1. Home
  2. EAT
  3. 栗粉でつくるナッツたっぷりトルタ、カスタニャッチョ【南イタリア美人レシピ】

栗粉でつくるナッツたっぷりトルタ、カスタニャッチョ【南イタリア美人レシピ】

1,766

マッツィテッリ福子

栗粉でつくるナッツたっぷりトルタ、カスタニャッチョ【南イタリア美人レシピ】

栗は、日本人が縄文時代から食べてきた馴染み深い木の実ですが、ヨーロッパでも古くから食べられていたようです。炭水化物とビタミンB群が豊富で効率よくエネルギー補給ができる栗は、寒くなる季節に体力をつけるのにぴったり。加熱しても壊れにくいビタミンCも含むので、免疫力強化にも一役買ってくれる優秀食品です。

秋らしさ満点。素朴で滋味深いトルタ

栗を挽いて粉にしたもので作る、昔ながらのケーキ「カスタニャッチョ」を食べてみたくて調べてみると......、中世から伝わるお菓子だけあって、数百年の時間と土地ごとのアレンジを経て、料理本ごとにかなり異なるレシピが載っていました。それらをいくつも横断して、義母と相談しながら作ってみたのが今回紹介するレシピです。

もとは貧しい庶民のお菓子だったので、シンプルなものだと砂糖なし、卵なし、牛乳さえなく水を使う......と極めて質素。しかし、だからこそ栗そのものの甘み、ナッツやレーズンの滋味深さを味わえるのです。現代の私たちにとっては、むしろ栄養満点のごちそうと言えるかと思います(余計なものが入っていないのもうれしい)。ずっしりと固めに焼き上がる見た目も、秋の実りたっぷりで満足感がある食べごたえも、とっても秋らしいトルタです。

栗粉のトルタ・カスタニャッチョ

20161025_italy2.jpg

【材料】

栗粉 400g

レーズン ひとつかみ(50~80g)

松の実 ひとつかみ(50~80g)

アーモンド(皮なし) ひとつかみ(50~80g)

くるみ ひとつかみ(50~80g)

ローズマリー 1枝

牛乳(または豆乳) 2カップ

冷水 1と1/2カップ

砂糖(またはきび糖) 大さじ2

塩 ひとつまみ

ベーキングパウダー 小さじ2~3

(低温圧搾のゴマ油など)軽い植物油 大さじ2

無塩バター 10~15g

20161025_italy3.jpg

【作り方】

1. レーズンは分量外の水に10分ほどつけて戻し、かるく洗って水気を切っておく。アーモンドと松の実はフライパンで乾煎りして香りを引き出し、くるみは食べやすいように刻んでおく。ローズマリーは枝から葉を外す。

2. 栗粉をふるってボウルに入れ、砂糖、塩、ベーキングパウダーを入れて混ぜる。ここに牛乳と水を少しずつ加えながら、こねるように混ぜていく。

3. さらにレーズン、松の実、アーモンド、くるみ、ローズマリー、植物油を加えてよく混ぜ合わせる。

4. タルト皿に油(分量外)を薄く塗り、3を敷き広げ、その上に細かく削ったバターを全体に散らす。お好みで松の実やアーモンド(分量外)を飾る。ローズマリーは焦げてしまうので、飾るなら焼き上がったあとで。

20161025_italy4.jpg

5. 180℃のオーブンで約30分、表面に焼き色がつくまで焼く。

栗粉は、渋皮を含まない甘いものを使います。それでもかなり甘さ控えめのレシピなので、お好みで砂糖やレーズンを増やしたり、上から粉糖をかけたりして調整してみてください。

<<その他の【南イタリア美人レシピ】を読む

しっとりふわふわ、鶏むね肉のレモン風味ソテー

カラブリア産サルシッチャとかぼちゃのリゾット

トマトとアンチョビが引き立てる、さんまのスパゲッティ

    specialbunner

    Ranking

    1. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    4. 抜け毛、白髪などエイジングの悩みに。美容のプロおすすめのヘアケア

    5. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    6. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    7. 「ひざの腫れ」に隠された5つの原因。痛くて歩けないのは虫のせいかも

    8. セックス博士に聞きました!「女性は一晩で何回イケますか?」

    9. 科学が実証。女性特有の不調を整える3つの方法

    10. ちょっと待って! トマトは「やさい麹」にすれば最強の発酵食になる

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 生理で出るレバー状の血の塊の正体は? 放っておいて大丈夫?

    3. 生理用ナプキンができるまで、女性はどうやって経血処置をしていたの?

    4. まわりにこんな人いませんか? あなたを困らせる「有害な人」の心理と特徴

    5. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    6. 「月経カップ」、知っていますか? ナプキンとどちらが使いやすく安全?

    7. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    8. マラソンでしか味わえない衝撃がある。長谷川理恵さんの新たなチャレンジ

    9. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    10. 【クイズ】納豆+◯◯。健康効果アップの組み合わせはどれ?

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    5. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    6. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    7. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    8. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    9. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    10. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた