1. Home
  2. BODY
  3. 寝込んでいられないから、風邪をはね返す #まとめ

寝込んでいられないから、風邪をはね返す #まとめ

寝込んでいられないから、風邪をはね返す #まとめ

街も空もすっかり秋色。でも、まだ体が涼しさに慣れないせいか、ちょっと油断したら風邪をひいてしまいそうな気配。これから年末に向かってイベントも増えてくるのに、寝込んだりしたくない。今回は、風邪を未然にふせぐために備えておきたいアイテムをピックアップしました。

色と香りで使い分ける。幅広く使えるはちみつの選び方

161027_kaze_01.jpg

季節の変わり目のせいか、すこし喉がイガイガ。そんな時は、寝る前にはちみつ入りの温かいレモネードを飲むと心地よく休むことができます。色が薄いはちみつはクセが少ないので、ドリンクに入れたりパンやヨーグルトにかけたりするのに向いているそうです。>>はちみつの選び方

温かい飲みものにひとさじ。幻のキノコ「チャーガ」の効能

161027_kaze_02.jpg

活性酸素を除去する酵素がケールの約60倍、ほうれん草の約250倍も含まれているほか、免疫力向上を助ける物質βグルカンも多く含まれ、細菌やウイルスから体を守ってくれます。ノンカフェインなので、コーヒーや紅茶の代わりに日常的に摂り入れたいです。>>「チャーガ」の効能

リベンジできそ。お湯をそそぐだけ、うまみ凝縮ブロススープ

161027_kaze_03.jpg

野菜の皮などを煮込んだベジタブルベースは、抗酸化力、免疫力が期待できる美容と健康にうれしいスープ。体を温めてくれる生姜入りです。お湯を注ぐだけで飲めるので、忙しい朝や小腹が空いたときのためにストックしておきたいです。>>うまみ凝縮ブロススープ

手荒れ、肩こり、ムズムズ解消。お守りバームで季節の変わり目もごきげんに

161027_kaze_04.jpg

3種のハーバルバームは、てごわい手荒れ用、こりかたまった首・肩・腰用、鼻や喉が気になるとき用と、それぞれのお悩みに合わせたハーブが配合されているのがポイント。かわいらしいサイズですが、中身は頼りになるハーブの力がたっぷり。ポケットやメイクポーチにしのばせてこまめにケアしたいです。>>お守りバーム

通年出しっぱなしで使える一石三鳥な家電に驚き

161027_kaze_05.jpg

空気清浄機、ファンヒーター、扇風機の3つの機能が1つになった商品。空気の状態を可視化してスマホの専用アプリでチェックできるというハイテク機能がついています。花粉症やカビが原因で肺炎になることもあるそうなので、ダニの死骸やハウスダストが増えるいまの時期に大活躍してくれそう。>>一石三鳥な家電

手洗いやマスクなど基本的な予防はもちろんですが、栄養補給ができる温かいドリンクや、機能的なアイテムもうまく取り入れて健康管理していきたいと思いました。

image via shutterstock

片岡理森

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 春先だけじゃない花粉症。自分が持つアレルゲンの見つけ方とは?

    2. 20分以内でつくることができる高タンパク質メニュー6

    3. 精神科医が勧める、誰かのためじゃなく「自分のために生きる方法」

    4. 15分で完成。レンジで作る、簡単&なめらか茶碗蒸しのレシピ

    5. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    6. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    7. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    8. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    9. 頑固な内臓脂肪を減らす9つの方法

    10. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    1. トレーナーに聞いた! 結果が出る筋トレとは?

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 血圧を下げる低カロリーな果物はどれ? 栄養士おすすめの食べ方

    4. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    5. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    6. 精神科医が勧める、誰かのためじゃなく「自分のために生きる方法」

    7. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    8. 頑固な内臓脂肪を減らす9つの方法

    9. オリーブ油よりも◯◯油。コレステロールを減らせる5つの食品

    10. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    1. コーヒーの量やチョコを欲するときが増えたら、気をつけるべきこと

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    4. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    5. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    6. 野菜より先に口にするといいものは? 太らないための「食べる順番」

    7. 頑固な内臓脂肪を減らす9つの方法

    8. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    9. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    10. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって