1. Home
  2. MIND
  3. うれしい偶然をもっと。シンクロニシティが教えてくれること【ごきげんな私を作る】

うれしい偶然をもっと。シンクロニシティが教えてくれること【ごきげんな私を作る】

1,672

二村桜子

うれしい偶然をもっと。シンクロニシティが教えてくれること【ごきげんな私を作る】

「この出来事には何か意味があるのかな?」ふと、そう考えることはありませんか?

たとえば、何年も会ってない古い友人に偶然再会したり、テレビやラジオから今の自分の心境にぴったりの曲が流れてきて驚いたり......。これらの出来事は、シンクロニシティと呼ばれる現象かもしれません。

シンクロニシティが教えてくれるもの

シンクロニシティとは

20世紀を代表する心理学者の一人であるカール・ユングが提唱した「意味のある偶然の一致」という現象。体験者や目撃者にとって重要な意味を持つ出来事を指します。その出来事が自分にとってどんな意味があるのかに注目することで、探していた答えやヒントが見つかったり、気づきや悟りが促されるとも言われています。

現代心理学では、直感を高めて心の声に耳をすますツールとして使われることもあるシンクロニシティ。誰の日常にも起きており、それに気づいて上手に利用している人もいれば、ただの偶然だと片付けてしまう人もいるでしょう。

たとえば、朝食べるもの、その日に着るものや、家を出る時間、通勤路、メールや電話をするタイミング、誰と会ってどこで時間を過ごすのかなど、わたしたちは、たった1日の中でも数え切れないほどの決断をしています。 そんな数ある決断の結果、起こった出来事の中に、もしなにかの偶然が発生したのであれば......それはさまざまなタイミングが重なり合って起きた、注目に値する出来事だと言えます。

物理的な因果関係が説明できない偶然の一致。シンクロニシティは、ときに頭で考えてすぎてしまう傾向があるわたしたちに、「違う角度から物事を見つめてみること」を教えてくれるのです。

何気ない1日に潜むメッセージ

シンクロニシティには、大きなものから小さなものまでさまざまな種類があります。誰かのことを考えていたらその人から電話がかかってきた、というものもあれば、何かに迷っているとき、本屋さんでたまたま手に取った本に自分を決心させてくれる言葉が載っていたなどもいい例でしょう。ほかにも、シンクロニシティはこんな風に見つけて、日常生活に活用していくことができます。

やたらと赤信号にひっかかる日

近道のためにいつもとは違う道を通ってもまた赤信号。普段ならイライラしながら信号待ちするけれど、なぜこの偶然が起きたのかをシンクロニシティの角度から考えてみると、「忙しい思考を休めて少し立ち止まってみて」というメッセージかも、と捉えることができる。

→ イライラするのをやめて、落ち着いて深呼吸をすることで、自分を中心に戻すきっかけとして使うことができる。

懐かしい曲が耳に入ってくる

しばらく会っていない人の顔や、以前住んでいた場所の記憶がよみがえり感情が揺さぶられる。ここにシンクロニシティの考え方を取り入れると、「過去を振り返ってみて」というメッセージ以外にも、感情を揺さぶられる出来事は「自分の心の声に目を向けてみて」というメッセージだと受け取ることができる。

→ 最近、心に栄養をあげていますか? 心で感じる時間を作っていますか? 心にじっくりと浸る時間を作ると、何か新しいことが見えてくるかも。

自分次第でどんどん変化できる

いろいろな偶然のタイミングが重なりあって起きるシンクロニシティは、いわば日常の小さなミラクル。意識していないと見逃してしまうけれど、逆に意識して探すことでどんどん見つけやすくなり、日常にミラクルが増えていきます。

シンクロニシティに気づくことは、自分の経験していることや、いま自分の人生に起きていることに意識を向けている証拠。毎日の小さな出来事にも、いろんなメッセージを見つけることができるのだと気づかせてくれます。自分を見つめ、ていねいに暮らしていくためのツールとして使えば、毎日がもっと面白くなるはずです。

>>「ごきげんな私を作る」記事一覧

30代から、わくわくする理想の自分の描き方

要はバランス感覚。上手に「いい人」でいられるコツ

「幸せになる」と、いま決める

エモーショナル・イーティングに気づき、抜け出す

楽しく走ると心も体もポジティブになれる理由は(sponsored)

Photo by PIXTA

    specialbunner

    Ranking

    1. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    2. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    3. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    4. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    5. 知っておくべき新ジェンダー。「ノンバイナリー」は何を意味する?

    6. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    7. 机や棚の下にくっつけられる「後づけ引き出し」でスッキリ収納

    8. 傷ついた心を癒やす処方箋。深い闇から立ち直るには?

    9. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    10. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    4. ストレッチで脚はどこまで開く? 180度できる人が続けていること

    5. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    6. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    7. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    8. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    9. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    10. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析