1. Home
  2. MIND
  3. 本当はどうしたらよかった? 一歩が踏み出せない人へ

本当はどうしたらよかった? 一歩が踏み出せない人へ

30代からのやさしい愛のはじめ方

1,095

斎藤芳乃

本当はどうしたらよかった? 一歩が踏み出せない人へ

こんにちは。マリアージュカウンセラーの斎藤芳乃です。

誰しもが人生をより良くしたいという気持ちを持っています。でも、それを達成できる人はそれほど多くないのが現実です。

そして、その理由が私たちの「記憶」にあることは、あまり知られていません。じつは、私たちは「過去の記憶」をもとにこの世界を生きています。「昔の私はこうだったのに」「前にこんなことがあった」というように、常に頭のどこかで過去に引きずられてしまっているのです。

それゆえに、「これから幸せに生きよう!」と決意しても、無意識に過去の記憶が邪魔をして、「またあんなふうに失敗したらどうしよう」「どうせまたダメだよ」というように、変われないこともあるのです。

こんなときは、過去の自分と戦ったりダメ出しをするのではなく、「上手に過去と向き合う」ことが大切です。今回は、最高の未来をつかむための3つの過去の精算方法をお伝えしていきたいと思います。

後悔よりも「修正点」を見出す

私たちが未来に進むときにネックになるのが、記憶と同時にわいてくる「感情」です。過去の記憶はただの記憶にすぎませんが、そこに悲しみや苦しみ、怒りや後悔といった感情が乗っかるため、必要以上に囚われてしまうんです。

こうした場合は、過去について後悔をしたりネガティブな感情を感じた瞬間に、「本当はどうしたらよかった?」と自分に尋ねてみましょう

過去、できなかったことも、実際にはこれから変えていくことができますし、同じような場面に遭遇したとしても、自分が対応を変えれば、良い結果へと変えることができます。「もっと意見を言うべき」「もっと冷静な選択をすべき」「もっと素直になるべき」など、過去の全てを未来への学びに変えていきましょう。

明るい未来をイメージする

過去、どうしようもない事情があって手放さざるを得なかったものがある......。恋愛でも仕事でも「あのとき、もっとこうだったら」という気持ちは、多かれ少なかれ誰でも持っているものです。

しかし、後悔するということは「過去のことが最善で、それ以上のものはない」と自分で未来を捨ててしまっているのと同じこと。過去の経験から学び、人間的に成長したからには最善の未来が訪れてもいいはずです。

過去は終わってしまったと同時に、未熟な自分だったからこそ得られなかった。でも、今成長した自分には、もっと素晴らしいものを得るだけの価値がある。こんなふうに、自己価値をしっかり感じてセルフイメージを高めてみましょう。

過去ではなく「今」に意識を向ける

私たちの心(脳)は、ポジティブな感情よりもネガティブな感情を感じやすい作りになっています。ネガティブな感情を感じるときの脳内物質が強いため、麻薬を打っているときのような「自分では止められないバッドトリップ」状態になってしまうのです。

こんなときは、あえて過去ではなく「今」に意識向けるということを訓練してみてください。過去に失った人よりも、今、自分に優しくしてくれている人がいる。できなかったことよりも、今、自分にはできることがある。失敗したことばかりではなく、達成してきたこともたくさんある。

このとき、自分を褒めてあげたり、労ってあげたり、ご褒美をあげたりなど、喜びを感じられる行動とセットにするとより効果的です。意図的に意識を今に向けることで、脳はバッドトリップを終わらせ、過去ではなく未来のことを考えられるようになっていきます。

つらかった過去はもう終わりにして、これからのことを考え、もっともっと自分を幸せにしてあげていい。人生を笑って過ごすことも、悲しみながら過ごすことも、すべて選択です。少しだけ自分の意識(脳)の使い方を変えてあげて、明るい未来をつかんでみてください。

image via Shutterstock

>>過去の「30代からのやさしい愛のはじめ方」を読む

不安は今日まで。自然と前向きになる考えかた

2016年は、人生史上最高に幸せな私になる

過去は過去。全部リセットしたくなったら

    specialbunner

    Ranking

    1. 痛みがなく気づきにくい「卵巣」の病気3つ。度重なる下痢や便秘は疑って!

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. さつまいも・塩麹・はちみつ。腸内環境を整える食材たっぷりのいもようかん

    4. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    5. 謙遜する? ほめ返す? 女子同士の「ほめ合い合戦」、正しい返事は?

    6. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    7. 「腹筋」で脇腹の肉は取れません! 専門家が教える正しい運動は...

    8. つらいなら休んでいいんです。実は法律で決まっている「生理休暇」の取り方

    9. 10月は乳がん月間。克服した人はどうやって治療に前向きになれた?

    10. ストレス軽減の近道は「先延ばしにしない」。研究で実証!

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    3. まわりにこんな人いませんか? あなたを困らせる「有害な人」の心理と特徴

    4. 「月経カップ」、知っていますか? ナプキンとどちらが使いやすく安全?

    5. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    6. マラソンでしか味わえない衝撃がある。長谷川理恵さんの新たなチャレンジ

    7. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    8. 【クイズ】納豆+◯◯。健康効果アップの組み合わせはどれ?

    9. 一生で排卵されるのは、たった400個。知っておきたい卵巣の話

    10. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    5. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    6. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    7. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    8. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    9. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    10. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた