1. Home
  2. SKIN&HAIR
  3. 昔ながらの固形石けんが一番ホッとするわけは

昔ながらの固形石けんが一番ホッとするわけは

ぬえよしこ

昔ながらの固形石けんが一番ホッとするわけは

9月2日、FDA(アメリカ食品医薬品局)が、ちょっと気になる発表をしました。

抗菌成分が使用禁止に

抗菌をうたうハンドソープ、ボディソープ類に使われている成分のうち、19種類が使用禁止になったのです。その理由は、特に殺菌効果があるとは認められず、またホルモンへの影響なども懸念されているから。

使用禁止となったのは次の成分です。

・Cloflucarban(クロフルカルバン) ・Fluorosalan(フルオロサラン) ・Hexachlorophene (ヘキサクロロフェン) ・Hexylresorcinol(ヘキシルレソルシノール) ・Iodophors (Iodine-containing ingredients) ・Iodine complex (ammonium ether sulfate and polyoxyethylene sorbitan monolaurate) ・Iodine complex (phosphate ester of alkylaryloxy polyethylene glycol) ・Nonylphenoxypoly (ethyleneoxy) ethanoliodine ・Poloxamer--iodine complex ・Povidone-iodine 5 to 10 percent ・Undecoylium chloride iodine complex ・Methylbenzethonium chloride(メチルベンゼトニウムクロリド) ・Phenol (greater than 1.5 percent) (フェノール、1.5%以上) ・Phenol (less than 1.5 percent) (フェノール、1.5%以下) ・Secondary amyltricresols ・Sodium oxychlorosene ・Tribromsalan(トリブロムサラン) ・Triclocarban(トリクロカルバン) ・Triclosan(トリクロサン) ・Triple dye

Federal Register」より引用

なんて発音するのか見当もつかない単語が並んでいて、クラクラしそう。こんな成分が使われているなんて知りませんでした。企業には、これから1年の間に、製品からその成分を外すこと、または製品の販売を中止にすることが求められています。

効果的な手洗いはふつうの石けんと水

じゃあ、どんな手洗いが効果的なのでしょう。FDAによると、ふつうの石けんと水で手を洗うのがベストなのだそうです。それが無理なら、アルコール消毒がおすすめ。

シンプルな石けんが好き

昔ながらの石けんがずっと愛されているのには、やはり理由があるみたい。わたしも、肌にやさしくて成分もシンプルな固形石けんを愛用しています。ちゃんと水切りをして、使っていくうちにだんだん丸く小さくなっていく感覚が好きなんです。いろいろな石けんをお店で選ぶのも楽しい。

FDAの発表を受けて、厚生労働省も日本の「薬用石けん」についての実態調査を行うことになりました。暮らしに欠かせない石けんだから、これからの動向を見守っていきたいです。

[NPR,Federal Register,J-Global 科学技術総合リンクセンター]

image via shutterstock

(ぬえよしこ)

    specialbunner

    Ranking

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 「グルテンやめたら調子がいい」は気のせい? グルテンフリー8つの誤解

    3. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    4. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    5. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    6. 乾燥で指先のカサカサが多発! 爪割れを防ぐ方法はあるの?

    7. 食事で軽くムセてない? 年齢に関係ない「誤嚥(ごえん)」の怖さ

    8. 管理栄養士が、ダイエット中におすすめする肉はどれ?

    9. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    10. 体の不調や疲労を瞬殺で解決! 簡単メソッド5つ

    1. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    2. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    3. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    4. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    5. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    6. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    7. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    8. 知っておくべき新ジェンダー。「ノンバイナリー」は何を意味する?

    9. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    10. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    4. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    5. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    6. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    7. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    8. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    9. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由

    10. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?