1. Home
  2. BEAUTY
  3. 5歳のスーパーヘアスタイリスト。その素直な情熱に学ぶ

5歳のスーパーヘアスタイリスト。その素直な情熱に学ぶ

キュンメルめぐみ

5歳のスーパーヘアスタイリスト。その素直な情熱に学ぶ

5歳の女の子、マグノリアヘアスタイリストだというお母さんの仕事現場を一緒に見てまわるうちに、すっかりその魅力に取りつかれてしまい、見よう見まねでヘアスタイリングを始めました。すると今や、インスタグラムで大スターになるほど。彼女の作品はプロのヘアスタイリストも舌を巻いてしまうほど美しく、かつ創造力に溢れたものばかりです。

すべてに対して学ぶ姿勢は情熱があるから

その器用な指使いと、夢中になって練習するまなざし。よっぽどヘアスタイルが大好きで、とことん追求しないと気がすまないのでしょう。まだ就学前の子どもだというのに、彼女の顔には「アーティスト」の表情が。彼女のお母さんが運転する移動用のミニバンの中でマネキン相手に奮闘することも、彼女にとっては「遊び」という名の創造であり、「努力」とは呼ばないもの。今や母親以上の人気者になったマグノリアは、お友だちのヘアアレンジをしてあげたり、自分自身のヘアスタイルも行い、写真をアップしています。

ポニーテールをカール、ピンでとめて散らしたら「フォーマル・カーリー・バンズ」に。

ダンス・リサイタル用のゴージャスヘアは、大きめのロッドで巻いたカールで。

お母さんの出版した本「みつ編みとアップ髪集」から。

「エルザ風の三つ編み」だったらオフィス用にもオフ用にもいいね。

マグノリアの初のチュートリアル動画。たくさんのフォロワーが釘付けになりました。

心が素直だと実相がわかる、もっと成長する

素直な心、謙虚な心があると、人はどんな分野においてもたくさんのことを吸収・成長するのが早いと感じます。さまざまな見方・考え方を吟味、試行錯誤して、自分のスタイルを確立してゆくもの。マグノリアが得意とするのは三つ編み、それも「Pancaking(パンケーキのように三つ編みを平たく大きく、ボリュームあるように見せるテクニック)」だそうで、日々腕を磨いている様子。最近では地元開催の子どもファッションショーに仕事を依頼され、とても喜んでいるのだとか。彼女のこれからの活躍が、とても楽しみです。

image via shutterstock

    Ranking

    1. 股関節にしっかり効くストレッチ。歩く、走るがスムーズに

    2. お胸に極上の開放感。なのに、揺れない垂れない「ナイトブラ」3選

    3. わが家の「漬け丼」。疲れて作りたくないときのおいしい救世主

    4. パリ、青葉台、そして秋谷へ。夫妻の思い出がつまったインテリア/こぐれひでこさんの住まい[後編]

    5. わが家の「いつものあれ」。名もないおかず「鶏肉と大根を煮たもの」

    6. 幸せになるスケジュールアプリの使い方。「予定」を入れるだけでは足りません

    7. 【早めに大掃除】驚くほど汚いかも!? 「忘れがちな場所」をピカピカにして気分爽快

    8. 脳トレよりも「1日1杯のスープ」を。脳に栄養を与え、頭の回転を良くするには

    9. ごはん日記の素材たち。まず好きな食材を買って、メニューはあとから考える/こぐれひでこさん[後編]

    10. ランニングで社会にいいことができちゃう。「プロギング」と、新アプリ「ノルク」を体験してきた

    1. 股関節にしっかり効くストレッチ。歩く、走るがスムーズに

    2. 【早めに大掃除】驚くほど汚いかも!? 「忘れがちな場所」をピカピカにして気分爽快

    3. わが家の「漬け丼」。疲れて作りたくないときのおいしい救世主

    4. ランニングで社会にいいことができちゃう。「プロギング」と、新アプリ「ノルク」を体験してきた

    5. 幸せになるスケジュールアプリの使い方。「予定」を入れるだけでは足りません

    6. お胸に極上の開放感。なのに、揺れない垂れない「ナイトブラ」3選

    7. わが家の「いつものあれ」。名もないおかず「鶏肉と大根を煮たもの」

    8. 寒い季節こそ代謝アップのHIITを。体ポカポカ、脂肪燃焼効果も続く

    9. 「玄米菜食」が体に合わない人もいます。体に冷えを感じたらしたいこと

    10. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    1. 股関節にしっかり効くストレッチ。歩く、走るがスムーズに

    2. 有元葉子さんの「カルボナーラ」の作り方。生クリームいらずで失敗しらず

    3. 足先が冷える人は試して。すねの筋肉「前脛骨筋」を伸ばして毛細血管の血流アップ

    4. 残ったごはんも美味しくいただく、5つの白米アレンジメニュー

    5. 「玄米菜食」が体に合わない人もいます。体に冷えを感じたらしたいこと

    6. 【早めに大掃除】驚くほど汚いかも!? 「忘れがちな場所」をピカピカにして気分爽快

    7. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    8. わが家の「漬け丼」。疲れて作りたくないときのおいしい救世主

    9. うちの肉じゃがは煮込み時間15分。わが家の定番おかずの話

    10. 里芋の「ぬめり」は落とす? 落とさない? 栄養効率を高める食べ方

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎月1日と15日に更新!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら