1. Home
  2. EAT
  3. 栗粉でつくるナッツたっぷりトルタ、カスタニャッチョ【南イタリア美人レシピ】

栗粉でつくるナッツたっぷりトルタ、カスタニャッチョ【南イタリア美人レシピ】

2,840

マッツィテッリ福子

栗粉でつくるナッツたっぷりトルタ、カスタニャッチョ【南イタリア美人レシピ】

栗は、日本人が縄文時代から食べてきた馴染み深い木の実ですが、ヨーロッパでも古くから食べられていたようです。炭水化物とビタミンB群が豊富で効率よくエネルギー補給ができる栗は、寒くなる季節に体力をつけるのにぴったり。加熱しても壊れにくいビタミンCも含むので、免疫力強化にも一役買ってくれる優秀食品です。

秋らしさ満点。素朴で滋味深いトルタ

栗を挽いて粉にしたもので作る、昔ながらのケーキ「カスタニャッチョ」を食べてみたくて調べてみると......、中世から伝わるお菓子だけあって、数百年の時間と土地ごとのアレンジを経て、料理本ごとにかなり異なるレシピが載っていました。それらをいくつも横断して、義母と相談しながら作ってみたのが今回紹介するレシピです。

もとは貧しい庶民のお菓子だったので、シンプルなものだと砂糖なし、卵なし、牛乳さえなく水を使う......と極めて質素。しかし、だからこそ栗そのものの甘み、ナッツやレーズンの滋味深さを味わえるのです。現代の私たちにとっては、むしろ栄養満点のごちそうと言えるかと思います(余計なものが入っていないのもうれしい)。ずっしりと固めに焼き上がる見た目も、秋の実りたっぷりで満足感がある食べごたえも、とっても秋らしいトルタです。

栗粉のトルタ・カスタニャッチョ

20161025_italy2.jpg

【材料】

栗粉 400g

レーズン ひとつかみ(50~80g)

松の実 ひとつかみ(50~80g)

アーモンド(皮なし) ひとつかみ(50~80g)

くるみ ひとつかみ(50~80g)

ローズマリー 1枝

牛乳(または豆乳) 2カップ

冷水 1と1/2カップ

砂糖(またはきび糖) 大さじ2

塩 ひとつまみ

ベーキングパウダー 小さじ2~3

(低温圧搾のゴマ油など)軽い植物油 大さじ2

無塩バター 10~15g

20161025_italy3.jpg

【作り方】

1. レーズンは分量外の水に10分ほどつけて戻し、かるく洗って水気を切っておく。アーモンドと松の実はフライパンで乾煎りして香りを引き出し、くるみは食べやすいように刻んでおく。ローズマリーは枝から葉を外す。

2. 栗粉をふるってボウルに入れ、砂糖、塩、ベーキングパウダーを入れて混ぜる。ここに牛乳と水を少しずつ加えながら、こねるように混ぜていく。

3. さらにレーズン、松の実、アーモンド、くるみ、ローズマリー、植物油を加えてよく混ぜ合わせる。

4. タルト皿に油(分量外)を薄く塗り、3を敷き広げ、その上に細かく削ったバターを全体に散らす。お好みで松の実やアーモンド(分量外)を飾る。ローズマリーは焦げてしまうので、飾るなら焼き上がったあとで。

20161025_italy4.jpg

5. 180℃のオーブンで約30分、表面に焼き色がつくまで焼く。

栗粉は、渋皮を含まない甘いものを使います。それでもかなり甘さ控えめのレシピなので、お好みで砂糖やレーズンを増やしたり、上から粉糖をかけたりして調整してみてください。

<<その他の【南イタリア美人レシピ】を読む

しっとりふわふわ、鶏むね肉のレモン風味ソテー

カラブリア産サルシッチャとかぼちゃのリゾット

トマトとアンチョビが引き立てる、さんまのスパゲッティ

    Ranking

    1. 【更年期まとめ】これからの人にも真っ最中の人にも知ってほしい知識&対処法

    2. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    3. 高タンパク低脂質な鶏むね肉には「抗疲労効果」も。1週間、使い回し献立

    4. 「ベアーズ式」テクニックで、掃除はもっと楽しくラクになる

    5. 超優秀フェイスマスク5選。早くも始まった乾燥を水分補給で食い止める

    6. その疲労感、「鉄分不足」かも? 冷蔵庫に「ひよこ豆ときのこのフムス」を常備して

    7. 女性は更年期のあとが楽しいって知ってた? 「バラ色の時間」を迎えるために今やっておきたいこと

    8. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    9. のんびりしたい休日ランチに。パパっと作れる「うどん」レシピ5選

    10. 更年期の症状に効く漢方薬は、どれ?

    1. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    2. 高タンパク低脂質な鶏むね肉には「抗疲労効果」も。1週間、使い回し献立

    3. 【更年期まとめ】これからの人にも真っ最中の人にも知ってほしい知識&対処法

    4. 起き上がる前に20秒。血行を促す「お目覚めストレッチ」

    5. 料理が苦手だった和田明日香さん。たどりついた家族の味「地味ごはん」を紹介

    6. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    7. その疲労感、「鉄分不足」かも? 冷蔵庫に「ひよこ豆ときのこのフムス」を常備して

    8. 言霊って本当にあるの? 公認心理士に聞いてみた

    9. 超優秀フェイスマスク5選。早くも始まった乾燥を水分補給で食い止める

    10. 眠る前の習慣に。簡単「骨盤バランス・ストレッチ」で歪みをリセット

    1. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    2. 料理が苦手だった和田明日香さん。たどりついた家族の味「地味ごはん」を紹介

    3. 高タンパク低脂質な鶏むね肉には「抗疲労効果」も。1週間、使い回し献立

    4. まずは10回からでOK。鍛えにくい下腹部にアプローチして「ぽっこりおなか」を撃退

    5. 【更年期まとめ】これからの人にも真っ最中の人にも知ってほしい知識&対処法

    6. 起き上がる前に20秒。血行を促す「お目覚めストレッチ」

    7. 【クイズ】刺身と焼き魚、胃にやさしいのはどっち?

    8. 認知症予防は40代から。今日からできる5つの対策

    9. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    10. どんな人が「若年性乳がん」になりやすい? 乳がん検診から告知後までを総ざらい

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎月1日と15日に更新!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら