1. Home
  2. BODY
  3. ヨガと筋トレどっちがいい? 教えて #30代からのからだづくり 【前編】

ヨガと筋トレどっちがいい? 教えて #30代からのからだづくり 【前編】

4,518

松浦松子

ヨガと筋トレどっちがいい? 教えて #30代からのからだづくり 【前編】

いつまでもきれいで、元気で、しなやかであるためには運動が欠かせません。ヨガ、ラン、ジム通いなどを習慣にしている方はもちろん、これから運動を始めたい人にも知ってもらいたい、トレーニングとの向き合い方日々の生活の中に組み込むヒントをプロのトレーナーに教えていただきます。今回は、30代を過ぎて、ますますバランスがとれてきたというフィットネストレーナー田中いずみさんにお話を伺いました。

ヨガ+筋トレでエクササイズがもっと楽しくなる

明るい笑顔とムダのない引き締まったボディが印象的な田中いずみさんは、15年のキャリアを持つフィットネストレーナー。さまざまなエクササイズの指導に携わっています。

――どんなトレーニングを指導しているの?

田中:もともとフィットネスインストラクターとして、エアロビクスやヨガ、トランポリンエクササイズなど、さまざまなグループクラスを中心に行っていました。ここ数年はフィットネストレーナーとして、筋トレやコンディショニングといったトレーニングに特化した指導も精力的に行っています。NIKE契約トレーナーとして多くの女性の指導にあたっていますが、一人でどうやって鍛えたらよいか分からない、ランやゴルフなどの運動はしているけれどトレーニングは初めて、というトレーニング初心者が多くいらっしゃいます。ヨガやストレッチなどの調整系エクササイズの流行を経て、ここ数年はハードトレーニングがブーム「腹筋を割りたいんです!」という女性が増えましたね。トランポリンを使った新しいエクササイズも人気です。

――トレーニング系と調整系はどちらが良い?

田中:トレーニング系と調整系エクササイズは、どちらも違ってどちらもいいところがあります。両方のバランスをとれるといいですね。私自身も有酸素運動や筋トレの中に調整系を組み合わせたことが、からだのケアに繋がっています。すでにヨガをしている方は、筋トレを加えてみる、筋トレをしている方はヨガやピラティスのような調整系の運動を取り入れてみるとからだの変化を実感できるはず。できることが増えて、いつものエクササイズがもっと楽しくなりますよ。

バランスがとれている36歳のいまがベスト

20161017_tanaka1_2.jpg――ずっと運動をしてきた中で、ご自身が感じる変化は?田中:いまは、レッスン中に生徒さんと同じトレーニングをしてからだを動かすほか、信頼できるトレーナーの下でピラティスを行っています。レッスンで行うのと、自分のために行う運動はまったく違うので、メンテナンスのためには欠かせません。

インストラクターとして働き始めた20代の頃は若さが売り。ハードなトレーニングのクラスを受け持つことが多く、1日5時間以上、それを週に5~6日こなしていました。フリーランスなのでがむしゃらに働いて、いま思うと相当無理をしていましたね。さらに自分のトレーニングもしていたので、トレーナーという職業でありながらからだはボロボロでした......。

20代後半からはヨガなどゆったりした動きでからだを整えるエクササイズも取り入れて、しっかりとレッスンで酷使したからだを労わるように心がけました。体力が落ちてきたのを実感したのもこの頃。このままの働き方では続けられないと、仕事との付き合いを見直すきっかけになりました。

仕事のバランスを探りながら過ごし、それまでに積み重ねたキャリアを評価されるようになったのが30代前半。レッスン以外に執筆や監修などの仕事が増え、いいバランスで働けるようになったんです。こころとからだに無理のない36歳のいまが、いちばん、動けています

筋トレ・ストレッチは美容面にメリット大

――素晴らしいですね。これまで運動をしてこなかったのですが、いまから始めても間に合いますか?

田中:もちろん! ぜひ思い立ったらいまから始めましょう。年齢とともに落ちていく筋肉、体力を再びつけることができますよ。私の場合もインストラクターを目指していた20代前半から今まで、体重とスタイルをキープできています。好きなこと以外は何事も継続するのは大変です。しかし、からだは"生きること"に直接関わる必要不可欠な存在。健康に、より美しく生きていくことを目標にしてみるのはどうでしょう?

――ずばり美しくなれるトレーニングは?

女性にトレーニングを薦める理由はたくさんありますが、やせやすく太りにくい、疲れにくいからだになれること。筋トレやストレッチは有酸素運動よりも成長ホルモンの分泌が多いため、筋肉、髪、爪や肌のうるおいを保ち、内面から美しくなれるなど、美容の面でもメリットが大きいのです。

皆さんにトレーニングを続けてもらうことは、私たちトレーナーの最大の課題でもあります。まずは楽しいと思えるトレーニングから取り組みましょう。自分の体重や重力を活用した、自重トレーニングが手軽ですよ。

===

次回は、トレーニングに欠かせない食事のコツや、セルフケアアイテムをうかがいます。

>>後編に続く

お話を聞いた方:田中いずみ(たなかいずみ)さん

フィットネスインストラクター、NIKE 契約トレーナー、ラディカルフィットネスマスタートレーナー。フィットネスクラブ勤務後、フリーランスのインストラクターに。 フィットネスクラブやスタジオなどでトレーニング系から調整系まで幅広い指導を行う。雑誌・DVDの監修やフィットネスモデルとしても活躍。1980年生まれ。 [公式ブログ]

あわせて読みたい

もっと自由に。前向き運動習慣を身につけるヒント:教えて森和世さん【前編】

感情を舵取り。前向き運動習慣を身につけるヒント:教えて森和世さん【後編】

眠る前の時間で「わたし」に戻る(Sponsored)

    specialbunner

    Ranking

    1. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    2. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    3. 家で筋トレ、はじめませんか? Amazonセールで選ぶフィットネス機器5

    4. ぽっこりお腹を撃退! ついでに「姿勢もよくなる」動きって?

    5. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    6. ベッドに溶け込むバターのようになって、10分で寝落ちする方法

    7. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    8. もしかしてアルコール依存症? 飲みすぎをやめたい人におくる5つの話

    9. 運動不足になりがちな冬こそ、コレですっきり! フォームローラー5選

    10. 筋トレの王道「プランク」を飽きずに続ける工夫って?

    1. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    2. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    3. 研究で判った「太る食べ方」3つ。つまみ食い、ながら食い、そして......

    4. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    5. 冬のコーヒータイムに。砂糖・バター不使用のヘルシーレモンチーズケーキ

    6. 飽きがちな筋トレが一気におもしろくなる! 横歩きプランク

    7. 髪がスカスカ? 薄毛をカバーするお助けヘアスタイル5つ

    8. 今年体重が減らなかった人に捧げる「ダイエットの敗因」5つ

    9. 腹凹ませには、プランクよりも「プランク歩き」がいい

    10. 【保存版】インフルエンザ対策! 完全ガイド

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    3. おならが出すぎていませんか?臭いおならは不調のサインかも...

    4. 晩秋の軽井沢で検証! アウトドアブランドではじめるおしゃれの冬支度

    5. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    6. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    7. 「体脂肪」を本気で減らす3か条。減量外来ドクターに聞く

    8. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?

    9. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    10. インフルエンザが悪化しやすい人に共通することは?