1. Home
  2. SKIN&HAIR
  3. 昔ながらの固形石けんが一番ホッとするわけは

昔ながらの固形石けんが一番ホッとするわけは

昔ながらの固形石けんが一番ホッとするわけは

9月2日、FDA(アメリカ食品医薬品局)が、ちょっと気になる発表をしました。

抗菌成分が使用禁止に

抗菌をうたうハンドソープ、ボディソープ類に使われている成分のうち、19種類が使用禁止になったのです。その理由は、特に殺菌効果があるとは認められず、またホルモンへの影響なども懸念されているから。

使用禁止となったのは次の成分です。

・Cloflucarban(クロフルカルバン) ・Fluorosalan(フルオロサラン) ・Hexachlorophene (ヘキサクロロフェン) ・Hexylresorcinol(ヘキシルレソルシノール) ・Iodophors (Iodine-containing ingredients) ・Iodine complex (ammonium ether sulfate and polyoxyethylene sorbitan monolaurate) ・Iodine complex (phosphate ester of alkylaryloxy polyethylene glycol) ・Nonylphenoxypoly (ethyleneoxy) ethanoliodine ・Poloxamer--iodine complex ・Povidone-iodine 5 to 10 percent ・Undecoylium chloride iodine complex ・Methylbenzethonium chloride(メチルベンゼトニウムクロリド) ・Phenol (greater than 1.5 percent) (フェノール、1.5%以上) ・Phenol (less than 1.5 percent) (フェノール、1.5%以下) ・Secondary amyltricresols ・Sodium oxychlorosene ・Tribromsalan(トリブロムサラン) ・Triclocarban(トリクロカルバン) ・Triclosan(トリクロサン) ・Triple dye

Federal Register」より引用

なんて発音するのか見当もつかない単語が並んでいて、クラクラしそう。こんな成分が使われているなんて知りませんでした。企業には、これから1年の間に、製品からその成分を外すこと、または製品の販売を中止にすることが求められています。

効果的な手洗いはふつうの石けんと水

じゃあ、どんな手洗いが効果的なのでしょう。FDAによると、ふつうの石けんと水で手を洗うのがベストなのだそうです。それが無理なら、アルコール消毒がおすすめ。

シンプルな石けんが好き

昔ながらの石けんがずっと愛されているのには、やはり理由があるみたい。わたしも、肌にやさしくて成分もシンプルな固形石けんを愛用しています。ちゃんと水切りをして、使っていくうちにだんだん丸く小さくなっていく感覚が好きなんです。いろいろな石けんをお店で選ぶのも楽しい。

FDAの発表を受けて、厚生労働省も日本の「薬用石けん」についての実態調査を行うことになりました。暮らしに欠かせない石けんだから、これからの動向を見守っていきたいです。

[NPR,Federal Register,J-Global 科学技術総合リンクセンター]

image via shutterstock

(ぬえよしこ)

ぬえよしこ

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 納豆パワー5つ。健康やダイエットに効果的な食べ方とは?

    2. 白米を◯◯に変えて代謝アップを狙え。管理栄養士が教える献立

    3. ダイエット&美肌に、朝1杯の「レモン白湯」がおすすめな理由

    4. 知らない間にストレスを蓄積させている行動習慣とは

    5. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    6. 代謝を上げたいなら「炭水化物抜き」はやめて。食事で代謝アップするヒント

    7. 夜のお出かけ前はこれだけやればOK!「お疲れ顔」がよみがえるメイク直しテク

    8. ちょっとくらい掃除をさぼっても大丈夫! 半永久的に抗菌できる加湿器

    9. オバマ夫妻も取りくんだ不妊治療、IVF(体外受精)について知りたい

    10. 食事で代謝アップするには? こんな女性は代謝が落ちています

    1. 納豆パワー5つ。健康やダイエットに効果的な食べ方とは?

    2. 代謝を上げたいなら「炭水化物抜き」はやめて。食事で代謝アップするヒント

    3. 年を重ねても衰えない肌と腹筋をキープする、シンプルな習慣

    4. 食事で代謝アップするには? こんな女性は代謝が落ちています

    5. 認知症を防ぐ! 脳神経外科医おすすめの食材と、生活改善ポイント4

    6. 白米を◯◯に変えて代謝アップを狙え。管理栄養士が教える献立

    7. ダイエットにおすすめの「コーヒーを飲むタイミング」はいつ?

    8. つるっとむけると気持ちいい! ゆで卵を確実&キレイにむく裏ワザ5つ

    9. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    10. 理学療法士おすすめ。10秒で「緊張性頭痛」を軽くする方法

    1. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    2. 毎日ストレッチをすると、こんなすばらしいことが身体に起きます

    3. デートの相手がソシオパスだったら? はじめは魅力的な人に見えるかも。10の兆候

    4. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    5. 栄養士おすすめ。甘いもの好きも大満足の、血糖値を急上昇させないデザート6

    6. 栄養士も認める、低炭水化物ダイエットにおすすめの低糖質フルーツ10

    7. 糖尿病を予防する6つのヒント。リスクを上げる意外な習慣は?

    8. 肺がんにならないために、今日からできること10

    9. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン

    10. 認知症を防ぐ! 脳神経外科医おすすめの食材と、生活改善ポイント4

    昔ながらの固形石けんが一番ホッとするわけは

    FBからも最新情報をお届けします。

    Read More