1. Home
  2. STYLE
  3. 伝統色が気分にしっくり。爪に優しい胡粉ネイルで彩りを

伝統色が気分にしっくり。爪に優しい胡粉ネイルで彩りを

知恵子

伝統色が気分にしっくり。爪に優しい胡粉ネイルで彩りを

胡粉ネイル 黄紅葉(きもみじ)10ml/1,300円(税込)

2016年秋冬のトレンドカラーといわれているラッシュメドウや、スパイシー・マスタード、それにエアリーブル―。どれもネイルにするにはすこし色味が強いかなと思っていたところ、似ているのにより手元になじむ使い勝手がよさそうなネイルカラーが2016年9月16日(金)より発売されました。

除光液なしで落とせる優しいネイル

それは「胡粉(ごふん)ネイル」の和色シリーズから登場する秋冬限定カラー黄紅葉(きもみじ)青朽葉(あおくちば)雲居色(くもいいろ)

160920_ueba_01.jpg
胡粉ネイル 黄紅葉(きもみじ)10ml/1,300円(税込)
160920_ueba_02.jpg
胡粉ネイル 青朽葉(あおくちば)10ml/1,300円(税込)
160920_ueba_03.jpg
胡粉ネイル 雲居色(くもいいろ)10ml/1,300円(税込)

胡粉ネイルとは、日本最古の日本画用絵具専門店でもある上羽絵惣株式会社が、原料の一部に日本画の顔料である胡粉(ホタテ貝殻の微粉末)を使用し、従来のマニキュアや除光液に含まれる有機溶剤を使わずにつくった水性ネイル。だから鼻をつくようなツンとしたニオイもなく、また、アセトンなどの除光液を使わず、手指の消毒用アルコールでも落とせる爪に優しいネイルです。

秋冬の手元に似合う3つのカラー

そしてこの3色は、平安時代から日本人に愛されてきた秋の色です。伝統色だけに、単色使いでもおしゃれですが、3色使いも華やかですね。また、このようにターコイズカラーのネイルパーツをつけても素敵です。

日本画絵具専門店ならではのこだわりの色を、透明感のある艶やかな発色で表現する胡粉ネイル。その和色シリーズの秋冬限定色は、これからのシーズンにぴったりのカラーです。

上羽絵惣株式会社※秋冬限定の3色は2016年9月16日以降~春までの販売予定です。

あわせて読みたい

レトロ柄ワンピースにはまる水彩ネイルイラストレーター横峰沙弥香さんが見つけた美のスポット(Sponsored)ゆるやかランニングで叶える、心地よい自分再発見(Sponsored)

    specialbunner

    Ranking

    1. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    2. 体の不調や疲労を瞬殺で解決! 簡単メソッド5つ

    3. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    4. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    5. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    6. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    7. 机や棚の下にくっつけられる「後づけ引き出し」でスッキリ収納

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    1. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    6. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    7. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    8. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    9. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    10. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    4. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由