1. Home
  2. EAT
  3. 高江の森の中で、音楽のお祭りを【根本きこの島ごはん】

高江の森の中で、音楽のお祭りを【根本きこの島ごはん】

根本きこの島ごはん

根本きこ

高江の森の中で、音楽のお祭りを【根本きこの島ごはん】

先週の土曜日は、東村高江で「高江音楽祭」があった。

会場は、カフェ山がめ跡地。知る人ぞ知る、このびっくりするくらいの山奥にあったカフェは、目を凝らせば私でも精霊が見れるんじゃないか!? ってくらい緑豊かな場所。すぐそばに清流が流れ、巨大なシダ植物「へご」がレースのような葉を茂らせている。

この日、この森に奉納される音は七尾旅人さん。それからROVOの勝井祐二さんはバイオリンを携えて。高江在住のギタリスト、石原岳さんはこの祭りの主催者でもある。踊りは「高江フラ」。高江近郊に住むメンバーが寄り集まった大人と子どものフラチームだ。歌と踊りがある夜は、いつでも心踊る

20161026_kiko2.jpg

私はこの日、賄い係をかって出た昼ごはんと夕ごはんの2食を作った

昼はお弁当。麩イリチー(お麩とニラの炒めもの)、野菜パパイヤと豚ひき肉のタイ風炒め、ナーベラー(ヘチマ)の味噌炒め、四角豆の天ぷら、いりことヘンプナッツの田作り、クワンソウ(オレンジ色の花)の甘酢漬け、黒米と緑豆の五分づき米。沖縄の旬の食材を使った、家庭のお惣菜。夜はカレーに。バターチキンカレー、レンズ豆と島かぼちゃのカレー、ひよこ豆のサラダ、オクラのスパイス炒め、白米。

この日は朝、5時半起きだったので、七尾さんのライヴが始まる7時過ぎには、もうふらふら。おまけに久しぶりの高江の森の湿度が心地よくて、すでに「夢なの? ここはどこなの?」という状態だった。

20161026_kiko3.jpg

秘境とも呼べるこの場所に集まった、100人はいただろうかオーディエンスの熱気もさることながら、地元の子どもたちの奔放さはゆうに大人を超えていた。止まらない、子どもパワー。昨今、高江は何かと騒々しい。ヘリパット建設を巡って、民間人、そしてそのカウンターとして機動隊や警察が日々、大勢押し寄せる。渦中に身を置く人は、心労が絶えないだろう。

でも、この音楽祭はつかの間かも知れないけど、普遍的な平和を感じることのできるお祭り。みんな同じ歌を聴き、踊りに目を細める。じつに、賑やかでたのしい夜でした。

>>もっと「根本きこの島ごはん」を読みたい

沖縄野菜の端境期

居場所を作っている真っ最中

理科として、豆シリーズ始めました

    Ranking

    1. サンドイッチをおいしくする「保湿」のひと手間

    2. 白菜の栄養を逃さない。管理栄養士おすすめの絶品レシピ4選

    3. 心と体をラクにする、今すぐできる4つのこと

    4. 怒りの原因は「自分のなか」にある。アンガーマネジメントスキルで、もう後悔しない

    5. 「出汁」の基本をもう一度。簡単なとり方・使い方

    6. 背中や腰は「仰向けで丸める」。こりや疲れを解消するリセットストレッチ

    7. お味噌汁は料理の始まり。土井善晴さんが教える「自立の味噌汁」

    8. 【絶品トマトジュースをプレゼント】食材どこで買う? おいしくて健康的、かつ良心的。続けられるナチュラルライフ

    9. 油と塩だけでつくる「超簡単ネギソース」がおいしすぎる

    10. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    1. 心と体をラクにする、今すぐできる4つのこと

    2. サンドイッチをおいしくする「保湿」のひと手間

    3. お味噌汁は料理の始まり。土井善晴さんが教える「自立の味噌汁」

    4. 背中や腰は「仰向けで丸める」。こりや疲れを解消するリセットストレッチ

    5. 「出汁」の基本をもう一度。簡単なとり方・使い方

    6. 油と塩だけでつくる「超簡単ネギソース」がおいしすぎる

    7. 白菜の栄養を逃さない。管理栄養士おすすめの絶品レシピ4選

    8. 家事の小さなストレスを減らしてくれる、こだわりの「スポンジ」

    9. 怒りの原因は「自分のなか」にある。アンガーマネジメントスキルで、もう後悔しない

    10. お弁当がラクに作れる。管理栄養士おすすめの時短テク&簡単おかず

    1. 寅年に贈る心理テスト。あなたの「トラ度」は何%?

    2. 【心理テスト】しめじ、舞茸、エリンギ。あなたを「きのこ」に例えたら? タイプ別性格診断

    3. プランクは体幹強化だけじゃありません。関節や細かい筋肉も鍛えてしなやかな体に

    4. 思いっきり泣こう、感動しよう。心を動かす映画15選

    5. 1日のほとんどを過ごすから、暮らせるような台所を作りたかった/料理研究家・松田美智子さん[前編]

    6. お弁当がラクに作れる。管理栄養士おすすめの時短テク&簡単おかず

    7. 心と体をラクにする、今すぐできる4つのこと

    8. 自分なりの定番が2~3品あればいい。おせち作りのハードルを下げるひと工夫

    9. ジェーン・スー&堀井美香、ふたりが2022年にはじめたいこと、やめたいこと

    10. お味噌汁は料理の始まり。土井善晴さんが教える「自立の味噌汁」

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎月1日と15日に更新!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら