1. Home
  2. SKIN&HAIR
  3. オイルプリングに、シュガースクラブ。定番ココナッツオイルの新提案

オイルプリングに、シュガースクラブ。定番ココナッツオイルの新提案

オイルプリングに、シュガースクラブ。定番ココナッツオイルの新提案

BS1ST.オイルプリング 100ml/1,500円(税抜)

日本におけるココナッツオイルのパイオニアともいえるブラウンシュガーファーストから、この夏、新たにコスメラインが登場しました。

オイルプリング専用オイルでオーラルケア

インドの自然療法のひとつアーユルヴェーダでオイルを用いたデトックス法として広まった「オイルプリング」。数年前から、モデルや女優などをはじめ、健康や美容に意識の高い人たちのあいだで注目され続けています。

オイルプリング専用のオイル「BS1ST.オイルプリング」は、日々ココナッツオイルを扱っているブラウンシュガーファーストのスタッフの声から誕生した、有機エキストラバージンココナッツオイルが主成分のオイルです。

160916_bs1st_01.jpg
BS1ST.オイルプリング 100ml/1,500円(税抜)

ココナッツオイルに含まれるラウリン酸がもつといわれる殺菌力により、口内を殺菌し、口臭予防ホワイトニング保湿などの効果が期待できるのだそうです。また、毎日20分ほどオイルプリングを続けることで、表情筋が鍛えられ、引き締めの効果も期待できるかもしれません。ボトルから直接口に含むことができるので、持ち運びにも便利。外出先でのマウスウォッシュとして使えるのも嬉しいですね。

夏の疲れた肌にスクラブとモイスチュアバーム

秋のはじめ。夏の強い日差しに、私たちの肌はお疲れ気味。高価な美容液などを試すも、なかなか期待通りの効果が出ずにがっかり......ということもありますよね。

有機エキストラバージンココナッツオイルと有機ココナッツシュガーをふんだんに使用したスクラブ「BS1ST.シュガースクラブ」は、ココナッツシュガーのミネラル分が肌の古い角質を除去。そこに細かい分子のココナッツオイルが浸透し、もっちりとした肌へと導きます。このスクラブには、肌荒れ防止成分としてオーガニックカレンデュラエキスが配合されているので、肌に優しく炎症を抑える効果も期待できるのだそうです。

160916_bs1st_02.jpg
BS1ST.シュガースクラブ 150g/2,750円(税抜)

素足で過ごすことが多かった夏場。気がつけば、かかとがガサガサになっていてビックリ! なんてことも。有機エキストラバージンココナッツオイルをベースに、植物成分だけでつくられたスティックタイプのモイスチュアバーム「BS1ST.バターバーム」は、乾燥した肌(かかとやひじなど)を優しく保護してくれます。オーガニックオレンジオイルバニラ果実エキスが配合されているので、天然アロマの香りでさらに癒されそうです。

160916_bs1st_03.jpg
BS1ST.バターバーム 15g/1,850円(税抜)

食べてよし、肌に塗ってもよしの万能ココナッツオイル。日々のお手入れに加えて、夏の疲れを残さずに来るべき秋に備えたいですね。

ブラウンシュガーファースト

photo by Thinkstock/Getty Images

あわせて読みたい

しっとりモチモチ。夏肌リセット、日焼けケアにもココナッツオイル顔のタイプでシミのリスクに15歳も差があった!?(Sponsored)自分の肌を知り高めたいなら、ここへいく(Sponsored)

asami

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    3. 女性が食べるとよい10の食材。乳がんリスクを下げやすいのは?

    4. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    5. スターだってつらいのよ。不安障害やパニック発作を持つ10人のセレブ

    6. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    7. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    8. 痛い! もう何もしたくない......。「痛み」の影響とその対処法

    9. じつは誰にでも起こりうる。「頭痛」との上手な付き合い方

    10. 糖質制限ダイエットの正しい方法。お腹いっぱい食べてもOK!

    1. アル中よりこわい「グレーゾーン飲酒」って? 体験者の告白が壮絶

    2. 体重計ではわからない、実はやせてきている10のサイン

    3. お米を食べないと逆に太る? 糖質制限ダイエットの落とし穴

    4. 女性が食べるとよい10の食材。乳がんリスクを下げやすいのは?

    5. 脂肪や糖の吸収をカットできる成分とは? 普段のドリンク選びのコツ

    6. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    7. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    8. 体重ばかりにとらわれないで。実はダイエット効果が出ている10の兆候

    9. 痛い! もう何もしたくない......。「痛み」の影響とその対処法

    10. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    5. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    6. アル中よりこわい「グレーゾーン飲酒」って? 体験者の告白が壮絶

    7. カリウムといえばバナナでしょ! と思ってる? じつはカリウムが多い食品8

    8. 体重計ではわからない、実はやせてきている10のサイン

    9. おしっこが近くなる8つの原因。水を控えたほうがいいのはウソ?

    10. ホルモン乱れが原因? 甲状腺が弱っている5つのサイン