1. Home
  2. EAT
  3. 循環バスで市内を巡る。信州上田をぶらり日帰り旅【後編】

循環バスで市内を巡る。信州上田をぶらり日帰り旅【後編】

甲田智恵

循環バスで市内を巡る。信州上田をぶらり日帰り旅【後編】

信州上田への日帰り旅。>>前編 では真田一族の歴史を尋ねました。後編では、循環バスで上田市内を巡ります。

別所線に乗って上田駅まで戻ってきました。晴れていれば自転車を借りて市内をぐるりと回るつもりでしたが、降ったり止んだりの雨模様。

そこへ「循環バスが便利だよ」と駅ビルのメガネ屋さんが教えてくれました。

20161025_ueda2.jpg

お蕎麦で腹ごしらえしたあと、バスに乗って観光地図で見て気になった「上田蚕種協業組合事務棟」へ。

車窓から見えた上田城跡公園は、雨の中でもたくさんの人で賑わっていました。

20161025_ueda3.jpg

お蚕さん」と上田出身の祖父が大切に呼んでいたのを思い出します。もっと上田の話を聞きたかったな

帰ってから調べてみると、養蚕にも真田一族の残り香があったんですね。

上田の地に築城した真田氏は、領内の産業振興に力を注ぎましたが、中でも養蚕と紬織の奨励に熱心でした。特に上田地方では紬の技術が優れており、この紬技術が蚕糸業発達の原動力となりました。

(『上田蚕種協業組合事務棟』より引用)

20161025_ueda4.jpg

雨があがってきました。 駅に向かう途中にある「旧常田館製絲場」も重要文化財

何度も上田に来ていたのに、初めてのご対面。 今度は予約をして内部を見せていただこう

>>前編に戻る

[信州シルクロード, 旧常田館製絲場, 上田蚕種協業組合事務棟, まちなかレンタサイクル, 循環バス「ぐるっと上田丸」

あわせて読みたい

五右衛門風呂に入りたい。そうだ奈良の町家に泊まろう

秋の新潟で「うまい」の秘密に出会った【前編】

話題のビューティースポットへいってきました(Sponsored)

    specialbunner

    Ranking

    1. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    2. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    3. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    4. 口紅の下地としても優秀! しっとりふっくら唇をかなえるリップ

    5. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    6. 知っておくべき新ジェンダー。「ノンバイナリー」は何を意味する?

    7. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 机や棚の下にくっつけられる「後づけ引き出し」でスッキリ収納

    10. 掃除機スタンドなら、壁に穴を開けなくてOK。本体もノズルも「見せる収納」

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    4. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    5. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    6. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    7. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    8. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    9. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    10. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由