1. Home
  2. MIND
  3. 今年は特別。新暦と旧暦がシンクロ...9月15日は中秋の名月

今年は特別。新暦と旧暦がシンクロ...9月15日は中秋の名月

星と暮らす

景山えりか

今年は特別。新暦と旧暦がシンクロ...9月15日は中秋の名月

9月1日(木)は新月でしたね。月が満ち欠けする周期の初日にあたる新月と、ひと月の始まり(ついたち)が重なる――これは、新暦と旧暦がシンクロしていることを意味しています。驚きなのは、9月に続いて10月も新月からスタートするということ。私たちが普段使っているカレンダー(新暦)においては、かなりレアなケースです。というわけで、この2ヵ月間は、旧暦と月を意識して過ごすのがオススメです。

名月のシーズン到来

旧暦では毎月第1日目(ついたち)が必ず新月になる決まりがあります。つい最近、新月と重なった9月1日は、旧暦8月1日にあたります。また、次の新月と重なる10月1日は、旧暦9月1日です。旧暦の8月・9月といえば、昔の日本人が月を愛でていた時期。そう、名月のシーズンです。

一年のうちでもっとも美しいとされている「中秋の名月(秋の十五夜)」は、旧暦8月15日の夜に見る月のこと

そして、中秋の名月に次いで美しいといわれているのが「十三夜」旧暦9月13日の夜に見る月のことをさします。

今年の場合は、

・中秋の名月......9月15日(旧暦8月15日)

・十三夜......10月13日(旧暦9月13日)

新暦と旧暦がシンクロしているので、日付がわかりやすいですね。

水辺で楽しむお月見

月を見るとき、普通は空を見上げます。でも、空高く昇った月を見続けるのは、意外と首や肩が凝るものです。そこで試してほしいのが、水面に映る月を見ること。昔の日本人は、池や川など、水面に映った月を好んで観賞しました。江戸の町では、品川や高輪、不忍池、隅田川などが月見の名所として知られています。月見舟に乗って、水面に映った月影を愛でる。なんて風流なんでしょう。昔の日本人は、本当に粋ですよね。

水面をやさしくなでる夜風、さざ波に反射する月の穏やかな光――想像するだけで、最高にロマンチックです! 今年は、ウォーターフロントで名月を観賞してはいかがでしょう。現代人としてスタイリッシュにお月見を楽しみながらも、昔の日本文化にも触れられる。そんな機会になるはずです。

>>「星と暮らす」記事一覧

68年ぶりの超スーパームーンが出現!? 2016年注目の天体イベント

眠れない夜のお楽しみ。宇宙と自分をつなげる読書のススメ

胸キュンしたいならこれ。星好きにはたまらない恋愛映画

image via Shutterstock

    specialbunner

    Ranking

    1. 1か月あれば体重は何kg減らすことができる? リバウンドを防ぐには?

    2. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    3. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    4. 出血が多くても生理だから仕方ない!と思っていませんか?過多月経は治療できます

    5. 何度もイケる体になるには? セックス博士が4つのテクを教えます

    6. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    7. 科学が実証。女性特有の不調を整える3つの方法

    8. ダイエット開始後すぐに体重が減るのはなぜ? 管理栄養士がアンサー

    9. ネガティブな感情で頭がいっぱい? あなたを解き放つ3つの処方箋

    10. もがき苦しんだ“燃え尽き症候群”と伊達公子さんから学んだこと〜元マラソンランナー・市橋有里

    1. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    2. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    3. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    4. 1か月あれば体重は何kg減らすことができる? リバウンドを防ぐには?

    5. 「卵巣がん」になりやすい人の5つの特徴。出産経験の有無は関係あるの?

    6. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    7. 何度もイケる体になるには? セックス博士が4つのテクを教えます

    8. 放っておくと本当にまずい。「卵巣がん」の地味なサインとその怖さ

    9. 痛みがなく気づきにくい「卵巣」の病気3つ。度重なる下痢や便秘は疑って!

    10. 閉経したら卵巣はどうなる? 卵子はいくつあるの? 卵巣のキホン

    1. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    4. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    5. 体の背面の全筋肉群を一気に鍛える! 5つの背中エクササイズ

    6. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた

    7. 長引く咳は風邪じゃないかも。「がん」と診断された女性の実体験

    8. 生理で出るレバー状の血の塊の正体は? 放っておいて大丈夫?

    9. 成果の出る正しいスクワット法。足や太もも、部位別にレクチャー

    10. ジム通い不要の万能筋トレ「プランク」、比較的ラクに行うコツは?