1. Home
  2. BODY
  3. もっと自由に。前向き運動習慣を身につけるヒント:教えて森和世さん【前編】

もっと自由に。前向き運動習慣を身につけるヒント:教えて森和世さん【前編】

松浦松子

もっと自由に。前向き運動習慣を身につけるヒント:教えて森和世さん【前編】

いつまでもきれいで、元気で、しなやかであるためには運動が欠かせません。ヨガ、ラン、ジム通いなどを習慣にしている方はもちろん、これから運動を始めたい人にも知ってもらいたい、トレーニングとの向き合い方や日々の生活の中に組み込む30代みずみずしさを保つヒントをプロのトレーナーに教えていただきました。

完璧を求めない。もっと自由に楽しんで

今回話を伺ったのは、ヨガ&エクササイズディレクター森和世さん。ヨガ歴10年以上、美しい立ち姿、座り方からも凛とした雰囲気が伝わってきます。

――30歳を過ぎてから太りやすくなった気がして、10代・20代のダイエット目的とは違う、トレーニングの必要性を感じています。

森さん「30代は加齢による筋力低下が現れる時期です。体型が崩れるのも、内臓を支える筋肉が落ちてしまって維持できなくなるため。筋肉トレーニングは代謝を高めて加齢を遅らせ、若々しい印象を与える体型や姿勢を保ちます」

――ヨガをしているのですが、余計なことを考えて集中できなかったり、人と比べてしまいます。

森さん「私たちはヨガの達人ではないのでそれでもいいんです。『違うことを考えてしまうな』と自分で意識できるだけで十分。皆さん真面目で完璧を求めますが、趣味の時間までストイックである必要はありません。自分に厳しいと他人にも厳しくなります。究極を追い求めるのではなくほどほどにコントロールする。食事や生活も同じように現実的に折り合いをつけないと、続けるのが辛くなってしまいます。

仕事ではないのだから、全部やろうと無理することはありませんよ。私のクラスで最初のシャバアサナから起き上がらない方がいましたが、今それが必要なのだからとそのままにしていました(笑)。ヨガとの付き合い方はもっと自由でいいと思います。複数人のクラスだと人が気になって集中できない方にはパーソナルトレーニングがおすすめ。習い事ジプシーを繰り返す前に、自分の得意・不得意をプロの目で見てもらうとよいでしょう」

初心者こそ活用したいパーソナルトレーニング

――パーソナルトレーニングはモデルさんなど本格的に鍛えている人が受けるイメージですが......。

森さん「そんなことはありません! パーソナルトレーニングは、第三者の視点で自分のからだを根本から知る機会。生活のクセやゆがみをチェックしてもらえる、いわば他人の視線の有効活用です。正しいからだの使い方を知ることは財産になります。新しいエクササイズが次々に生まれていますから、得意を伸ばすエクササイズやトレーニングをトレーナーから提案してもらえるはず。

ポイントは、トレーニングを受けるのが楽しみになるパーソナルトレーナーと出会うこと。憧れの人物や著名な方でもいいですし、イケメンでもいい。トレーナーに褒められてキラキラが増していく方をよく見ます(笑)。ジムで相性の良い先生にパーソナルをしているか聞くのも手ですね。

私はその方に合わせて組んだプログラムのトレーニング動画+メールサポートを行うサービスを提供していますが、皆さん真面目に取り組んでいますよ。トレーニングで変化が出るまで約3カ月。一人で頑張るには少し長いので、トレーナーの存在は支えになります」

成功体験の積み重ね。自分への信頼が自信になる

――トレーニングにハマる人が多いのはなぜでしょうか?

森さん「自分の心は見えませんが、からだは目に見えて変化します。フィジカルトレーニングは『できた!』という成功体験を積み重ねることで自分への信頼が増し、強いからだと心を手にすることができるのです。トレーニングでコンプレックスを克服した人を何人も見てきました。フィジカルとメンタルは密接に関わっていて、からだを動かすことは気分を明るくし、前向きにしてくれる。自分が元気になるためのツールとして取り入れてほしいですね」

次回は、森さんがヨガを始めて変化したことや、お気に入りのアイテムをうかがいます。

>>後編に続く

お話を伺った人:森和世(もりかずよ)さん

ヨガ&エクササイズディレクター。アパレル商社勤務を経て単身カナダへ渡り、さまざまな運動療法やヨガと出会う。株式会社ボディクエストにてワークアウトコンテンツの企画制作や、カウンセリング方式の小人数制パーソナルトレーニングYOGAを主催する他、CM、TV、雑誌などでも活躍。http://www.morikazuyo.com/

ボディクエスト

    specialbunner

    Ranking

    1. 1か月あれば体重は何kg減らすことができる? リバウンドを防ぐには?

    2. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    3. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    4. 出血が多くても生理だから仕方ない!と思っていませんか?過多月経は治療できます

    5. 何度もイケる体になるには? セックス博士が4つのテクを教えます

    6. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    7. 科学が実証。女性特有の不調を整える3つの方法

    8. ダイエット開始後すぐに体重が減るのはなぜ? 管理栄養士がアンサー

    9. ネガティブな感情で頭がいっぱい? あなたを解き放つ3つの処方箋

    10. もがき苦しんだ“燃え尽き症候群”と伊達公子さんから学んだこと〜元マラソンランナー・市橋有里

    1. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    2. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    3. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    4. 1か月あれば体重は何kg減らすことができる? リバウンドを防ぐには?

    5. 「卵巣がん」になりやすい人の5つの特徴。出産経験の有無は関係あるの?

    6. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    7. 何度もイケる体になるには? セックス博士が4つのテクを教えます

    8. 放っておくと本当にまずい。「卵巣がん」の地味なサインとその怖さ

    9. 痛みがなく気づきにくい「卵巣」の病気3つ。度重なる下痢や便秘は疑って!

    10. 閉経したら卵巣はどうなる? 卵子はいくつあるの? 卵巣のキホン

    1. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    4. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    5. 体の背面の全筋肉群を一気に鍛える! 5つの背中エクササイズ

    6. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた

    7. 長引く咳は風邪じゃないかも。「がん」と診断された女性の実体験

    8. 生理で出るレバー状の血の塊の正体は? 放っておいて大丈夫?

    9. 成果の出る正しいスクワット法。足や太もも、部位別にレクチャー

    10. ジム通い不要の万能筋トレ「プランク」、比較的ラクに行うコツは?