1. Home
  2. MIND
  3. 11/14はウルトラスーパームーン! 68年ぶりに月が地球に最接近

11/14はウルトラスーパームーン! 68年ぶりに月が地球に最接近

星と暮らす

景山えりか

11/14はウルトラスーパームーン! 68年ぶりに月が地球に最接近

11月14日(月)は、今年のうちで月がもっとも地球に近づいたタイミングで満月をむかえ、スーパームーンになります。しかも、月と地球の距離がぐんと縮まって、なんと68年ぶりの近さに! まさにスーパームーン中のスーパームーンで、名づけるとしたら「ウルトラスーパームーン」という感じ。これは見逃せません!

68年ぶりに月が地球に最接近

月が地球を周回する軌道は、楕円のカタチをしています。そのため、月は地球に近づいたり遠ざかったりしながら公転しています。月が一番地球に近づくときは約36万km、一番遠ざかるときは約41万kmです。

それでは、2016年11月14日の月と地球の距離はどのくらいかというと、35万6509kmここまで月が近づくのは、1948年1月26日の35万6461km以来のことです。

計算ソフトを使って68年分の距離をコツコツと調べてみたところ、その間にも35万6500km台になる年は、ちょこちょこありました。直近ですと、2011年3月20日に35万6574kmの近さに。ですが、下2桁の数値が今年に及びません!

憧れの人や好きな人と、少しでも心の距離が縮まると嬉しいと思うように、月が好きな人にとっては、たった数十キロの違いとはいえ、やはり距離が近くなるってワクワクとした気持ちになります。だから、68年ぶりの近さとなる11月14日の満月に期待が高まるわけです。

ちなみに、次に今年ほど月が近づくのはいつかというと、18年後の2034年11月26日。その距離は35万6500kmをきって、35万6400km台になります! きっとその年は、1948年以来86年ぶりの近さといって、盛り上がることでしょう。

11月14日、見ごろはいつ?

ここで時間もおさえておきましょう。天体はつねに動き続けているので、月と地球の位置関係も刻々と変化しています。月が地球に近づくときも、満月になる瞬間も時刻で示せるのです。

11月14日、月が地球に最接近するのは20時21分。そして、満月をむかえてウルトラスーパームーンになるのが22時52分。この時刻に夜空を見上げると、ウルトラスーパームーンになった瞬間を見ることができます。同時刻、月は見やすい高さに昇ってきていますから、方角を気にしなくても、夜空を見上げれば誰でもすぐに月を見つけられるはずです。

スーパームーンは他の満月と比べて、約30%も明るく、約14%大きく見えるといわれています。11月14日も同様ですが、体感としてはもっと明るくて大きく見えるかもしれませんね。

目線の先にある月は、宇宙広しといえど、地球にとって私たちにとって、たったひとつ。それぞれの場所から、同じ月を眺めるということは、月を介してつながるということ。同じ空の下、みなさんが見ているウルトラスーパームーンを、私もどこかで眺め、一緒に楽しみたいと思います。

>>「星と暮らす」記事一覧

photo by PIXTA

    specialbanner

    Ranking

    1. 100回の腹筋より、はるかに効果的な運動とは? 痩せる体のメソッド

    2. 最近よく耳にする冷凍宅配ごはん。「旬をすぐに」を選ぶべき5つの理由

    3. 家トレで腰まわりのぜい肉を消す。プランクからの骨盤ひねり

    4. 息の仕方が間違っている...。では「正しい深呼吸」って?/呼吸が変わるとラクになる #01

    5. 「女子力が高い」と言われても、うれしくない女性たち

    6. バリエーションUP、調理時間はDOWN。ごはん作りが楽しくなる「下味冷凍」

    7. ひどく疲れている人が、摂らないことでラクになるもの3つ

    8. 冷ましてチンでもOK! ご飯は「冷ますだけ」で優秀ダイエットフードに

    9. 体の中が「膨張」してる!? 余分な息を追い出そう/呼吸が変わるとラクになる #03

    10. 体が軽くなる「息の吐き方」/呼吸が変わるとラクになる #02

    1. 家トレで腰まわりのぜい肉を消す。プランクからの骨盤ひねり

    2. 最近よく耳にする冷凍宅配ごはん。「旬をすぐに」を選ぶべき5つの理由

    3. 100回の腹筋より、はるかに効果的な運動とは? 痩せる体のメソッド

    4. 冷ましてチンでもOK! ご飯は「冷ますだけ」で優秀ダイエットフードに

    5. ひどく疲れている人が、摂らないことでラクになるもの3つ

    6. 4時間睡眠が2日続くだけで...。止まらない食欲はホルモンのせいかも

    7. 体の中が「膨張」してる!? 余分な息を追い出そう/呼吸が変わるとラクになる #03

    8. 一見、真逆のイライラとクヨクヨ。実は原因は同じなのです

    9. やせ見え効果も期待。美しいデコルテをつくる「胸筋」のトレーニング

    10. 「女子力が高い」と言われても、うれしくない女性たち

    1. ひどく疲れている人が、摂らないことでラクになるもの3つ

    2. 家トレで腰まわりのぜい肉を消す。プランクからの骨盤ひねり

    3. 下半身太りが気になる人はマスト! 効果絶大の「股関節ほぐし」

    4. ジムいらず! おうちの隅で眠っているあのグッズで美脚&美尻に

    5. 【隠れ疲労チェックリスト】 女性が疲れやすい理由とは?

    6. サヨナラ、まるい背中。背筋を鍛えるバックエクステンション

    7. 睡眠の質を上げるには、「体内リズム」が重要だった!

    8. 睡眠で変わった毎日のコンディション。その秘訣とは?

    9. 「おばさん」と呼ばれたことのない中年女性が増加中

    10. スクワットよりラク! 下半身引き締めや代謝アップに「ベアースクワット」

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎週月曜日更新中!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら