1. Home
  2. SKIN&HAIR
  3. 昔ながらの固形石けんが一番ホッとするわけは

昔ながらの固形石けんが一番ホッとするわけは

昔ながらの固形石けんが一番ホッとするわけは

9月2日、FDA(アメリカ食品医薬品局)が、ちょっと気になる発表をしました。

抗菌成分が使用禁止に

抗菌をうたうハンドソープ、ボディソープ類に使われている成分のうち、19種類が使用禁止になったのです。その理由は、特に殺菌効果があるとは認められず、またホルモンへの影響なども懸念されているから。

使用禁止となったのは次の成分です。

・Cloflucarban(クロフルカルバン) ・Fluorosalan(フルオロサラン) ・Hexachlorophene (ヘキサクロロフェン) ・Hexylresorcinol(ヘキシルレソルシノール) ・Iodophors (Iodine-containing ingredients) ・Iodine complex (ammonium ether sulfate and polyoxyethylene sorbitan monolaurate) ・Iodine complex (phosphate ester of alkylaryloxy polyethylene glycol) ・Nonylphenoxypoly (ethyleneoxy) ethanoliodine ・Poloxamer--iodine complex ・Povidone-iodine 5 to 10 percent ・Undecoylium chloride iodine complex ・Methylbenzethonium chloride(メチルベンゼトニウムクロリド) ・Phenol (greater than 1.5 percent) (フェノール、1.5%以上) ・Phenol (less than 1.5 percent) (フェノール、1.5%以下) ・Secondary amyltricresols ・Sodium oxychlorosene ・Tribromsalan(トリブロムサラン) ・Triclocarban(トリクロカルバン) ・Triclosan(トリクロサン) ・Triple dye

Federal Register」より引用

なんて発音するのか見当もつかない単語が並んでいて、クラクラしそう。こんな成分が使われているなんて知りませんでした。企業には、これから1年の間に、製品からその成分を外すこと、または製品の販売を中止にすることが求められています。

効果的な手洗いはふつうの石けんと水

じゃあ、どんな手洗いが効果的なのでしょう。FDAによると、ふつうの石けんと水で手を洗うのがベストなのだそうです。それが無理なら、アルコール消毒がおすすめ。

シンプルな石けんが好き

昔ながらの石けんがずっと愛されているのには、やはり理由があるみたい。わたしも、肌にやさしくて成分もシンプルな固形石けんを愛用しています。ちゃんと水切りをして、使っていくうちにだんだん丸く小さくなっていく感覚が好きなんです。いろいろな石けんをお店で選ぶのも楽しい。

FDAの発表を受けて、厚生労働省も日本の「薬用石けん」についての実態調査を行うことになりました。暮らしに欠かせない石けんだから、これからの動向を見守っていきたいです。

[NPR,Federal Register,J-Global 科学技術総合リンクセンター]

image via shutterstock

(ぬえよしこ)

ぬえよしこ

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. どこか悪いのかも。喜んでいられない、生理がいつもより軽い理由

    2. ダイエット中におすすめのネタは? 太らないお寿司の食べ方

    3. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    4. がんになりやすくなる8つの要素と、自分でできる改善策

    5. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    6. トレイルランナー福島 舞さん|My Favorite Sports vol.014

    7. がん細胞は甘いもの好き? 「糖質」は、がん増殖のためのエネルギー源

    8. 生米から30分で、もちもち玄米ごはんを作る方法 【TOKYO VEGAN】

    9. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    10. 過去の自分を慈しんでいますか? | 禅僧のおことば 20

    1. がん細胞は甘いもの好き? 「糖質」は、がん増殖のためのエネルギー源

    2. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    3. 性欲を高める効果も! ハル・ベリーが実践しているワークアウト

    4. どこか悪いのかも。喜んでいられない、生理がいつもより軽い理由

    5. 医師が教える、便秘4タイプ。「便秘は治療が必要な病気」

    6. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    7. カリスマ女医が教える、「美肌菌」が増える食事の13か条

    8. 怒りをぶつけてはダメ。人生を豊かにするための、正しい怒り方

    9. ダイエット中におすすめのネタは? 太らないお寿司の食べ方

    10. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    1. 水嫌いの私が、30日間毎日3.7リットルの水を飲んでみてわかったこと

    2. 100回の腹筋よりおすすめの運動って?【痩せるカラダを作る方法】

    3. やっぱりバナナはすごい! 科学が裏付けた健康パワー10

    4. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    5. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    6. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    7. あなたの身近にいるかも?「反社会性パーソナリティー障害」の性格特性13

    8. 朝ごはん、お風呂を大事にする! 自律神経の名医がすすめる「健康の極意」とは

    9. がん細胞は甘いもの好き? 「糖質」は、がん増殖のためのエネルギー源

    10. 食べるだけで3kg減? アーモンド、驚きのダイエット効果6つ

    昔ながらの固形石けんが一番ホッとするわけは

    FBからも最新情報をお届けします。