1. Home
  2. STYLE
  3. いつもの服とじっくり向き合いコーディネートを楽しむ【おしゃれのおさらい】

いつもの服とじっくり向き合いコーディネートを楽しむ【おしゃれのおさらい】

おしゃれのおさらい

植村美智子

いつもの服とじっくり向き合いコーディネートを楽しむ【おしゃれのおさらい】

こんにちは。スタイリストの植村美智子です。

秋らしい空気の涼しい時間帯が増え、コーディネートサービスのお申し込みが多くなってきました。9月〜11月は、1年で1番お申し込みが多くなる時期です。

寒くなると、暖かい季節よりアイテムの単価が上がるので、購入するのも慎重になりがち。寒がりだけど、ちゃんとおしゃれにも見えたい、アウターとのバランスや、重ね着具合も考えなければ......など、理由はさまざまですが、これからの季節のファッションに頭を悩ませる人は多いようです。その悩みを、煩わしさにしてしまわないために、まずは、いつもの服と、じっくり向き合うことから始めてみましょう。

全身鏡でバランスみてますか?

コーディネートサービスを始めて丸6年。たくさんの方からお話をお伺いしていますが、その、いろいろなお話しの中で1番驚いたのは、自宅に、全身鏡をお持ちではない人が多いこと。どうやってコーディネートを確認しているのかお伺いすると、「洗面台の鏡でなんとなく」「歩いているときにお店のガラスで」「頭のなかで、想像で」とのこと。なるほど......。

しかし、曖昧な確認しかできなければ、バランスがおかしいことに気づくことができないどころか、せっかく素敵な着こなしをしているのに、それをNGとしてしまうこともあるかもしれません。おしゃれを楽しむ上で、全身鏡は必須アイテムです。

スペースがとられることや小さなお子さんがいて危ないなどの理由で、全身鏡を置くのが難しいのかもしれません。けれど、脚をしまって普段はどこかの隙間に入れておき、必要なときにだけ出してくるという手もありますよ。

靴を履いて最終チェックを

全身鏡でコーディネートを確認するときは、必ず、靴を履いた状態でもチェックが必要です。ヒールの有/無でコーディネートのバランスは変わります。トップスをインするのか、前だけひっかけるのか、すべてアウトにするのか。パンツのロールアップ具合はどうですか?

スニーカーを合わせるか、レザーシューズを合わせるかによって、コーディネートの印象も変わります。足元に何を持ってくるかによって、合わせるアクセサリーやバッグも違ってくるはずです。

靴を履いた状態で、アウターとのバランス確認もお忘れなく。これからの季節、アウターを着なければ出かけることは出来ないのですから。

コーディネートは前日にしておく

経験上、コーディネートは、時間制限のない、前夜のうちに決めておくことをおすすめします。コーディネートを決めておけば、アイロンや、しわ取りスプレーで、気になるシワを取っておくこともできる! そういう点でも、残念なスタイルで出掛けてしまうことを防げます。なにより、次の日のコーディネートが決まっていると、気持ちがとても楽。安心して眠りにつくことが出来ますよ。

細かい着こなしの確認は、朝出かける前でも大丈夫。ただし、バランスや着こなし方に不安な部分があれば、実際に着て確認しておいたほうが、朝慌てることはありません(過去記事参照:洋服をきちんと着る。朝にチェックしたい4つのこと

部屋の中でも、敷物があれば靴を履くことは出来ます。できれば、少し引いた状態で、まんべんなく全身を見ることができる位置に鏡を置き、じっくり自分のファッションと向き合ってみてください。

>>過去の「おしゃれのおさらい」を読む

#15 シンプル服が地味に、顔周りでガラリと変える

#14 秋へスイッチ。深い色のアイテムで新鮮さをプラスする

#13 旅行先でのおしゃれどうする? 何を持っていく?

イラスト/米山夏子

    specialbunner

    Ranking

    1. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    4. 抜け毛、白髪などエイジングの悩みに。美容のプロおすすめのヘアケア

    5. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    6. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    7. 「ひざの腫れ」に隠された5つの原因。痛くて歩けないのは虫のせいかも

    8. セックス博士に聞きました!「女性は一晩で何回イケますか?」

    9. 科学が実証。女性特有の不調を整える3つの方法

    10. トレーナーお墨つきの即効性! おなかのたるみがスッキリする、脂肪を落とすエクササイズ8

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 生理で出るレバー状の血の塊の正体は? 放っておいて大丈夫?

    3. 生理用ナプキンができるまで、女性はどうやって経血処置をしていたの?

    4. まわりにこんな人いませんか? あなたを困らせる「有害な人」の心理と特徴

    5. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    6. 「月経カップ」、知っていますか? ナプキンとどちらが使いやすく安全?

    7. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    8. マラソンでしか味わえない衝撃がある。長谷川理恵さんの新たなチャレンジ

    9. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    10. 【クイズ】納豆+◯◯。健康効果アップの組み合わせはどれ?

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    5. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    6. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    7. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    8. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    9. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    10. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた