

    10. 上げたいのは「免疫力」。健康を底上げする新キーワード「デカン酸」に注目

    1. 料理で最初に食材を切るのは間違い。「伝説の家政婦」志麻さんが教える台所ルール

    2. 花粉症対策は食事から!? かゆみに良い食材と悪い食材3つ

    3. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    4. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    5. 歯磨きが睡眠に与える影響は? 寝る前に絶対やっていはいけないこと

    6. 調査でわかった。「男性が本当にほしいギフト」と「女性が贈りたいギフト」は一致していた

    7. ワッフルメーカーで焼くと美味しく変身するもの9つ。豆腐やチーズにもトライ!

    8. 週1回、16時間でOK。プチ断食をより効果的にする方法

    9. 頭痛持ちの人が「やらないほうがいいこと」4つ。えっ、クラシック音楽も!?

    10. 脚も環境も喜ぶサスティナブル・スニーカー。いっぱい歩いても、なんなら走っても大丈夫

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎週月曜日更新中!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら