1. Home
  2. BEAUTY
  3. バスタイムが楽しみになる「サボン」のボディ・スクラブ3選

バスタイムが楽しみになる「サボン」のボディ・スクラブ3選

キュンメルめぐみ

バスタイムが楽しみになる「サボン」のボディ・スクラブ3選

死海で有名なイスラエル。そんな死海の塩が入っている、自然のハーブやオイルを使用した高級品「サボン」は世界中の女性たちの間でとくに人気。肌のキメをととのえ、夏の疲れた肌をリセット。秋に向けての乾燥肌対策として潤いを与えてくれます。

イスラエルの職人の手による100%ハンドメイド

イスラエルでその伝統的な手法を守り続け、量り売りをしてきたショップであるサボン。1997年当初イスラエル第二の都市テルアビブにて人気のショップでした。ヘチマの繊維を練りこんでできた代表的なソープなどは肘やかかとの角質をキレイに落とすとして、現在も人気。そのほか「パパイヤとマンゴ」「ミントとグレープフルーツ」、「パイナップルとココナッツ」「パッションフルーツとカランボラ」といったデイリーに使えるオイル・ソープなども非常に評判の良いもの。泡立ちだけでなく、香り豊かで見た目にも鮮やかなソープとして愛されています。

いまでは世界中で140もの店舗に拡大し、うち2店舗はドイツ国内にも存在。自然のものだけを使用した高級サボンとして地位を確立したサボンは日本にも直営店があるだけでなく、またアマゾンでも取り扱いがあります。

死海の塩を使ったピーリングが人気

量り売りの石けんからはじまり、シャーワージェルやヘアケア製品にまで拡大したサボン。なかでも人気なのがボディ・スクラブ。ほかではめったに出会えないオリエンタルな香りが広がり、これからのバスタイムが楽しくなります。

サボンの全商品は、世界中からベストな材料をあわせてできたもの。ハーブはプロヴァンスのものを使用し、海藻は北海からお取り寄せ。またヘア製品のオイルはアマゾンから取り寄せた貴重なもの。ショップでは良い香りに全身が包まれる気がして、そこではまるで女性ホルモンが全開しそうな感じさえします。

女の子らしいフェミニンな香り「アップル・ジャスミン」

さわやかな香りが人気の「キウイ・マンゴ」

女っぷりもあがるといわれる「ムスクの香り」

「お風呂に入るということは、私にとってメディテーションであり、たとえばヨガみたいなものです。電話もなければ、子どもたちもいない。夫もいないし、私を邪魔する一切のものがないのですから。」

(創設者のシガル・コットラーレビ氏とアビ・ピアトック氏のコメント・「Freundin」より引用翻訳)

オイルと併用することで、良い香りがさらに長続きすることで有名なサボン。がんばった自分自身に、癒しのご褒美をあげてみてはいかがでしょう。バスルームが今日からもっと心地よい空間に変わり、きっと長居したくなるかもしれません。

サボン,Freundin

あわせて読みたい

昔ながらの固形石けんが一番ホッとするわけは

顔のタイプでシミのリスクに15歳も差があった!?(Sponsored)

ゆるやかランニングで叶える心地よい自分再発見(Sponsored)

    specialbanner

    Ranking

    1. 缶詰より断然おいしい。低温調理で簡単「手作りツナ」レシピ

    2. スッキリしたいのに、腸活がうまくいかないのはなぜ? 意外な盲点は

    3. ずっと続くクリスマス・ストーリー。「私だけの特別な物語」をつくろう

    4. つらい断食はもうやめた。週1回、16時間のプチ断食で内臓リセット

    5. 温度に気をつけるだけ。にんにくの風味を最も引き出す調理法

    6. ダイエットより効果的。ヘルシーで気持ちのいい体を保つ5つのポイント

    7. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    8. 体ぽかぽか「野菜10種のミネストローネ」。食物繊維たっぷりでデトックスにも

    9. 肌の未来は明るい!乾燥や老化へのアプローチを根本から変える新発見

    10. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    1. ずっと続くクリスマス・ストーリー。「私だけの特別な物語」をつくろう

    2. 毎日がもっと楽しくなる。脱・顔のかゆみで、心と肌に上向きスパイラル

    3. 体ぽかぽか「野菜10種のミネストローネ」。食物繊維たっぷりでデトックスにも

    4. 下半身強化HIITで代謝アップ&脂肪燃焼。すぐつまづいてしまう人にも

    5. ダイエットより効果的。ヘルシーで気持ちのいい体を保つ5つのポイント

    6. 正体不明のモヤモヤ・イライラに惑わされない「4つのステップ」

    7. 食後の血糖値を上げにくい「ロカボ」。摂っていい糖質は1食あたりどのくらい?

    8. 「良質なタンパク質」って? タンパク質を効果的に摂るには

    9. スッキリしたいのに、腸活がうまくいかないのはなぜ? 意外な盲点は

    10. 缶詰より断然おいしい。低温調理で簡単「手作りツナ」レシピ

    1. ずっと続くクリスマス・ストーリー。「私だけの特別な物語」をつくろう

    2. 毎日がもっと楽しくなる。脱・顔のかゆみで、心と肌に上向きスパイラル

    3. ボウルから一滴もこぼさない液体の注ぎ方。キッチンをきれいに保つ裏技

    4. 最高のパートナーってどんな人? 人生を愛で満たす人間関係のルール

    5. 汚部屋と心はつながっている。心のガラクタを片づける秘訣とは

    6. ボーンブロスって? 免疫専門医が毎日飲んでいる「腸を強くするスープ」

    7. 食後の血糖値を上げにくい「ロカボ」。摂っていい糖質は1食あたりどのくらい?

    8. 「良質なタンパク質」って? タンパク質を効果的に摂るには

    9. 脂肪燃焼効果が続き、むくみにも効果的なHIIT。体がぽかぽかあったまる

    10. 腰まわりが全体的にすっきり!くびれをつくる「サイドプランク」

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎週月曜日更新中!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら