1. Home
  2. MIND
  3. 女っぷりを上げたいなら、コレステロールを味方に #ポジティブ栄養学

女っぷりを上げたいなら、コレステロールを味方に #ポジティブ栄養学

ポジティブ栄養学

15,350

吉川圭美

女っぷりを上げたいなら、コレステロールを味方に #ポジティブ栄養学

こんにちは。栄養士・栄養カウンセラーの吉川圭美です。肌も体調も、気分上々な私は栄養でつくれる! 栄養を味方につけて無理なく楽しいポジティブ栄養学を提案していきます。今回は、女性らしさにかかわる「コレステロール」について。

女性ホルモンの材料でもあるコレステロール

一年のうちでいちばん華やぐホリデーシーズンはもうすぐ。パーティや忘年会といった集まりも多いでしょう。そんなとき、ファッションはもちろん、ぷるんとした肌、つややかな髪など、女性らしい素の魅力も上げていきたいものです。

そこで登場するのがコレステロール。驚く人も多いかもしれませんが、じつはコレステロールは女性ホルモンの材料でもあります。

女性ホルモンといえば「美のホルモン」といわれ、美肌やメリハリのあるボディラインなど、女性らしさをつくりだすのに欠かせない存在。さらに肌細胞をはじめ、全身の細胞を包む膜の構成成分でもあります。その材料をしっかり取り入れることで、女っぷりに磨きをかけることができるというわけです。

しかし一方で、コレステロールはネガティブなイメージがつきまとうもの。でも、そもそもコレステロールは身体のなかで7〜8割ほどが作られており、食事から多くとっても身体が作る量を減らすなどして、つねに一定になるよう調整されています。そのため、食べすぎでない限り、それほど気にする必要はないといえます。事実、最近では厚生労働省の「食事摂取基準」でもコレステロールの基準が削除されているほどです。

肉も卵もしっかり食べて、女っぷりアップ

そんな大切なコレステロールですが、スリムになりたいと極端な食事制限をしたり、偏った食生活をしている人はちょっと気になります。体内ではタンパク質や糖質、脂質を材料にコレステロールが作られているため、卵や肉をあまりにも避けてしまうのは、女らしさを遠ざけてしまうことにも......。また食事で油分を控えてしまうと、少ない油分は身体を動かすエネルギーとして優先的に使われてしまうので、ホルモンづくりに影響を与えることになります。

野菜はもちろん、肉も卵もしっかりと。コレステロールの力を知って、華やかなシーズンも女らしさを上げていきましょう!

image via shutterstock

    specialbunner

    Ranking

    1. ランニングに「低負荷・多回数」の筋トレがいい理由

    2. 脇腹の肉をつまめる人は、すぐにやるべき簡単エクササイズ

    3. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    4. 「お尻のがん」が増えている。その痛みや出血、痔ではないかも!?

    5. お腹とお尻のぜい肉を一度に取り除く! お尻で床をタッチする運動

    6. ニンニク口臭、ドブ口臭。口の臭いの悩みを徹底解決!

    7. ベッドに溶け込むバターのようになって、10分で寝落ちする方法

    8. 食欲コントロールできる、10個の簡単メソッド

    9. 洗ってないシーツはカビやダニの温床! ベストな洗濯頻度は月◯回?

    10. サプリメントを摂る必要は本当にあるの? 医師に聞きました

    1. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    2. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    3. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    4. 飽きがちな筋トレが一気におもしろくなる! 横歩きプランク

    5. 腹凹ませには、プランクよりも「プランク歩き」がいい

    6. とかすだけで簡単ストレートヘア。SALONIAの新ヒートブラシ【プレゼント】

    7. 性生活は大事。シングルマザーの彼女が愛に目覚めたきっかけは?

    8. 筋トレの王道「プランク」を飽きずに続ける工夫って?

    9. ランニングに「低負荷・多回数」の筋トレがいい理由

    10. 脇腹の肉をつまめる人は、すぐにやるべき簡単エクササイズ

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    3. おならが出すぎていませんか?臭いおならは不調のサインかも...

    4. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    5. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    6. 晩秋の軽井沢で検証! アウトドアブランドではじめるおしゃれの冬支度

    7. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    8. 「体脂肪」を本気で減らす3か条。減量外来ドクターに聞く

    9. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?

    10. インフルエンザが悪化しやすい人に共通することは?