1. Home
  2. MIND
  3. たった5分。脳が自然にやる気スイッチを押してくれる方法

たった5分。脳が自然にやる気スイッチを押してくれる方法

知恵子

たった5分。脳が自然にやる気スイッチを押してくれる方法

やる気さえあれば、仕事も家事も気持ちよくこなすことができます。しかも、たとえ情熱がわかなくても、やる気は引き出せるのだとか。

億劫なときは5分動いてみる

もちろん情熱があればやる気はわきます。でもよほど妄信的にならないかぎり、情熱は続きません。だから情熱や熱意に頼らなくても、やる気を出したいもの。そのためには、やる気をなくしたときに、たった5分掃除をするだけでよいのだとか

そんな話が載っているのが、『5分の使い方で人生は変わる(小山竜央著・KADOKAWA)』です。その理由として、こう書かれています。

脳と体は密接な関係を持つため、気分が乗らないときは、掃除をしてみると気分がガラリと変わります。(中略)脳は、体を動かすことで楽しさややる気を感じる組織なのです。

(『5分の使い方で人生は変わる』P55より)

脳の性質を利用してモチベーションアップ

私もちょっとだけの掃除が好きです。苦手なことをしなくてはいけないとき、「やらなくちゃ」と思いながらも、目の前のものを片付けてみたり、机を拭いたり。手を動かしながら現実逃避をしていました。でもしばらくすると、「よーし、やるか」という気になるのです。

また息子も、勉強が途中でイヤになったら、席をはずしてちょっと体操をしています。するとまた気持ちが切り替わるのか、自分で勉強を再開するのです。億劫なことも、苦手なことも、体をすこし動かしたおかげで、脳が勝手にやる気スイッチをおしていたのですね。私も息子も、無意識にしていたことですが、これから意識的になることで、さらに切り替えが上手にできそう。

もちろん「内臓が冷えて疲れたから、やる気が出ない」など、体調不良が原因の場合は別ですが、気分的にモチベーションがあがらないというときに、ちょっと体を動かすことで脳に変化をあたえ、やる気を感じさせるのは試してみる価値アリです。

[『5分の使い方で人生は変わる』]

photo by Thinkstock/Getty Images

    Ranking

    1. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    2. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    3. 飽きがちな筋トレが一気におもしろくなる! 横歩きプランク

    4. 下腹部をガッツリ凹ます、カエルみたいな動きの筋トレ

    5. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    6. 筋トレの王道「プランク」を飽きずに続ける工夫って?

    7. もしかしてアルコール依存症? 飲みすぎをやめたい人におくる5つの話

    8. 家で筋トレ、はじめませんか? Amazonセールで選ぶフィットネス機器5

    9. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    10. プロテイン入りの食品は本当に健康にいいの? 買う前に自問すべき3つの質問

    1. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    2. 研究で判った「太る食べ方」3つ。つまみ食い、ながら食い、そして......

    3. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    4. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    5. 髪がスカスカ? 薄毛をカバーするお助けヘアスタイル5つ

    6. 冬のコーヒータイムに。砂糖・バター不使用のヘルシーレモンチーズケーキ

    7. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    8. 飽きがちな筋トレが一気におもしろくなる! 横歩きプランク

    9. 今年体重が減らなかった人に捧げる「ダイエットの敗因」5つ

    10. 腹凹ませには、プランクよりも「プランク歩き」がいい

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    3. おならが出すぎていませんか?臭いおならは不調のサインかも...

    4. 晩秋の軽井沢で検証! アウトドアブランドではじめるおしゃれの冬支度

    5. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    6. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    7. 「体脂肪」を本気で減らす3か条。減量外来ドクターに聞く

    8. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?

    9. インフルエンザが悪化しやすい人に共通することは?

    10. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?