1. Home
  2. SKIN&HAIR
  3. 5歳のスーパーヘアスタイリスト。その素直な情熱に学ぶ

5歳のスーパーヘアスタイリスト。その素直な情熱に学ぶ

キュンメルめぐみ

5歳のスーパーヘアスタイリスト。その素直な情熱に学ぶ

5歳の女の子、マグノリアヘアスタイリストだというお母さんの仕事現場を一緒に見てまわるうちに、すっかりその魅力に取りつかれてしまい、見よう見まねでヘアスタイリングを始めました。すると今や、インスタグラムで大スターになるほど。彼女の作品はプロのヘアスタイリストも舌を巻いてしまうほど美しく、かつ創造力に溢れたものばかりです。

すべてに対して学ぶ姿勢は情熱があるから

その器用な指使いと、夢中になって練習するまなざし。よっぽどヘアスタイルが大好きで、とことん追求しないと気がすまないのでしょう。まだ就学前の子どもだというのに、彼女の顔には「アーティスト」の表情が。彼女のお母さんが運転する移動用のミニバンの中でマネキン相手に奮闘することも、彼女にとっては「遊び」という名の創造であり、「努力」とは呼ばないもの。今や母親以上の人気者になったマグノリアは、お友だちのヘアアレンジをしてあげたり、自分自身のヘアスタイルも行い、写真をアップしています。

ポニーテールをカール、ピンでとめて散らしたら「フォーマル・カーリー・バンズ」に。

ダンス・リサイタル用のゴージャスヘアは、大きめのロッドで巻いたカールで。

お母さんの出版した本「みつ編みとアップ髪集」から。

「エルザ風の三つ編み」だったらオフィス用にもオフ用にもいいね。

マグノリアの初のチュートリアル動画。たくさんのフォロワーが釘付けになりました。

心が素直だと実相がわかる、もっと成長する

素直な心、謙虚な心があると、人はどんな分野においてもたくさんのことを吸収・成長するのが早いと感じます。さまざまな見方・考え方を吟味、試行錯誤して、自分のスタイルを確立してゆくもの。マグノリアが得意とするのは三つ編み、それも「Pancaking(パンケーキのように三つ編みを平たく大きく、ボリュームあるように見せるテクニック)」だそうで、日々腕を磨いている様子。最近では地元開催の子どもファッションショーに仕事を依頼され、とても喜んでいるのだとか。彼女のこれからの活躍が、とても楽しみです。

image via shutterstock

    specialbunner

    Ranking

    1. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    2. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    5. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    6. 食中毒だけじゃない!ブドウ球菌が引き起こす感染症に注意

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. シワなし収納。コートやジャケットはハンガーに掛けたまま「吊るして圧縮」

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 100%植物性、JAS認証100%オーガニックのプロテインパウダー【プレゼント】

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    3. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    4. 運動・食事、少しの工夫で「やせ体質」に。生活改善ダイエット

    5. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    6. ストレッチで脚はどこまで開く? 180度できる人が続けていること

    7. 風邪だけじゃない「扁桃腺が腫れる原因」4つ。口臭がきつくなってない?

    8. ランニングをとことん楽しみたい方へ。雲の上を走っているような感覚、味わってみない?

    9. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    10. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    10. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析