1. Home
  2. MIND
  3. 気持ちの声に耳を澄ませると見えてくるものは...

気持ちの声に耳を澄ませると見えてくるものは...

木谷梨子

気持ちの声に耳を澄ませると見えてくるものは...

幼いころから、自分の容姿や性格がとるにたりないもののように思えていた私は、何をするにも自信をもてませんでした。だからこそ、自分自身を受け入れる方法を人一倍知りたがっていたのかもしれません。

そんななか出会ったのが、臨床心理学者パット・パルマーの『自分を好きになる本』(径書房。私は、その本から自己肯定感を高めるためのヒントを受け取りました。

自分の気持ちを確かめる

〈きもち〉は、心の中で、あなたにとっていちばん大切なことを教えてくれる。

〈きもち〉は、なにをするか、なにを言うか、なにが好きか、なにがキライか、あなたが決めるのを助けてくれる。〈きもち〉って、ほんとにいい友だちだ。

(『自分を好きになる本』p.20より引用)

ここを読んではっとしたのは、自分で自分の気持ちがよくわからないまま、過ごしてしまうことがあるから。にこにこ笑って人の話にうなずいて、違う意見など唱えないほうがうまくやっていける......。そんな知恵がついてしまった私は、たびたび自分の気持ちを押し殺してきました。

ところがそれをつづけた結果、感情が動かなくなってきました。本当は何をしたくて何をしたくないのか、私自身の声がきこえなくなってしまったのです。

このままでは自分を受け入れることはむずかしい。そう気づいてから、この本を手がかりに、かなり奥へと引きこもってしまったきもちを、少しずつ確かめ始めました。

ポジティブではない気持ちも認める

なぜ、周りに合わせようとすると、自分の気持ちに耳をふさぐことになってしまうのでしょう。

「楽しい」「うれしい」といったポジティブな気持ちなら表明しやすいのですが、実際の気持ちはふり幅が大きいもの。おびえたり悲しんだり、ときには激しい怒りが湧きあがることも......。そうした強い感情をあらわにしすぎては、周囲に迷惑をかける場合もあるものです。

けれども、おさえこんでばかりいては、気持ちは元気をなくすばかり。前向きだろうと後ろ向きだろうと、自分の状態はあるがままに認める必要があります

気持ちを言葉で説明する

パット・パルマーが教えてくれたのは、負の感情を感じてもいいから表現のしかたを練習すべきだということ。

たしかに、だれかの言葉に傷ついたとき「あなたはひどいことを言うのね」と人の言動をなじるような形をとっては、相手が気分を害してしまうでしょう。同じ内容でも「私は〇〇と言われたとき、つらくなってしまう」のように、自分がどう感じたかにフォーカスしてみると、人を責めることなく思いを表すことができます。大切なのは、ほかのだれかではなく自分の気持ちを説明することなのです。

私はいまも自分の感情や感覚を外にとき放つ練習をつづけています。表に出すことを決めたときから、気持ちの声はだんだん力強くなってきたような気がしています。

[『自分を好きになる本』]

image via Shutterstock

木谷梨子

あわせて読みたい

オノ・ヨーコさんの正直な言葉が刺さる。自分らしい選択のヒント

イラストレーター横峰沙弥香さんが見つけた美のスポット(Sponsored)

続けられる運動がわたしを変える。30代のジム選びに必要な5つのポイント(Sponsored)

    specialbunner

    Ranking

    1. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    4. 抜け毛、白髪などエイジングの悩みに。美容のプロおすすめのヘアケア

    5. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    6. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    7. 「ひざの腫れ」に隠された5つの原因。痛くて歩けないのは虫のせいかも

    8. セックス博士に聞きました!「女性は一晩で何回イケますか?」

    9. 科学が実証。女性特有の不調を整える3つの方法

    10. トレーナーお墨つきの即効性! おなかのたるみがスッキリする、脂肪を落とすエクササイズ8

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 生理で出るレバー状の血の塊の正体は? 放っておいて大丈夫?

    3. 生理用ナプキンができるまで、女性はどうやって経血処置をしていたの?

    4. まわりにこんな人いませんか? あなたを困らせる「有害な人」の心理と特徴

    5. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    6. 「月経カップ」、知っていますか? ナプキンとどちらが使いやすく安全?

    7. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    8. マラソンでしか味わえない衝撃がある。長谷川理恵さんの新たなチャレンジ

    9. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    10. 【クイズ】納豆+◯◯。健康効果アップの組み合わせはどれ?

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    5. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    6. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    7. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    8. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    9. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    10. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた