1. Home
  2. MIND
  3. 2016年もあと2ヶ月。でも焦らなくていい理由

2016年もあと2ヶ月。でも焦らなくていい理由

30代からのやさしい愛のはじめ方

斎藤芳乃

2016年もあと2ヶ月。でも焦らなくていい理由

こんにちは。マリアージュカウンセラーの斎藤芳乃です。

今年も残り2ヶ月。1年が終わりに近づくこの時期には「え! もう今年も終わりなの? まだ何もできていない......」と、振り返って焦りも出てきます。しかし、実際には来年につなげるための素晴らしい成長や土台を創ってきたかもしれません。

今回は、『残りの2ヶ月で、今年1年を最高の年にするための3つの方法』をお伝えしていきたいと思います。

過去を踏み台にして次のステップに

ひとつめが、悩みや学びを終わらせて「次のステップに今この瞬間に進む」と決めることです。これは心理的な問題ですが、人はいかに自分が成長したり変化したりしていても、目に見える形にならないとそれをなかなか評価することができません

たとえば、恋が終わってしまったとします。結果だけ見れば失恋という形になるので、そのとき自分が成長したり学んだりしたことを評価しないのです。離婚する、仕事を辞める、所属していたコミュニティを辞めるなどの変化のときもそうです。

こうしたときほど、悩みや後悔を終わらせて「じゃあ次はどうしたい?」と、過去を踏み台にして次のステップに関わることを決断しましょう

次に関わりたい人はこんな男性、次に関わりたい職場はこんな環境......と、「次の場面」が見えるときほど人は過去に囚われることなく、「私はあの停滞があったからこそ進めたんだ」と自分を肯定できるようになります。すると今年は何もできずに終わってしまった......など、失敗に囚われることもなくなるのです。

今後の人生のために行動してみる

次に大切なことが、やらずにいたことを行動ベースで始めてみることです。たとえば、旅行でも、資格の勉強でも、新しい髪型にすることでも、年のはじめにやろうと計画を立てたことを「今年やらなかったから」という理由でようやく行動を起こすのではなく、「自分の人生のためにやろう。その最初の一歩にしよう」と決めてみることです

短い時間に囚われ、目先の目標だけで動いていると「この1年何をしたか?」ばかりで焦ってしまいます。しかし、今までの人生の集大成として、「これから何をしたいか?」を決め、未来のために動いていく。こうすることで、「今年どうだったか」という判断ではなく、「時間はかかったけれど、これからの人生を変える決断ができた」と思うことができます。

継続してきたことを褒めてみる

最後に大切なのが、変化ばかりを求めて「何もできなかった」と後悔するのではなく、今までの10ヶ月間で継続してきたことに価値を見出してみること。たとえば、普通に毎日仕事に行くことかもしれませんし、小さな努力を続けること、真面目に生活をすること、人に優しくすることなど。実際には、私たちがそこに価値を置いていないだけで、「無意識に継続していること」はたくさんあるのです。

変わることだけが、いいことではありません。変えずに誠実に繰り返してきた自分の人生を、ひとつひとつねぎらってみましょう。そして、今年1年の成果として、その価値を来年に堂々と持っていってみましょう。

人生を変えていくために必要なことは、「私ってどうしてこんななの?」という自責ではなく、「私はこれをやってきた」という揺るぎない自分への信頼と、「私はこうしたい」という意思です。先のことばかりを見て、過去に価値を見いだせないのはとても悲しいこと。

あなたは今年も精一杯、頑張ってきました。その宝物を受け取りながら、堂々と次のステージへとかけあがりましょう。

image via Shutterstock

>>「30代からのやさしい愛のはじめ方」をもっと読む

2016年は、人生史上最高に幸せな私になる

いま、叶わない願いがあるのなら

過去は過去。全部リセットしたくなったら

    specialbunner

    Ranking

    1. ランニングに「低負荷・多回数」の筋トレがいい理由

    2. 脇腹の肉をつまめる人は、すぐにやるべき簡単エクササイズ

    3. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    4. 「お尻のがん」が増えている。その痛みや出血、痔ではないかも!?

    5. お腹とお尻のぜい肉を一度に取り除く! お尻で床をタッチする運動

    6. ニンニク口臭、ドブ口臭。口の臭いの悩みを徹底解決!

    7. ベッドに溶け込むバターのようになって、10分で寝落ちする方法

    8. 食欲コントロールできる、10個の簡単メソッド

    9. 洗ってないシーツはカビやダニの温床! ベストな洗濯頻度は月◯回?

    10. サプリメントを摂る必要は本当にあるの? 医師に聞きました

    1. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    2. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    3. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    4. 飽きがちな筋トレが一気におもしろくなる! 横歩きプランク

    5. 腹凹ませには、プランクよりも「プランク歩き」がいい

    6. とかすだけで簡単ストレートヘア。SALONIAの新ヒートブラシ【プレゼント】

    7. 性生活は大事。シングルマザーの彼女が愛に目覚めたきっかけは?

    8. 筋トレの王道「プランク」を飽きずに続ける工夫って?

    9. ランニングに「低負荷・多回数」の筋トレがいい理由

    10. 脇腹の肉をつまめる人は、すぐにやるべき簡単エクササイズ

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    3. おならが出すぎていませんか?臭いおならは不調のサインかも...

    4. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    5. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    6. 晩秋の軽井沢で検証! アウトドアブランドではじめるおしゃれの冬支度

    7. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    8. 「体脂肪」を本気で減らす3か条。減量外来ドクターに聞く

    9. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?

    10. インフルエンザが悪化しやすい人に共通することは?