1. Home
  2. EAT
  3. しっとりふわふわ、鶏むね肉のレモン風味ソテー【南イタリア美人レシピ】

しっとりふわふわ、鶏むね肉のレモン風味ソテー【南イタリア美人レシピ】

3,128

マッツィテッリ福子

しっとりふわふわ、鶏むね肉のレモン風味ソテー【南イタリア美人レシピ】

今回は、低脂肪・高タンパクな鶏むね肉にシチリアンレモンのさわやかな酸味をまとわせた、手軽に作れる鶏肉料理をご紹介。

お肉にうっすらと衣をつけて炒め煮のように調理することで、硬くパサつきがちな鶏むね肉の水分を閉じ込めることができるうえ、レモン果汁が衣にからんでヴェールとなり、中までしっとり、ふわふわの食感に仕上がります。

この衣には、ふつう小麦粉を用いますが、最近わが家ではこれをひよこ豆粉に替えています。南イタリアではわりと一般的に使われる粉で、フォカッチャや揚げ物の衣などに使われます。その名のとおりひよこ豆が原料なので、タンパク質・ビタミン・ミネラルなどの栄養価が高いことと、「グルテンフリー」であることが、うちで採用している理由です。

グルテンフリーで不調が消えた

じつはイタリアに移住して1年が過ぎた頃から、もともと持っているアレルギーが強く出るなど体の不調を感じるように......。そこで試しに一切の小麦粉を絶ってみたところ、すーっと不調が消えたので、それ以来、ごくたまに少量口にする以外はグルテンフリーの食事を続けています。

日本にいたときも小麦粉製品を好きで食べてはいたものの、あくまでベースは米食。それが急に、イタリア人と同じペースで(つまり毎日)パスタやパンを食べるというのは、さすがに体に合わなかったようです。

幸い、イタリアではお米もよく食べられるほか、小麦の代わりに米やトウモロコシ、キヌア、蕎麦などから作られたパスタやクッキーもたくさん売られているので無理なく実践できています。いろんな種類の穀物を摂ることは、グルテンの問題だけでなく栄養バランスの面でも利点があると感じます。

鶏むね肉のレモン風味ソテー(6~7人分)

20161021_italy2.jpg

【材料】

鶏むね肉 4枚

レモン汁(できればシチリア産か国産のもの) 250ml

小麦粉(またはひよこ豆粉) 大さじ6~7

塩 適量

黒コショウ 適量

バター 30g

オリーブオイル 大さじ2~3

ローズマリー(お好みで) 適量

飾り・追加用のレモン(お好みで)

【作り方】

1. 鶏むね肉の血や筋をきれいに取り除いて、食べやすい大きさ(3~4cm程度)に切り分ける。ボウルに入れ、塩とレモン汁100mlを全体にまぶして15分ほど置く。

2. 鶏肉の表面についた水分を布巾やキッチンペーパーでふき取り、小麦粉(またはひよこ豆粉)を全体にまぶす。

3. 大きめのフライパンにバターとオリーブオイルをひいて熱し、2を並べて焼く。片面に焼き色がついて縁が白くなってきたらひっくり返し、塩、黒コショウ、レモン汁150ml、ローズマリー(お好みで)を入れる。裏面も焼き色がついたら、フライパンをゆすって全体をなじませる。お肉の中心まで火が通ったら火からおろす。火を通しすぎると硬くなってしまうので注意しましょう。

4. お好みで追加のレモンを添えて、できあがり。

<<その他の【南イタリア美人レシピ】を読む

カラブリア産サルシッチャとかぼちゃのリゾット

トマトとアンチョビが引き立てる、さんまのスパゲッティ

サクッ、もちっ。手のひらサイズの揚げピッツァ

    specialbunner

    Ranking

    1. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    2. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    3. 飽きがちな筋トレが一気におもしろくなる! 横歩きプランク

    4. 下腹部をガッツリ凹ます、カエルみたいな動きの筋トレ

    5. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    6. 筋トレの王道「プランク」を飽きずに続ける工夫って?

    7. もしかしてアルコール依存症? 飲みすぎをやめたい人におくる5つの話

    8. 家で筋トレ、はじめませんか? Amazonセールで選ぶフィットネス機器5

    9. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    10. プロテイン入りの食品は本当に健康にいいの? 買う前に自問すべき3つの質問

    1. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    2. 研究で判った「太る食べ方」3つ。つまみ食い、ながら食い、そして......

    3. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    4. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    5. 髪がスカスカ? 薄毛をカバーするお助けヘアスタイル5つ

    6. 冬のコーヒータイムに。砂糖・バター不使用のヘルシーレモンチーズケーキ

    7. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    8. 飽きがちな筋トレが一気におもしろくなる! 横歩きプランク

    9. 今年体重が減らなかった人に捧げる「ダイエットの敗因」5つ

    10. 腹凹ませには、プランクよりも「プランク歩き」がいい

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    3. おならが出すぎていませんか?臭いおならは不調のサインかも...

    4. 晩秋の軽井沢で検証! アウトドアブランドではじめるおしゃれの冬支度

    5. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    6. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    7. 「体脂肪」を本気で減らす3か条。減量外来ドクターに聞く

    8. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?

    9. インフルエンザが悪化しやすい人に共通することは?

    10. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?