1. Home
  2. EAT
  3. 後悔しないおやつ。ローケーキを味方につける

後悔しないおやつ。ローケーキを味方につける

1,341

横山かおり

後悔しないおやつ。ローケーキを味方につける

photo by PIXTA

寒い季節、ついつい冬限定のお菓子やチョコレートに手を伸ばしがちですが、食べすぎや肌荒れで後悔することも。

でも砂糖、卵、乳製品、小麦粉を使わず焼かないローケーキ」ならヘルシーおやつにぴったり。ローケーキは見た目や味は普通のスイーツと変わらないのに、良質な油や焼くと壊れてしまう栄養素、酵素などが取り入れられると注目されています。アレルギーを持つ人やダイエット中の人には特におすすめ。

とはいえ「なかなかローケーキが売っているお店に出会えない」という人のために、今回は自宅でも作れるローケーキをご紹介します。

意外と簡単! 基本のローケーキレシピ

ローケーキは焼かないケーキなので、生地は小麦粉の代わりにナッツ類やシード類を使用。クリームはカシューナッツをなめらかにしたものに、メープルシロップやはちみつなど天然の甘味料を加えて作ります。

1. 生地を型に流し、ぎゅっと敷き詰めます。

2. その上にクリームを流し入れます。

3. 冷凍庫で2〜3時間冷やせば完成!

ローケーキは難しそう、と思いきやとてもシンプルで簡単です。

シンプル簡単なローケーキ

こちらはシンプルなココナッツカカオケーキ。小麦粉のかわりにアーモンドパルプ(アーモンドミルクを漉したときに残るもの)を使うことも。材料さえあれば混ぜて固めるだけのお手軽メニューです。上にココナッツを散らせば冬にピッタリの彩りに。

スーパーフードを使ったローケーキ

ローケーキにスーパーフードを使うことも。こちらはカシューナッツやココナッツオイルをベースにクリームをつくり、冷蔵庫で固めます。健康にも美容にもうれしいものばかり。女性のお客さんにはきっとよろこばれる一品です。

フルーツたっぷりのローケーキ

maimaiさん(@mai_koco)が投稿した写真 -

キウイをふんだんに使ったローケーキ。生のフルーツを使うので酵素も得られて一石二鳥。しかもこのケーキはキウイだけでなくアボカドも混ざっているそう。お好みのフルーツや野菜をあわせてブレンダーにかけると、その風味や色がそのまま表れます。甘さも自分の好みに合わせて調節すれば、自分だけのお気に入りローケーキの完成です。

ローケーキはつくるのが大変そう、というイメージがありますが、材料さえ揃えれば、作るのは意外と簡単。お菓子づくり初心者でも心配ありません。ヘルシーでおいしいローケーキなら、こころもからだも大満足間違いなしです。

    specialbunner

    Ranking

    1. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    2. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    3. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    4. 口紅の下地としても優秀! しっとりふっくら唇をかなえるリップ

    5. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    6. 知っておくべき新ジェンダー。「ノンバイナリー」は何を意味する?

    7. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 机や棚の下にくっつけられる「後づけ引き出し」でスッキリ収納

    10. 掃除機スタンドなら、壁に穴を開けなくてOK。本体もノズルも「見せる収納」

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    4. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    5. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    6. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    7. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    8. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    9. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    10. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由