1. Home
  2. MIND
  3. 女っぷりを上げたいなら、コレステロールを味方に #ポジティブ栄養学

女っぷりを上げたいなら、コレステロールを味方に #ポジティブ栄養学

ポジティブ栄養学

女っぷりを上げたいなら、コレステロールを味方に #ポジティブ栄養学

こんにちは。栄養士・栄養カウンセラーの吉川圭美です。肌も体調も、気分上々な私は栄養でつくれる! 栄養を味方につけて無理なく楽しいポジティブ栄養学を提案していきます。今回は、女性らしさにかかわる「コレステロール」について。

女性ホルモンの材料でもあるコレステロール

一年のうちでいちばん華やぐホリデーシーズンはもうすぐ。パーティや忘年会といった集まりも多いでしょう。そんなとき、ファッションはもちろん、ぷるんとした肌、つややかな髪など、女性らしい素の魅力も上げていきたいものです。

そこで登場するのがコレステロール。驚く人も多いかもしれませんが、じつはコレステロールは女性ホルモンの材料でもあります。

女性ホルモンといえば「美のホルモン」といわれ、美肌やメリハリのあるボディラインなど、女性らしさをつくりだすのに欠かせない存在。さらに肌細胞をはじめ、全身の細胞を包む膜の構成成分でもあります。その材料をしっかり取り入れることで、女っぷりに磨きをかけることができるというわけです。

しかし一方で、コレステロールはネガティブなイメージがつきまとうもの。でも、そもそもコレステロールは身体のなかで7〜8割ほどが作られており、食事から多くとっても身体が作る量を減らすなどして、つねに一定になるよう調整されています。そのため、食べすぎでない限り、それほど気にする必要はないといえます。事実、最近では厚生労働省の「食事摂取基準」でもコレステロールの基準が削除されているほどです。

肉も卵もしっかり食べて、女っぷりアップ

そんな大切なコレステロールですが、スリムになりたいと極端な食事制限をしたり、偏った食生活をしている人はちょっと気になります。体内ではタンパク質や糖質、脂質を材料にコレステロールが作られているため、卵や肉をあまりにも避けてしまうのは、女らしさを遠ざけてしまうことにも......。また食事で油分を控えてしまうと、少ない油分は身体を動かすエネルギーとして優先的に使われてしまうので、ホルモンづくりに影響を与えることになります。

野菜はもちろん、肉も卵もしっかりと。コレステロールの力を知って、華やかなシーズンも女らしさを上げていきましょう!

image via shutterstock

吉川圭美

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. もっと食べるべき? それとも控える? 卵にまつわる6つの話

    2. 歯周病菌は女性ホルモンが好き? 30代で変えたいデンタルケアの基本

    3. 1週間、毎日3個タマゴを食べ続けてみた。わかったことは......

    4. 病気のサインかも? 生理不順になる7つの原因

    5. 「便秘でぽっこりお腹」をすっきりに導く、3つの習慣と3つの栄養素

    6. 活動量計って何がいいの?|30日間の夏コレ #19

    7. ミネラル入り麦茶は何がすごい? 駅伝の強豪校がとり入れるワケ

    8. 世界でたったひとつの扇子と自分らしい香りで涼しさと安らぎを

    9. シンデレラはどうなる? あなたのコミュニケーション力がわかる心理テスト

    10. 他人に振り回されない人になるには?

    1. 1週間、毎日3個タマゴを食べ続けてみた。わかったことは......

    2. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    3. 歯周病菌は女性ホルモンが好き? 30代で変えたいデンタルケアの基本

    4. ミネラル入り麦茶は何がすごい? 駅伝の強豪校がとり入れるワケ

    5. がんばらなくても幸せになれる人と、がんばっても幸せになれない人がいるのはなぜ?

    6. 病気のサインかも? 生理不順になる7つの原因

    7. 予防のためにやった方がよいことは? 乳がんにならないための10カ条

    8. シンデレラはどうなる? あなたのコミュニケーション力がわかる心理テスト

    9. 「便秘でぽっこりお腹」をすっきりに導く、3つの習慣と3つの栄養素

    10. え、この青アザいつできた? 簡単に青アザができてしまう理由7つ

    1. 1週間、毎日3個タマゴを食べ続けてみた。わかったことは......

    2. 消費期限を過ぎたら、「特に」飲むべきでない4つの飲み物

    3. 運はつくれる。“いいこと”をたぐり寄せる7つの感情習慣

    4. 歯周病菌は女性ホルモンが好き? 30代で変えたいデンタルケアの基本

    5. 「腹筋運動は意味なし」という悲しいお知らせ。効果的な腹筋エクササイズは?

    6. 浮き輪をすれば安心と思っていない? プールで子どもにさせてはいけない12のこと

    7. 頑固なおなかの脂肪を減らす方法9

    8. 「眠る前に食べてはいけない」は誤解です! 「睡眠の質」向上のため食べたいもの

    9. 身体のダメージは絶大。「のどの渇き」以外にもある、脱水症状のサイン9つ

    10. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    女っぷりを上げたいなら、コレステロールを味方に #ポジティブ栄養学

    FBからも最新情報をお届けします。