1. Home
  2. MIND
  3. 彼が求めているのは、癒し、刺激、そして...

彼が求めているのは、癒し、刺激、そして...

30代からのやさしい愛のはじめ方

1,410

斎藤芳乃

彼が求めているのは、癒し、刺激、そして...

こんにちは。マリアージュカウンセラーの斎藤芳乃です。夏の暑さも少しずつ和らぎ、夜は上に一枚羽織らないと肌寒い日も増えてきましたね。歩いていると鈴虫の声も聞こえ、一気に秋めいてきました。

そして、こうして涼しくなってくると、人肌も恋しくなってきますね。特に、秋は観光にもいい季節です。こんな時期ほど、恋人やパートナーと愛を深め、かけがえのない時間を過ごしたいものです。

今回は、彼とさらに愛を深めるための、「男心をくすぐる愛情表現」について、3つのコツをお伝えしていきます。

ほっとできる場所づくりをする

昔、テレビドラマで話題になったこともあり、「マザコン男」が注目されたことがありましたが、男性が女性に母性を求めることはおかしなことではありません。

男性は女性が考える以上に、社会の厳しい環境で結果を求められています。特に、「男は働いて仕事ができて当たり前」という風潮もあるからこそ、多くの男性が弱音を吐けない、休めないなど、必要以上に心理的な負担をかかえているものなのです。

こうしたときほど、あえて彼の痛みや苦しみを理解してあげる包容力で、彼に温かい言葉をかけ、子どもを抱きしめるように優しく接してみましょう

仕事の結果を求めたり、「もっとがんばって」などの言葉は、余計に彼を緊張状態に追い込んでしまいます。それよりも、「がんばってるね」「私の前では休んでね」と、「ここはあなたが社会的な仮面を求められない、安心できる場所だ」ということを伝えてあげることで、彼はより心を開いてくれるようになります。

彼自身が気づいていない良さを認める

さらに重要なことが、彼の努力や頑張りを認める以上に、「彼ががんばらなくてもできているところ」を認めてあげること

たとえば、仕事を頑張って結果を出している男性に対して「がんばっているね」と褒めたとしても、本人も努力をしている意識がありますから、感激するほどの喜びは生まれづらいです。

けれど、「疲れているときもいつも気遣ってくれてありがとう」「あなたの論理的な話し方にすごく助けられる」「私の知らないことをたくさん知ってるんだね」など、彼がさほど努力していないのに、自然にできていることを褒めると、彼の心にとても響くんです

「自分ではそんなふうに思わないけれど、自分の良さを認めてくれる女性」と思えば、彼は完全に心を開いて、あなたを大切にしてくれるようになります。

刺激を与え合える関係を築く

最後に大切なのが、「彼の知らない世界を見せる」ということ。

たとえば、空がきれいだった......、今日周囲の人とこんな素敵な会話があって......、この歌にとても感動したの......など、彼が普段気づかないようなことを伝えると、彼の世界もまた新鮮な喜びを感じられるようになります。

こうして、ただ彼から与えられるのを待つだけではなく、ちょっとした良い刺激を与えられるようになると、どんどん愛情を互いにやり取りできるようになるんですね。

その結果、彼が、あなたといることで「新しい嬉しい刺激をもらえる」という思いになれば、「もっと二人で一緒に新しい刺激を得ていきたい」と、積極的に誘ってくれるようになります

違う感性や生き方をしている男女だからこそ、お互いに思いやり、愛を大切に育んでいきたいもの。あなたの大切なパートナーを、もっとあなたらしい感性で愛しながら、素晴らしい秋を迎えてくださいね。

>>過去の「30代からのやさしい愛のはじめ方」を読む

目上のひとから可愛がられる、あのひとの秘密

今度こそ「また会いたい」と思わせる女性になる

相手の心に響く、愛の伝えかた

image via Shutterstock

    specialbunner

    Ranking

    1. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    2. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    3. 家で筋トレ、はじめませんか? Amazonセールで選ぶフィットネス機器5

    4. ぽっこりお腹を撃退! ついでに「姿勢もよくなる」動きって?

    5. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    6. ベッドに溶け込むバターのようになって、10分で寝落ちする方法

    7. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    8. もしかしてアルコール依存症? 飲みすぎをやめたい人におくる5つの話

    9. 運動不足になりがちな冬こそ、コレですっきり! フォームローラー5選

    10. 筋トレの王道「プランク」を飽きずに続ける工夫って?

    1. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    2. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    3. 研究で判った「太る食べ方」3つ。つまみ食い、ながら食い、そして......

    4. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    5. 冬のコーヒータイムに。砂糖・バター不使用のヘルシーレモンチーズケーキ

    6. 飽きがちな筋トレが一気におもしろくなる! 横歩きプランク

    7. 髪がスカスカ? 薄毛をカバーするお助けヘアスタイル5つ

    8. 今年体重が減らなかった人に捧げる「ダイエットの敗因」5つ

    9. 腹凹ませには、プランクよりも「プランク歩き」がいい

    10. 【保存版】インフルエンザ対策! 完全ガイド

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    3. おならが出すぎていませんか?臭いおならは不調のサインかも...

    4. 晩秋の軽井沢で検証! アウトドアブランドではじめるおしゃれの冬支度

    5. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    6. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    7. 「体脂肪」を本気で減らす3か条。減量外来ドクターに聞く

    8. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?

    9. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    10. インフルエンザが悪化しやすい人に共通することは?