1. Home
  2. STYLE
  3. 普段カジュアルな人のきちんとスタイル、何を選ぶ? #おしゃれのおさらい

普段カジュアルな人のきちんとスタイル、何を選ぶ? #おしゃれのおさらい

おしゃれのおさらい

植村美智子

普段カジュアルな人のきちんとスタイル、何を選ぶ? #おしゃれのおさらい

こんにちは。スタイリストの植村美智子です。

今回は、身近な人からも、コーディネートサービスでお会いするお客様からもリクエストが多い、ちょっとしたときのきちんと服。大げさになりすぎず、甘すぎず辛すぎず、カジュアル派の人にも難なく馴染むフォーマルスタイルについてお話ししていきます。

ちょうどいいのは、ボックスワンピース

持っておきたいのは、膝が隠れる丈のボートネック「ボックスワンピース」。薄手のウールや、ジョーゼットなど、軽やかな素材のものであれば、なお良しです。色は、ベーシックな、黒、グレー、ネイビーなどがいいでしょうか。

ボックスワンピースは、シルエットがまっすぐなので、いわゆるふわっとした女性らしさは控えめ。ウエストの絞りがないので、かっこ良くなりすぎることもありません。普段パンツが多い人や、甘さのあるスタイルが苦手な人にも、抵抗が少ないアイテムです。

目指したいイメージに合わせて、自分に合う形やシルエットを探してみてください。

なりたいイメージに合わせて選ぶ形

・肩幅ぴったり、セットインスリーブのもの

きちんと感アップ

肩が落ちている、ドロップショルダーのもの

おしゃれ度アップ

真っ直ぐ落ちるシルエットのもの

ベーシックにピリッ

・丸みのあるコクーンシルエットのもの

少しやわらかく、こなれた雰囲気

何故、ボートネックなの?

首周りの小物の選びやすさ、使いやすさを考えると、ボートネックがおすすめです。

Vネックのタイプも多く出ていますが、華やかさのあるネックレスとVネックは、相性良くまとめるのに苦労することも。ネックレスの丸みを、Vの下に持ってくるのか、上に持ってくるのか、それとも重ねてしまうのか......。ペンダントタイプのものも、チェーンで作られるVと、ネックラインのVのバランスが難しく、合わせられるものが限られてきてしまいます。スカーフも同じく、Vに合わせて、絶妙な計算が必要になりますよね。

それでも、わたしはVネックがいい! というのであれば、華やかさはピアスやイヤリングで取り入れるのが良さそうです。

きちんと見える足元、成功パターン

足元は、「タイツ+ヒールパンプス」「ショートソックス+ヒールパンプス」オックスフォードシューズで、マニッシュに仕上げるのもいいかもしれません。ベーシックな色のワンピースを選んでおけば、着ていくシュチュエーションに合わせて、タイツやソックス、シューズの色で、雰囲気を変えることもできます。

たとえば、チャコールグレーのワンピースの場合、

TPOに合わせて足元で変化をつける

・お子さんの七五三のお祝い、会食など、よりきちんと見せたいときは

→ チャコールグレーのタイツ×黒パンプス

・結婚式の二次会なら

→ 黒のショートソックス×マスタードのパンプス など

足元を変えるだけでも、雰囲気は大きく変わります。

普段使いできるをポイントにしない

ボックスワンピースは、スニーカーやローファーとも相性が良く、普段着としても活躍させることができるアイテムです。

ですが、最初から普段使いできることも考えアイテムを選ぶと、両方が中途半端になってしまう可能性も大。まずは、あくまでもフォーマルはフォーマルとして、アイテムを選びコーディネートすることをおすすめします。その方が、素敵なアイテムとの出会いもきっと多くなりますよ。

>>もっと「おしゃれのおさらい」を読みたい

#18 長め袖、股上深めパンツ...流行りもの、どう着る?

#17 今年らしく決まる大人のきれいめソックス選び

#16 いつもの服とじっくり向き合いコーディネートを楽しむ

#15 シンプル服が地味に、顔周りでガラリと変える

イラスト/米山夏子

    Ranking

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 朝起きたときが一番疲れてる...。医師が教える「朝バテ」解消法4つ

    4. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    5. 吹き出物だと思っていたら...まさかの「皮膚がん」! 見分け方は?

    6. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    7. うまくいってるとき、心が折れたとき──人生に欠かせない3冊の本

    8. 食欲ないのに食べ過ぎる...「夏のうつ」がもたらす厄介な症状

    9. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    10. その不調、夏バテじゃなくて「夏のうつ」。ホルモン乱れが主な原因

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 食品業界のプロが選ばない、9種類の「調味料と保存食品」

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. 糖質やカロリーよりも気になる「お菓子とドリンク」の避けるべき成分

    7. ダイエット中のおやつに「飲むヨーグルト」。管理栄養士が飲むコツを伝授

    8. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    9. 眠れない夜にサヨナラ。すぐに眠れる、とっておきの16の方法

    10. スクワットを制すれば、美尻と美脚が手に入る! 基本の7動作

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 熱中症のサインは? 症状を見逃さないで! 予防と対策5つ

    3. 食の専門家が絶対に食べない9つの食品。マーガリン、全粒粉パンも...

    4. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    5. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    6. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    7. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    8. 目覚めたら手に大ヤケド! 火事でも日焼けでもない、まさかの原因は?

    9. 眠れない夜にサヨナラ。すぐに眠れる、とっておきの16の方法

    10. 食品業界のプロが選ばない、9種類の「調味料と保存食品」