1. Home
  2. MIND
  3. 10月はブラックムーン。月星座別 ・新月のボディケア【月のリズムで暮らすヒント】

10月はブラックムーン。月星座別 ・新月のボディケア【月のリズムで暮らすヒント】

松浦松子

10月はブラックムーン。月星座別 ・新月のボディケア【月のリズムで暮らすヒント】

約29.5日で繰り返す月の満ち欠けは人間や動植物のリズムと深い関係があります。今回は、月が12星座のどの星座で新月を迎えるかに注目しました。

月は一ヵ月ずつかけて12星座を移動し、わたしたちは月が位置する星座から影響を受けています。12星座にはそれぞれ人間のからだと対応する支配部位があり、月が位置する星座の日には、その部位のケアが効果的になると言われています。

月の星座に支配されているからだの部分や器官のために行う手当はすべて、その星座の日には普段の倍の効果があるーーただし、手術は除く

(『月の癒し』(飛鳥新社)142ページより引用)

12星座の支配部位・器官は、頭から牡羊座、牡牛座、双子座......と順に下がっていき、くるぶしより下が魚座です。新月の日には月星座をチェックし、対応する支配部位のケアを行いましょう。

月の星座が支配するからだの部位

牡牛座 頭、目、鼻

牡羊座 顎から首(歯、耳、喉頭、言語器官、うなじ、甲状腺)

双子座 肩、腕、手

蟹座 肺から胆のう

獅子座 血液循環、心臓

乙女座 消化器官(大腸、小腸、脾臓、膵臓)

天秤座 腰、腎臓、膀胱

蠍座 生殖器、尿路

射手座 大腿

山羊座 膝、皮膚、骨

水瓶座 下腿(膝から足首まで)

魚座 足(くるぶしから下)

(『月の癒し』(飛鳥新社)より引用)

2016年の10月は、1日と31日に新月を迎えます。これは「ブラックムーン」と呼ばれる、新月がひと月に2回起こるめずらしい現象です。それぞれの月星座、支配部位、おすすめのケアはこちら。

10月1日 天秤座の新月におすすめのボディケア

天秤座の支配部位:腰、腎臓、膀胱

・水をたくさん飲む

・腹巻などで腰まわりを温める

・骨盤まわりのマッサージ、整体、ボディワークを行う

10月31日 蠍座の新月におすすめのボディケア

蠍座の支配部位:生殖器、尿路

・月経トラブルや妊活に効果的なハーブティーを飲む

・腹巻などで腰まわりを温める

・ハーブや精油を使った腰湯、足湯をする

新月の日に各パーツのケアを行えば、1年で全身の手当てが完了します。いつも頑張ってくれている自分のからだに意識を向け、いたわる機会にしたいですね。10月の満月は22日です。

[『月の癒し』]

photo by Thinkstock/Getty Images

あわせて読みたい

からだのリズムも楽しみたい。PMSをポジティブに捉える方法まとめ

リラックスタイムを味方に。内外から整えるハーブ&アロマケア

ゆるやかランニングで叶える心地よい自分再発見(Sponsored)

    Ranking

    1. 「鶏むね肉」を使った1週間献立。季節の変わり目の疲れを撃退

    2. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    3. 料理が苦手だった和田明日香さん。たどりついた家族の味「地味ごはん」を紹介

    4. その疲労感、「鉄分不足」かも? 冷蔵庫に「ひよこ豆ときのこのフムス」を常備して

    5. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    6. 起き上がる前に20秒。血行を促す「お目覚めストレッチ」

    7. 言霊って本当にあるの? 公認心理士に聞いてみた

    8. 食べる人に必要なマナーとは。土井善晴さんが教える「くらしのための料理学」

    9. 超優秀フェイスマスク5選。早くも始まった乾燥を水分補給で食い止める

    10. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    1. 料理が苦手だった和田明日香さん。たどりついた家族の味「地味ごはん」を紹介

    2. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    3. 「鶏むね肉」を使った1週間献立。季節の変わり目の疲れを撃退

    4. 起き上がる前に20秒。血行を促す「お目覚めストレッチ」

    5. 言霊って本当にあるの? 公認心理士に聞いてみた

    6. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    7. 眠る前の習慣に。簡単「骨盤バランス・ストレッチ」で歪みをリセット

    8. 使いやすさ、洗いやすさ...。絶対に手放せないお気に入りの調理道具2つ

    9. その疲労感、「鉄分不足」かも? 冷蔵庫に「ひよこ豆ときのこのフムス」を常備して

    10. 【永久保存版】人気ブランドから良コスパまで。ソムリエおすすめワイングラス22選

    1. 料理が苦手だった和田明日香さん。たどりついた家族の味「地味ごはん」を紹介

    2. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    3. コリや疲労感には「筋膜リリース」が効果的。ストレッチとどう違う?

    4. まずは10回からでOK。鍛えにくい下腹部にアプローチして「ぽっこりおなか」を撃退

    5. 寝る前に食べていい。夜食でぐっすり、快眠をサポートする食べもの

    6. 「鶏むね肉」を使った1週間献立。季節の変わり目の疲れを撃退

    7. 起き上がる前に20秒。血行を促す「お目覚めストレッチ」

    8. 【クイズ】刺身と焼き魚、胃にやさしいのはどっち?

    9. 認知症予防は40代から。今日からできる5つの対策

    10. どんな人が「若年性乳がん」になりやすい? 乳がん検診から告知後までを総ざらい

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎月1日と15日に更新!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら