1. Home
  2. MIND
  3. トライしてみるノリのよさ 【なぜか人が集まるあの子の秘密】

トライしてみるノリのよさ 【なぜか人が集まるあの子の秘密】

なぜか人が集まるあの子の秘密

TETUYA

トライしてみるノリのよさ 【なぜか人が集まるあの子の秘密】

飛びきり、ルックス、顔がいいわけでもなく、なぜか男女問わず人気がある女性があなたの周りにもいると思う。そんな女性たちを僕は、人並み外れた回数の合コンという戦場の中で観察してきた。今回もその視点から人が集まる子の生態を紹介していく。

コミュニケーションスキルとして重要なもののひとつが、協調性である。「わたし、協調性ないんだよね。フフッ(笑)」とたまに自慢している女性がいるが、それは間違いなくディスアドバンテージ以外のなにものでもない。

28歳 看護師 みなちゃん(仮名)の場合

みなちゃんは、合コンで知り合った看護師チームのひとり。男性陣からすると合コンの対戦相手として、看護師は一種のブランドであり期待が高まるもの。ただ、あまりに期待が高かったせいか(多分、そう思いたい)相手の看護師チームは真面目でかなりおとなしかった。

男性陣チーム: 「合コンとか、よくするの?」看護師チーム: 「いや、あまりしたことないんです」男性陣チーム: 「うそ~。なんで」看護師チーム: 「救命チームだから意外と時間が読めなくて」

ファーストコンタクトの感覚から、確かにこういう場に慣れていない感じは伝わってきた。ただ、ここから2時間、この不穏な出だしから、場を盛り上げることが僕らの使命だ。このままフリートークで回しても盛り上がらないのはわかっていた。そういう場合は、早い段階からコミュニケーションを深める心理テストならぬゲームを出すことが鉄則である。

男性陣チーム: 「じゃあ、合コンだからちょっと診断テストみたいなものやらない?」女性陣チーム: 「え~どんなのですか?」

とネガティブな反応が現れた瞬間、

みなちゃん:「どういうゲームがわからないけど、せっかくなんでやってみたーい」

僕らはこの言葉に救われた。この発言でみなちゃんの評価は鰻登りに。

観察結果「協調性=トライする気持ちが大事」

みなちゃんの魅力は、この協調性というノリのよさである。コミュニケーションスキルとしてもかなり重要だ。ゲームの内容はよくわからないが、何か楽しそうだからやってみたいというポジティブな気持ちは、男性陣としても素直に嬉しい。みなちゃんが言った「せっかくなんで」という言葉の裏には、この機会をなくしたら次はないかもを匂わせる発言は、男性の狩猟本能を刺激するのだ。

ノリがよい=つきあいがよいことにもつながってくる。僕の周りの男性でも、つきあいのいい奴は女性からもモテるし、男友達も多い。

協調性がないと自覚している人でも自分を変えたいなら、まずはトライする気持ちを持って欲しい。そして、タイプじゃない男性に食事に誘われたら、まずは行ってみる姿勢を見せて欲しい。特に得るものがなかったとしても行ったことによって、1人の男性サンプルを取得したとポジティブに考えて欲しい。決して時間が無駄とかネガティブに考えることは止めることである。

(イラスト・たなかみさき)

>>【なぜか人が集まるあの子の秘密】をもっと読む

#2 まず自分のことをさらけ出す

#1 記憶に残るこころ配り

    specialbunner

    Ranking

    1. 痛みがなく気づきにくい「卵巣」の病気3つ。度重なる下痢や便秘は疑って!

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. さつまいも・塩麹・はちみつ。腸内環境を整える食材たっぷりのいもようかん

    4. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    5. 謙遜する? ほめ返す? 女子同士の「ほめ合い合戦」、正しい返事は?

    6. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    7. 「腹筋」で脇腹の肉は取れません! 専門家が教える正しい運動は...

    8. つらいなら休んでいいんです。実は法律で決まっている「生理休暇」の取り方

    9. 10月は乳がん月間。克服した人はどうやって治療に前向きになれた?

    10. ストレス軽減の近道は「先延ばしにしない」。研究で実証!

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    3. まわりにこんな人いませんか? あなたを困らせる「有害な人」の心理と特徴

    4. 「月経カップ」、知っていますか? ナプキンとどちらが使いやすく安全?

    5. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    6. マラソンでしか味わえない衝撃がある。長谷川理恵さんの新たなチャレンジ

    7. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    8. 【クイズ】納豆+◯◯。健康効果アップの組み合わせはどれ?

    9. 一生で排卵されるのは、たった400個。知っておきたい卵巣の話

    10. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    5. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    6. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    7. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    8. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    9. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    10. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた