1. Home
  2. EAT
  3. どこから食べても楽しいおいしい。自由が丘の新名物あんぱん

どこから食べても楽しいおいしい。自由が丘の新名物あんぱん

北本祐子

どこから食べても楽しいおいしい。自由が丘の新名物あんぱん

5個入り 1,500円、1個300 円(いずれも税込)

個人的にはちょっとご無沙汰気味の街・自由が丘に、ちょっと話題を呼びそうな商品が登場した模様。老舗和菓子店「亀屋万年堂」と人気のベーカリーショップ「自由が丘ベイクショップ」のコラボレーションで生まれた、「亀屋のあんぱん」です。

老舗和菓子屋と人気ベーカリーのコラボ

2つのお店がある自由が丘はいつの時代もおしゃれで話題の食がある街として人気がありますが、昔ながらのものと新しいもの、そのどちらも存在するのが魅力のひとつ。今回、自由が丘を代表する2つのお店がコラボレーションし、新たな味が生まれました。

20161102_kameya1.jpg

「亀屋のあんぱん」に使われている餡子は、亀屋万年堂が1938年の創業当初からずっと変わらないこだわりのもの。北海道産の大粒のものを特に選んでいて、生産者の方とも密なやり取りを行っているそうです。

どこから食べてもいろんなおいしさ

20161102_kameya2.jpg

このあんぱんには餡子(小豆)のほかに、青えんどう、手亡(てぼう)豆、金時豆、ひよこ豆の鹿の子が練り込まれており、トッピングの赤えんどうも含めて全部で6種類の豆が使われています。また一般的なあんぱんは餡を生地で包み込んでいますが、こちらは生地自体に練り込み、ねじって成型。どこから食べてもいろんな豆の味に出会えるのもポイントです。

20161102_kameya3.jpg

5個入り 1,500円、1個300 円(いずれも税込)

販売は亀屋万年堂 自由が丘駅前店のみ。1つ1つ手作りであることと、焼きたてを食べてほしいという思いから、店頭にならぶのは1日限定200個となっています。

新しい自由が丘の手土産として注目を集めそうですね。

[亀屋万年堂]

    specialbunner

    Ranking

    1. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    2. 体の不調や疲労を瞬殺で解決! 簡単メソッド5つ

    3. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    4. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    5. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    6. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    7. 机や棚の下にくっつけられる「後づけ引き出し」でスッキリ収納

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    1. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    6. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    7. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    8. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    9. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    10. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    4. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由