1. Home
  2. SKIN&HAIR
  3. ふんわりセットしやすく、秋髪のお手入れの秘密

ふんわりセットしやすく、秋髪のお手入れの秘密

林 ゆり

ふんわりセットしやすく、秋髪のお手入れの秘密

before → after

夏の紫外線のダメージで、髪の毛がパサついたり、抜け毛が多くなったりする時期ですが、もしかしたら自分のヘアケアが間違っているのかもしれません。だれでも簡単にできる毎日の髪のお手入れ方法をヘアサロン「Abbey」ディレクターの中村章浩さんに教えていただきました。

基本は髪を100%しっかり乾かす

毛髪科学に基づいて開発されたという「Dyson Supersonic(TM) ヘアドライヤー」を、公私ともに愛用されている中村さん。

「髪の傷みというのは、パーマや薬剤、紫外線などの刺激もありますが、毎日のドライヤーの熱のダメージも大きい。長時間使い過ぎてもいけませんが、髪は、濡れているときが一番ダメージを受けるので、きちんと乾かさないのもNG。でも、ほとんどの人が80%程度しか乾かしていないんです。」

完全に乾いていないと枕との摩擦でダメージを受けてしまいます。朝シャン派だから大丈夫と思っても、そのままゴムでまとめると、ゴムのテンションの摩擦や、1日中まとめた髪の真ん中が渇かず、頭皮に湿気がこもったままに。ときには洗濯の生乾きのようなにおいがしてしまうことも。

しっかり乾かすことで熱でつやも生まれやすくなりますし、しっかり根元まで乾かすと、地肌への負担も減り、なんと抜け毛もすくなくなるというメリットもあるそうです。

スタイルも決まりやすくキープするブロー術

寝癖を直そうと、毛先をいくら巻いてもうまくいかないことがあります。この場合、毛先をどうこうするより、きちんと根元から髪の流れを作らないとおさまらないそう。また、トップのボリューム感を出したいなら、いつもの分け目の反対に一旦髪を流すように根元からしっかり乾かし、最後に戻すと自然とふっくらでき、分け目も目立たなくなります。

20160921_dyson1.jpg

before → after

「ポイントは、自分が思っている以上に、しっかり反対側にわけてから根元を乾かすこと。」

と中村さん。自宅で早速試しましたが、ペタンとなりがちな分け目が目立たなく髪がふんわりと自然な内巻きにまとまりました。根元まで乾かし毛の流れを作っておくことで、日中のヘアスタイルの崩れも防ぐことができ、スタイルキープに一役買ってくれるんだとか。

「なかなか乾かないからとお悩みの人には、パワフルで、暑くなりすぎないように熱もコントロールしてくれるDyson Supersonicが使いやすいですよ。」

風量が強く風が地肌まで届くのが実感できるので、ポイントとなる根元までしっかり乾かせそうです。

[Dyson]

photo by PIXTA

あわせて読みたい

塩シャンプーはハードルが高い。でも、ふんわりうるおうヘアは塩でつくれる

「笑ったつもり」に要注意。笑顔の美しい人になるには(Sponsored)

ゆるやかランニングで叶える心地よい自分再発見(Sponsored)

    regularbanner

    Ranking

    1. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    2. 飽きがちな筋トレが一気におもしろくなる! 横歩きプランク

    3. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    4. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    5. プロテイン入りの食品は本当に健康にいいの? 買う前に自問すべき3つの質問

    6. もしかしてアルコール依存症? 飲みすぎをやめたい人におくる5つの話

    7. 筋トレの王道「プランク」を飽きずに続ける工夫って?

    8. インフルエンザが悪化しやすい人に共通することは?

    9. 腹凹ませには、プランクよりも「プランク歩き」がいい

    10. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    1. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    2. インフルエンザが悪化しやすい人に共通することは?

    3. 研究で判った「太る食べ方」3つ。つまみ食い、ながら食い、そして......

    4. 髪がスカスカ? 薄毛をカバーするお助けヘアスタイル5つ

    5. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    6. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    7. 冬のコーヒータイムに。砂糖・バター不使用のヘルシーレモンチーズケーキ

    8. 今年体重が減らなかった人に捧げる「ダイエットの敗因」5つ

    9. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    10. 腹凹ませには、プランクよりも「プランク歩き」がいい

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    3. おならが出すぎていませんか?臭いおならは不調のサインかも...

    4. 晩秋の軽井沢で検証! アウトドアブランドではじめるおしゃれの冬支度

    5. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    6. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    7. 「体脂肪」を本気で減らす3か条。減量外来ドクターに聞く

    8. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?

    9. インフルエンザが悪化しやすい人に共通することは?

    10. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?