1. Home
  2. SKIN&HAIR
  3. バスタイムが楽しみになる「サボン」のボディ・スクラブ3選

バスタイムが楽しみになる「サボン」のボディ・スクラブ3選

バスタイムが楽しみになる「サボン」のボディ・スクラブ3選

死海で有名なイスラエル。そんな死海の塩が入っている、自然のハーブやオイルを使用した高級品「サボン」は世界中の女性たちの間でとくに人気。肌のキメをととのえ、夏の疲れた肌をリセット。秋に向けての乾燥肌対策として潤いを与えてくれます。

イスラエルの職人の手による100%ハンドメイド

イスラエルでその伝統的な手法を守り続け、量り売りをしてきたショップであるサボン。1997年当初イスラエル第二の都市テルアビブにて人気のショップでした。ヘチマの繊維を練りこんでできた代表的なソープなどは肘やかかとの角質をキレイに落とすとして、現在も人気。そのほか「パパイヤとマンゴ」「ミントとグレープフルーツ」、「パイナップルとココナッツ」「パッションフルーツとカランボラ」といったデイリーに使えるオイル・ソープなども非常に評判の良いもの。泡立ちだけでなく、香り豊かで見た目にも鮮やかなソープとして愛されています。

いまでは世界中で140もの店舗に拡大し、うち2店舗はドイツ国内にも存在。自然のものだけを使用した高級サボンとして地位を確立したサボンは日本にも直営店があるだけでなく、またアマゾンでも取り扱いがあります。

死海の塩を使ったピーリングが人気

量り売りの石けんからはじまり、シャーワージェルやヘアケア製品にまで拡大したサボン。なかでも人気なのがボディ・スクラブ。ほかではめったに出会えないオリエンタルな香りが広がり、これからのバスタイムが楽しくなります。

サボンの全商品は、世界中からベストな材料をあわせてできたもの。ハーブはプロヴァンスのものを使用し、海藻は北海からお取り寄せ。またヘア製品のオイルはアマゾンから取り寄せた貴重なもの。ショップでは良い香りに全身が包まれる気がして、そこではまるで女性ホルモンが全開しそうな感じさえします。

女の子らしいフェミニンな香り「アップル・ジャスミン」

さわやかな香りが人気の「キウイ・マンゴ」

女っぷりもあがるといわれる「ムスクの香り」

「お風呂に入るということは、私にとってメディテーションであり、たとえばヨガみたいなものです。電話もなければ、子どもたちもいない。夫もいないし、私を邪魔する一切のものがないのですから。」

(創設者のシガル・コットラーレビ氏とアビ・ピアトック氏のコメント・「Freundin」より引用翻訳)

オイルと併用することで、良い香りがさらに長続きすることで有名なサボン。がんばった自分自身に、癒しのご褒美をあげてみてはいかがでしょう。バスルームが今日からもっと心地よい空間に変わり、きっと長居したくなるかもしれません。

サボン,Freundin

あわせて読みたい

昔ながらの固形石けんが一番ホッとするわけは

顔のタイプでシミのリスクに15歳も差があった!?(Sponsored)

ゆるやかランニングで叶える心地よい自分再発見(Sponsored)

キュンメルめぐみ

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 肉をたっぷり食べなくても、ビタミンB12が摂れる植物性の食材9つ

    2. がんの4つのステージ(病期)を正しく知ろう

    3. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    4. 【10月の満月】癒しのセルフケアで満たされるとき

    5. 便秘の人は死亡率が高い? 便秘薬の選び方と6つのポイント

    6. 二日酔いの治し方5つ。飲み過ぎた次の日に効果的な食べ物は?

    7. 毎日3.7リットル水を飲むガロン・ウォーター・チャレンジについて、栄養士の見解

    8. ダイエットを成功させる食事法って? 脳神経外科医が教えます

    9. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    10. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    1. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    2. 些細なことも気に留めて。医師が教える「卵巣がん」になりやすい条件7つ

    3. がん細胞は甘いもの好き? 「糖質」は、がん増殖のためのエネルギー源

    4. がんの4つのステージ(病期)を正しく知ろう

    5. どこか悪いのかも。喜んでいられない、生理がいつもより軽い理由

    6. 二日酔いの治し方5つ。飲み過ぎた次の日に効果的な食べ物は?

    7. ダイエット中におすすめのネタは? 太らないお寿司の食べ方

    8. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    9. がんになりやすくなる8つの要素と、自分でできる改善策

    10. 怒りをぶつけてはダメ。人生を豊かにするための、正しい怒り方

    1. やっぱりバナナはすごい! 科学が裏付けた健康パワー10

    2. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    3. 水嫌いの私が、30日間毎日3.7リットルの水を飲んでみてわかったこと

    4. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    5. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    6. 朝ごはん、お風呂を大事にする! 自律神経の名医がすすめる「健康の極意」とは

    7. 些細なことも気に留めて。医師が教える「卵巣がん」になりやすい条件7つ

    8. あなたの身近にいるかも?「反社会性パーソナリティー障害」の性格特性13

    9. がん細胞は甘いもの好き? 「糖質」は、がん増殖のためのエネルギー源

    10. 食べるだけで3kg減? アーモンド、驚きのダイエット効果6つ

    バスタイムが楽しみになる「サボン」のボディ・スクラブ3選

    FBからも最新情報をお届けします。