1. Home
  2. SKIN&HAIR
  3. 頭皮の色・感触知ってる? 10/20は頭髪の日

頭皮の色・感触知ってる? 10/20は頭髪の日

木谷梨子

頭皮の色・感触知ってる? 10/20は頭髪の日

朝起きたとき髪がふわっと立ち上がっていると、心なしか体も軽く感じます。でも、疲れがたまっているときの髪の毛は朝からぱさついていて、頭頂部のかたちが不格好につぶれ、出かけるのも嫌になってしまうほど。

「どうしたら"ふわっと髪"が作れますか?」とたずねると、「hair space GRASS」のオーナー夏井さんは、「キレイな髪は健康な状態の頭皮から育つもの。地肌のコンディションをよくするため、秋のシャンプー法をていねいにしてみて」とアドバイスをくれました。

頭皮の状態でストレスチェック

何十人、何百人ものひとの髪に向き合う美容師さんは、頭皮の色や感触から、私たちが心や体にためているストレスを見抜いているのだそう。

・青白くてやわらかい......血行がよく、健康な頭皮。つやつやの髪が生える土壌ができている。

・赤みがかっていてかたい......頭皮が萎縮して、酸欠状態。心身にストレスがたまっている。

・黄色っぽい。かかとの皮膚を思わせる感触......さらに深刻。角質がかたくなり、酸素や栄養素が行き渡っていない。

こうしたコンディションを確かめながら頭皮のコリをほぐし、血のめぐりを改善してくれるのが、美容室のシャンプーなのです。

地肌が息を吹き返すと毛髪が根元から立ち上がるそうで、私が「髪がふわっとしてるな」と感じるのは、どうやらその状態のよう。一方で、髪が寝てしまい頭の形がべったり平らに見えるときの私は、なんと「頭皮がうっ血している」状態なのだとか。何だか怖い......。そこまでかたまってしまう前に、もっと自分を大事にしなければと思いました。

「より深刻なケースだと、1回の施術で劇的には変わりません。だから、毎日のシャンプーを正しい方法で行うことが大事なのです」と夏井さんは話してくれました。

シャンプーはリラクゼーションの時間

正しいシャンプーの仕方は、

・髪を洗うのではなく、地肌をマッサージするという感覚で。

・シャンプーは2回。1回目は汚れをざっと落とし、2回目はじっくり、頭皮を動かすことを意識しながら。ただし軽い力で。

その後のコンディショナーやトリートメントは、

・シャンプーとは逆で、地肌を避けること。頭皮につけると毛穴がつまって、べたつきやニオイのもとに。

・毛先にしっかりなじませて、5分から10分程度置く。

「シャンプーはリラックスタイム。急がずゆっくり、自分を解放する時間です」と、夏井さん。ストレスで縮こまり、かたくなった頭皮をもみほぐすのがシャンプーの目的です。それを考えると、「正しいやりかた」にこだわるあまり肩に力が入ってしまっては、ちょっと違うのかもしれません。よりリラックスした状態でシャンプーできるのが理想です。

秋は、美髪作りにうってつけの季節

夏は、髪や頭皮が紫外線によるダメージを受けやすい季節。そして来る冬は、エアコンの影響で髪が乾燥しやすくなります。秋こそが、ダメージからの回復を図り、いい髪を育てられる時期です。

女性は、髪のコンディションに満足していると自分自身に対しても自信をもてる生き物。私自身も、髪がふわっと立っている日は気持ちに余裕を持って過ごせているし、髪がぺたんと寝てしまった日は憂うつで、人に優しくできていないような気がします。この秋は正しいシャンプー習慣を身につけて、"ふわっと髪"を生やす土台を作ろうと思いました。

image via Shutterstock

(木谷梨子)

    specialbunner

    Ranking

    1. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    2. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    5. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    6. 食中毒だけじゃない!ブドウ球菌が引き起こす感染症に注意

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. シワなし収納。コートやジャケットはハンガーに掛けたまま「吊るして圧縮」

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 100%植物性、JAS認証100%オーガニックのプロテインパウダー【プレゼント】

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    3. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    4. 運動・食事、少しの工夫で「やせ体質」に。生活改善ダイエット

    5. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    6. ストレッチで脚はどこまで開く? 180度できる人が続けていること

    7. 風邪だけじゃない「扁桃腺が腫れる原因」4つ。口臭がきつくなってない?

    8. ランニングをとことん楽しみたい方へ。雲の上を走っているような感覚、味わってみない?

    9. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    10. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    10. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析