1. Home
  2. MIND
  3. 10月はブラックムーン。月星座別 ・新月のボディケア【月のリズムで暮らすヒント】

10月はブラックムーン。月星座別 ・新月のボディケア【月のリズムで暮らすヒント】

10月はブラックムーン。月星座別 ・新月のボディケア【月のリズムで暮らすヒント】

約29.5日で繰り返す月の満ち欠けは人間や動植物のリズムと深い関係があります。今回は、月が12星座のどの星座で新月を迎えるかに注目しました。

月は一ヵ月ずつかけて12星座を移動し、わたしたちは月が位置する星座から影響を受けています。12星座にはそれぞれ人間のからだと対応する支配部位があり、月が位置する星座の日には、その部位のケアが効果的になると言われています。

月の星座に支配されているからだの部分や器官のために行う手当はすべて、その星座の日には普段の倍の効果があるーーただし、手術は除く

(『月の癒し』(飛鳥新社)142ページより引用)

12星座の支配部位・器官は、頭から牡羊座、牡牛座、双子座......と順に下がっていき、くるぶしより下が魚座です。新月の日には月星座をチェックし、対応する支配部位のケアを行いましょう。

月の星座が支配するからだの部位

牡牛座 頭、目、鼻

牡羊座 顎から首(歯、耳、喉頭、言語器官、うなじ、甲状腺)

双子座 肩、腕、手

蟹座 肺から胆のう

獅子座 血液循環、心臓

乙女座 消化器官(大腸、小腸、脾臓、膵臓)

天秤座 腰、腎臓、膀胱

蠍座 生殖器、尿路

射手座 大腿

山羊座 膝、皮膚、骨

水瓶座 下腿(膝から足首まで)

魚座 足(くるぶしから下)

(『月の癒し』(飛鳥新社)より引用)

2016年の10月は、1日と31日に新月を迎えます。これは「ブラックムーン」と呼ばれる、新月がひと月に2回起こるめずらしい現象です。それぞれの月星座、支配部位、おすすめのケアはこちら。

10月1日 天秤座の新月におすすめのボディケア

天秤座の支配部位:腰、腎臓、膀胱

・水をたくさん飲む

・腹巻などで腰まわりを温める

・骨盤まわりのマッサージ、整体、ボディワークを行う

10月31日 蠍座の新月におすすめのボディケア

蠍座の支配部位:生殖器、尿路

・月経トラブルや妊活に効果的なハーブティーを飲む

・腹巻などで腰まわりを温める

・ハーブや精油を使った腰湯、足湯をする

新月の日に各パーツのケアを行えば、1年で全身の手当てが完了します。いつも頑張ってくれている自分のからだに意識を向け、いたわる機会にしたいですね。10月の満月は22日です。

[『月の癒し』]

photo by Thinkstock/Getty Images

あわせて読みたい

からだのリズムも楽しみたい。PMSをポジティブに捉える方法まとめ

リラックスタイムを味方に。内外から整えるハーブ&アロマケア

ゆるやかランニングで叶える心地よい自分再発見(Sponsored)

松浦松子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 整形外科医8人に聞いた、骨を強くするために毎日実践していること

    2. 心拍数からわかる身体のSOS。その原因は?

    3. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    4. あなたの砂糖中毒度は? クイズ形式でチェック

    5. あとを残さず素肌美人になるためのキズ対処法4つ

    6. 置き換えダイエットをためす前に知っておきたいメリット・デメリット

    7. いま、日本ワインがどんどん美味しくなってるって知ってた?

    8. 好感度が上がる頭皮コンディショニング法

    9. 夏至の日からの過ごし方:変化やチャンスを活かせる自分をはぐくもう

    10. 生理、睡眠、活動量。女性の健康をサポートするスマートウォッチ「Fitbit Versa」が登場!

    1. 牛乳と豆乳、結局どっちを摂るべき? 気になる答えが明らかに

    2. 関節のスペシャリストが「とにかく避けるべき」と話す4つのエクササイズ

    3. 「コーヒーを飲むとがんになる」は本当?

    4. 「5大がん検診」って? 受けるべきがん検診は何だか知っていますか?

    5. 整形外科医8人に聞いた、骨を強くするために毎日実践していること

    6. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    7. あなたの砂糖中毒度は? クイズ形式でチェック

    8. 1週間に7杯を超える飲酒が寿命を縮めるという研究結果

    9. 1日30分のウォーキングで得られる心身への効果

    10. あとを残さず素肌美人になるためのキズ対処法4つ

    1. 心臓によくないと言われる食べ物7つ

    2. 空腹感を満たしたいとき、各国のトップ栄養士が食べている12のおやつ

    3. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    4. 糖尿病のリスクを上げる意外な食習慣

    5. 牛乳と豆乳、結局どっちを摂るべき? 気になる答えが明らかに

    6. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    7. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    8. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    9. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    10. 「果物を食べると太る」は誤解。糖質が怖くなくなるズルイ食べ方

    10月はブラックムーン。月星座別 ・新月のボディケア【月のリズムで暮らすヒント】

    FBからも最新情報をお届けします。