1. Home
  2. MIND
  3. 10月はブラックムーン。月星座別 ・新月のボディケア【月のリズムで暮らすヒント】

10月はブラックムーン。月星座別 ・新月のボディケア【月のリズムで暮らすヒント】

松浦松子

10月はブラックムーン。月星座別 ・新月のボディケア【月のリズムで暮らすヒント】

約29.5日で繰り返す月の満ち欠けは人間や動植物のリズムと深い関係があります。今回は、月が12星座のどの星座で新月を迎えるかに注目しました。

月は一ヵ月ずつかけて12星座を移動し、わたしたちは月が位置する星座から影響を受けています。12星座にはそれぞれ人間のからだと対応する支配部位があり、月が位置する星座の日には、その部位のケアが効果的になると言われています。

月の星座に支配されているからだの部分や器官のために行う手当はすべて、その星座の日には普段の倍の効果があるーーただし、手術は除く

(『月の癒し』(飛鳥新社)142ページより引用)

12星座の支配部位・器官は、頭から牡羊座、牡牛座、双子座......と順に下がっていき、くるぶしより下が魚座です。新月の日には月星座をチェックし、対応する支配部位のケアを行いましょう。

月の星座が支配するからだの部位

牡牛座 頭、目、鼻

牡羊座 顎から首(歯、耳、喉頭、言語器官、うなじ、甲状腺)

双子座 肩、腕、手

蟹座 肺から胆のう

獅子座 血液循環、心臓

乙女座 消化器官(大腸、小腸、脾臓、膵臓)

天秤座 腰、腎臓、膀胱

蠍座 生殖器、尿路

射手座 大腿

山羊座 膝、皮膚、骨

水瓶座 下腿(膝から足首まで)

魚座 足(くるぶしから下)

(『月の癒し』(飛鳥新社)より引用)

2016年の10月は、1日と31日に新月を迎えます。これは「ブラックムーン」と呼ばれる、新月がひと月に2回起こるめずらしい現象です。それぞれの月星座、支配部位、おすすめのケアはこちら。

10月1日 天秤座の新月におすすめのボディケア

天秤座の支配部位:腰、腎臓、膀胱

・水をたくさん飲む

・腹巻などで腰まわりを温める

・骨盤まわりのマッサージ、整体、ボディワークを行う

10月31日 蠍座の新月におすすめのボディケア

蠍座の支配部位:生殖器、尿路

・月経トラブルや妊活に効果的なハーブティーを飲む

・腹巻などで腰まわりを温める

・ハーブや精油を使った腰湯、足湯をする

新月の日に各パーツのケアを行えば、1年で全身の手当てが完了します。いつも頑張ってくれている自分のからだに意識を向け、いたわる機会にしたいですね。10月の満月は22日です。

[『月の癒し』]

photo by Thinkstock/Getty Images

あわせて読みたい

からだのリズムも楽しみたい。PMSをポジティブに捉える方法まとめ

リラックスタイムを味方に。内外から整えるハーブ&アロマケア

ゆるやかランニングで叶える心地よい自分再発見(Sponsored)

    specialbunner

    Ranking

    1. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    2. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    3. 飽きがちな筋トレが一気におもしろくなる! 横歩きプランク

    4. 下腹部をガッツリ凹ます、カエルみたいな動きの筋トレ

    5. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    6. 筋トレの王道「プランク」を飽きずに続ける工夫って?

    7. もしかしてアルコール依存症? 飲みすぎをやめたい人におくる5つの話

    8. 家で筋トレ、はじめませんか? Amazonセールで選ぶフィットネス機器5

    9. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    10. プロテイン入りの食品は本当に健康にいいの? 買う前に自問すべき3つの質問

    1. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    2. 研究で判った「太る食べ方」3つ。つまみ食い、ながら食い、そして......

    3. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    4. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    5. 髪がスカスカ? 薄毛をカバーするお助けヘアスタイル5つ

    6. 冬のコーヒータイムに。砂糖・バター不使用のヘルシーレモンチーズケーキ

    7. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    8. 飽きがちな筋トレが一気におもしろくなる! 横歩きプランク

    9. 今年体重が減らなかった人に捧げる「ダイエットの敗因」5つ

    10. 腹凹ませには、プランクよりも「プランク歩き」がいい

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    3. おならが出すぎていませんか?臭いおならは不調のサインかも...

    4. 晩秋の軽井沢で検証! アウトドアブランドではじめるおしゃれの冬支度

    5. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    6. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    7. 「体脂肪」を本気で減らす3か条。減量外来ドクターに聞く

    8. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?

    9. インフルエンザが悪化しやすい人に共通することは?

    10. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?