1. Home
  2. MIND
  3. 11/14はウルトラスーパームーン! 68年ぶりに月が地球に最接近

11/14はウルトラスーパームーン! 68年ぶりに月が地球に最接近

星と暮らす

景山えりか

11/14はウルトラスーパームーン! 68年ぶりに月が地球に最接近

11月14日(月)は、今年のうちで月がもっとも地球に近づいたタイミングで満月をむかえ、スーパームーンになります。しかも、月と地球の距離がぐんと縮まって、なんと68年ぶりの近さに! まさにスーパームーン中のスーパームーンで、名づけるとしたら「ウルトラスーパームーン」という感じ。これは見逃せません!

68年ぶりに月が地球に最接近

月が地球を周回する軌道は、楕円のカタチをしています。そのため、月は地球に近づいたり遠ざかったりしながら公転しています。月が一番地球に近づくときは約36万km、一番遠ざかるときは約41万kmです。

それでは、2016年11月14日の月と地球の距離はどのくらいかというと、35万6509kmここまで月が近づくのは、1948年1月26日の35万6461km以来のことです。

計算ソフトを使って68年分の距離をコツコツと調べてみたところ、その間にも35万6500km台になる年は、ちょこちょこありました。直近ですと、2011年3月20日に35万6574kmの近さに。ですが、下2桁の数値が今年に及びません!

憧れの人や好きな人と、少しでも心の距離が縮まると嬉しいと思うように、月が好きな人にとっては、たった数十キロの違いとはいえ、やはり距離が近くなるってワクワクとした気持ちになります。だから、68年ぶりの近さとなる11月14日の満月に期待が高まるわけです。

ちなみに、次に今年ほど月が近づくのはいつかというと、18年後の2034年11月26日。その距離は35万6500kmをきって、35万6400km台になります! きっとその年は、1948年以来86年ぶりの近さといって、盛り上がることでしょう。

11月14日、見ごろはいつ?

ここで時間もおさえておきましょう。天体はつねに動き続けているので、月と地球の位置関係も刻々と変化しています。月が地球に近づくときも、満月になる瞬間も時刻で示せるのです。

11月14日、月が地球に最接近するのは20時21分。そして、満月をむかえてウルトラスーパームーンになるのが22時52分。この時刻に夜空を見上げると、ウルトラスーパームーンになった瞬間を見ることができます。同時刻、月は見やすい高さに昇ってきていますから、方角を気にしなくても、夜空を見上げれば誰でもすぐに月を見つけられるはずです。

スーパームーンは他の満月と比べて、約30%も明るく、約14%大きく見えるといわれています。11月14日も同様ですが、体感としてはもっと明るくて大きく見えるかもしれませんね。

目線の先にある月は、宇宙広しといえど、地球にとって私たちにとって、たったひとつ。それぞれの場所から、同じ月を眺めるということは、月を介してつながるということ。同じ空の下、みなさんが見ているウルトラスーパームーンを、私もどこかで眺め、一緒に楽しみたいと思います。

>>「星と暮らす」記事一覧

photo by PIXTA

    specialbunner

    Ranking

    1. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    4. 抜け毛、白髪などエイジングの悩みに。美容のプロおすすめのヘアケア

    5. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    6. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    7. 「ひざの腫れ」に隠された5つの原因。痛くて歩けないのは虫のせいかも

    8. セックス博士に聞きました!「女性は一晩で何回イケますか?」

    9. 科学が実証。女性特有の不調を整える3つの方法

    10. ちょっと待って! トマトは「やさい麹」にすれば最強の発酵食になる

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 生理で出るレバー状の血の塊の正体は? 放っておいて大丈夫?

    3. 生理用ナプキンができるまで、女性はどうやって経血処置をしていたの?

    4. まわりにこんな人いませんか? あなたを困らせる「有害な人」の心理と特徴

    5. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    6. 「月経カップ」、知っていますか? ナプキンとどちらが使いやすく安全?

    7. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    8. マラソンでしか味わえない衝撃がある。長谷川理恵さんの新たなチャレンジ

    9. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    10. 【クイズ】納豆+◯◯。健康効果アップの組み合わせはどれ?

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    5. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    6. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    7. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    8. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    9. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    10. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた