1. Home
  2. STYLE
  3. 捨てないで! レモンは皮までこんなに万能使い切りレシピ

捨てないで! レモンは皮までこんなに万能使い切りレシピ

8,415

奥井亜輝

捨てないで! レモンは皮までこんなに万能使い切りレシピ

image via shutterstock

国産レモンが出回る時期になりました。ミントやハーブを添えてレモン水、お酢とはちみつでレモンヴィネガーなどをたっぷり作る方も多いのでは? そんなとき残るのが皮ですが、捨ててしまうとじつはもったいないのです。

レモンの皮には果汁以上の栄養価がある

レモンの皮は、レモン果汁の5〜10倍のビタミンがあります。繊維、カリウム、マグネシウム、カルシウム、葉酸、βカロチンが豊富で、骨粗鬆症やリウマチ予防にも効果があります。

(「healthextremist」より翻訳引用)

意外かもしれませんが、ビタミンを始めとする栄養価はレモンの皮のほうが断然多いのです。それなのに、私たちはレモン果汁だけを利用したり、あえてレモンの皮をむいて使うことが多いもの。それは、ひとえにレモンにかけられた農薬やワックスが怖いから。でも、国産のオーガニックレモンならば、皮までまるごと食べても安心です。

そこで、レモンの皮の活用術を紹介したいと思います。

レモン・オリーブオイルで魚料理が断然おいしくなる

まずは、レモンの皮をオリーブオイルに漬け込んで作る自家製オイル

作り方は簡単です。メイソンジャーに3〜4個のレモンの皮とカップ1杯分のエキストラオリーブオイルを入れるだけ。時々混ぜながら、2週間経ったら殺菌された容器に移し替えて冷蔵庫に保存して使います。

(「HEALTHY PANDA」より翻訳引用)

オリーブオイルにレモンの皮をじっくり漬け込むことで、レモンの風味と爽やかな香りが浸透します。レモンを絞った時とはまた違う自然な味わいで、パスタや肉料理はもちろん、シーフードに使うと絶品です。

レモンヴィネガー・クリーナーは芳香剤にも

とにかく大量のレモンの皮を消費させるなら、こちらの方法がおすすめです。

レモン酢を作る要領で、密封ガラス容器に詰めれるだけレモンの皮を詰めて酢を注ぎます。それを2週間ほど置いておきます。頑固な汚れやホコリには、このクリーナーに水を50:50の割合で混ぜて使ってください。

(「HEALTHY PANDA」より翻訳引用)

レモンの皮には殺菌効果や漂白効果もあるので、クリーナーとして使えるのも納得です。頑固な汚れはもちろん、冷蔵庫の中やレンジの中などさっとひと吹きすれば、さわやかなレモンの香り残る芳香剤としても活用できそう。

もちろん100%ナチュラルの万能クリーナーなので、キッチンやリビング以外にもトイレやお風呂などでも活躍します。

レモンの皮を置いておくだけ虫除け対策

アリや害虫が潜んでいるドアや窓の下枠、隙間や穴に沿ってちいさくスライスしたレモンの皮を置いてみてください。あきらかに虫たちはレモンを好まないので入ってきません。ゴキブリやノミに対しても効果的です。

(「Thank your body」より翻訳引用)

一般家庭はもちろん、ペットやちいさいお子さんのいるご家庭での殺虫剤の使用はかなり抵抗があります。レモンの皮が、アリやノミなどの虫のみならずゴキブリなどの害虫除けにまで効果があるとは驚きです。ただ皮を切って置いておくだけという手軽さも良いですね。早速、気になるところに置いておきたくなります。

いままで捨てていたレモンの皮も、アレンジ次第で主役ばりの活躍です。どれも簡単にできるものばかりなので、ぜひこの機会にレモンの二次活用をしたいですね。

healthextremist,HEALTHY PANDA,Thank your body

    Ranking

    1. 吹き出物だと思っていたら...まさかの「皮膚がん」! 見分け方は?

    2. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    3. 朝起きたときが一番疲れてる...。医師が教える「朝バテ」解消法4つ

    4. ぐっすり眠れるヒントは「食物繊維」にあり?

    5. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    6. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    7. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    8. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    9. 眠れない夜にサヨナラ。すぐに眠れる、とっておきの16の方法

    10. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 健康のために避けたい調味料と保存食品は? 食のプロに聞きました

    4. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. 糖質やカロリーよりも気になる「お菓子とドリンク」の避けるべき成分

    7. ダイエット中のおやつに「飲むヨーグルト」。管理栄養士が飲むコツを伝授

    8. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    9. 吹き出物だと思っていたら...まさかの「皮膚がん」! 見分け方は?

    10. スクワットを制すれば、美尻と美脚が手に入る! 基本の7動作

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 熱中症のサインは? 症状を見逃さないで! 予防と対策5つ

    3. 食の専門家が絶対に食べない9つの食品。マーガリン、全粒粉パンも...

    4. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    5. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    6. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    7. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    8. 目覚めたら手に大ヤケド! 火事でも日焼けでもない、まさかの原因は?

    9. 眠れない夜にサヨナラ。すぐに眠れる、とっておきの16の方法

    10. 健康のために避けたい調味料と保存食品は? 食のプロに聞きました