1. Home
  2. SKIN&HAIR
  3. 手荒れ、肩こり、ムズムズ解消。お守りバームで季節の変わり目もごきげんに

手荒れ、肩こり、ムズムズ解消。お守りバームで季節の変わり目もごきげんに

片岡理森

手荒れ、肩こり、ムズムズ解消。お守りバームで季節の変わり目もごきげんに

ハーバルバーム(全3種) 各10g / 各1,728円(税込)※画像は「ディープ モイスチュアバーム」

季節の変わり目のどや鼻がムズムズしたり、もう少し涼しくなると指先がカサカサしたり。気候とともに、肌の状態も変わっていくのを感じます。そんななか、気になる部分をハーブの力で整えてくれる商品が発売されます。

ナチュラルなもので、毎日のケアを

それは、ニールズヤード レメディーズから2016年10月1日(土)より発売されるミニサイズのハーバルバーム(全3種)。ヨーロッパだけでなく、アーユルヴェーダや漢方などの伝承医学でも知られるメディシナルハーブ(薬用効果をもつ植物)を使用しています。オーガニックミツロウをベースにした固形オイルで、オイル漏れを気にせず、持ち運びも便利。

160930_nealsyard_01.jpg
ハーバルバーム(全3種) 各10g / 各1,728円(税込)※画像は「ディープ モイスチュアバーム」

お悩みに合わせてハーブを配合

3種のハーバルバームには、それぞれお悩みに合わせたハーブが配合されているのがポイントです。

◎てごわい手荒れには「ディープ モイスチュアバーム」

カレンデュラツボクサエキス配合。肌荒れ・乾燥を防ぎ、肌を柔らかく整えます。乾燥でヒリヒリする肌や唇にも。フランキンセンス、パチョリ、イモーテルのハーバルな香り

◎こりかたまった首・肩・腰には「ショルダーリリーフ サルブ」

アルニカローズマリー配合。めぐりを整え、健やかな状態に整えます。気になる肩・腰にすり込むようになじませます。子どもがぶつけた時にも使えるそうです。ローズマリー、ジンジャー、ラベンダーのスパイシーで温かみのある香り

◎鼻や喉が気になるときは「ユーカリバーム」

鼻や喉がムズムズした時に鼻の下、首・胸元、指先に塗り込みます。ユーカリ、ティートリーなどの清涼感のあるスッとした爽やかな香り

また、好きなバームを2つ選べるセットには、ポーチが付いてくるそうです。プレゼントにもちょうどいいですね。

160930_nealsyard_02.jpg
オリジナルフラットポーチ付き ミニハーバルバーム 選べる2個セット / 3,456円(税込)

かわいらしいサイズですが、中身は頼りになるハーブの力がたっぷり。心強い味方をポケットやメイクポーチにしのばせておけば、安心してこれからの季節も楽しめそうです。

ニールズヤード レメディーズ

あわせて読みたい

昔ながらの固形石けんが一番ホッとするわけは自分の肌を知り高める。横峰沙弥香さんが見つけた美のスポット(Sponsored)笑うって楽しい。笑顔をより幸せそうに見せてくれる「つや玉」(Sponsored)

    specialbunner

    Ranking

    1. 「卵巣がん」になりやすい人の5つの特徴。出産経験の有無は関係あるの?

    2. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    3. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    4. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    5. 何度もイケる体になるには? セックス博士が4つのテクを教えます

    6. 放っておくと本当にまずい。「卵巣がん」の地味なサインとその怖さ

    7. 生理予定日はコントロールできる?生理について7つの疑問

    8. ポーチにもぴったり! 収納力抜群な撥水ペンケースで身軽にお出かけ

    9. ママ友との付き合いでは「女」度を下げるのが得策? その理由とは

    10. 科学が実証。女性特有の不調を整える3つの方法

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    3. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    4. 「卵巣がん」になりやすい人の5つの特徴。出産経験の有無は関係あるの?

    5. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    6. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    7. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    8. 放っておくと本当にまずい。「卵巣がん」の地味なサインとその怖さ

    9. 何十年も熟睡できなかった男性が行き着いた、究極の快眠方法とは?

    10. 閉経したら卵巣はどうなる? 卵子はいくつあるの? 卵巣のキホン

    1. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    4. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    5. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    6. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    7. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた

    8. 体の背面の全筋肉群を一気に鍛える! 5つの背中エクササイズ

    9. 長引く咳は風邪じゃないかも。「がん」と診断された女性の実体験

    10. 成果の出る正しいスクワット法。足や太もも、部位別にレクチャー