1. Home
  2. MIND
  3. 今年は特別。新暦と旧暦がシンクロ...9月15日は中秋の名月

今年は特別。新暦と旧暦がシンクロ...9月15日は中秋の名月

星と暮らす

1,369

景山えりか

今年は特別。新暦と旧暦がシンクロ...9月15日は中秋の名月

9月1日(木)は新月でしたね。月が満ち欠けする周期の初日にあたる新月と、ひと月の始まり(ついたち)が重なる――これは、新暦と旧暦がシンクロしていることを意味しています。驚きなのは、9月に続いて10月も新月からスタートするということ。私たちが普段使っているカレンダー(新暦)においては、かなりレアなケースです。というわけで、この2ヵ月間は、旧暦と月を意識して過ごすのがオススメです。

名月のシーズン到来

旧暦では毎月第1日目(ついたち)が必ず新月になる決まりがあります。つい最近、新月と重なった9月1日は、旧暦8月1日にあたります。また、次の新月と重なる10月1日は、旧暦9月1日です。旧暦の8月・9月といえば、昔の日本人が月を愛でていた時期。そう、名月のシーズンです。

一年のうちでもっとも美しいとされている「中秋の名月(秋の十五夜)」は、旧暦8月15日の夜に見る月のこと

そして、中秋の名月に次いで美しいといわれているのが「十三夜」旧暦9月13日の夜に見る月のことをさします。

今年の場合は、

・中秋の名月......9月15日(旧暦8月15日)

・十三夜......10月13日(旧暦9月13日)

新暦と旧暦がシンクロしているので、日付がわかりやすいですね。

水辺で楽しむお月見

月を見るとき、普通は空を見上げます。でも、空高く昇った月を見続けるのは、意外と首や肩が凝るものです。そこで試してほしいのが、水面に映る月を見ること。昔の日本人は、池や川など、水面に映った月を好んで観賞しました。江戸の町では、品川や高輪、不忍池、隅田川などが月見の名所として知られています。月見舟に乗って、水面に映った月影を愛でる。なんて風流なんでしょう。昔の日本人は、本当に粋ですよね。

水面をやさしくなでる夜風、さざ波に反射する月の穏やかな光――想像するだけで、最高にロマンチックです! 今年は、ウォーターフロントで名月を観賞してはいかがでしょう。現代人としてスタイリッシュにお月見を楽しみながらも、昔の日本文化にも触れられる。そんな機会になるはずです。

>>「星と暮らす」記事一覧

68年ぶりの超スーパームーンが出現!? 2016年注目の天体イベント

眠れない夜のお楽しみ。宇宙と自分をつなげる読書のススメ

胸キュンしたいならこれ。星好きにはたまらない恋愛映画

image via Shutterstock

    Ranking

    1. サンドイッチをおいしくする「保湿」のひと手間

    2. 背中や腰は「仰向けで丸める」。こりや疲れを解消するリセットストレッチ

    3. 心と体をラクにする、今すぐできる4つのこと

    4. 怒りの原因は「自分のなか」にある。アンガーマネジメントスキルで、もう後悔しない

    5. 油と塩だけでつくる「超簡単ネギソース」がおいしすぎる

    6. お味噌汁は料理の始まり。土井善晴さんが教える「自立の味噌汁」

    7. 「出汁」の基本をもう一度。簡単なとり方・使い方

    8. 洋風アレンジも自在。万能「白菜」の絶品スープレシピ4選

    9. 【絶品トマトジュースをプレゼント】食材どこで買う? おいしくて健康的、かつ良心的。続けられるナチュラルライフ

    10. 料理で最初に食材を切るのは間違い。「伝説の家政婦」志麻さんが教える台所ルール

    1. 心と体をラクにする、今すぐできる4つのこと

    2. お味噌汁は料理の始まり。土井善晴さんが教える「自立の味噌汁」

    3. 「出汁」の基本をもう一度。簡単なとり方・使い方

    4. 油と塩だけでつくる「超簡単ネギソース」がおいしすぎる

    5. 背中や腰は「仰向けで丸める」。こりや疲れを解消するリセットストレッチ

    6. サンドイッチをおいしくする「保湿」のひと手間

    7. 家事の小さなストレスを減らしてくれる、こだわりの「スポンジ」

    8. お弁当がラクに作れる。管理栄養士おすすめの時短テク&簡単おかず

    9. 怒りの原因は「自分のなか」にある。アンガーマネジメントスキルで、もう後悔しない

    10. 寅年に贈る心理テスト。あなたの「トラ度」は何%?

    1. 寅年に贈る心理テスト。あなたの「トラ度」は何%?

    2. 【心理テスト】しめじ、舞茸、エリンギ。あなたを「きのこ」に例えたら? タイプ別性格診断

    3. プランクは体幹強化だけじゃありません。関節や細かい筋肉も鍛えてしなやかな体に

    4. 思いっきり泣こう、感動しよう。心を動かす映画15選

    5. 1日のほとんどを過ごすから、暮らせるような台所を作りたかった/料理研究家・松田美智子さん[前編]

    6. お弁当がラクに作れる。管理栄養士おすすめの時短テク&簡単おかず

    7. 心と体をラクにする、今すぐできる4つのこと

    8. 自分なりの定番が2~3品あればいい。おせち作りのハードルを下げるひと工夫

    9. ジェーン・スー&堀井美香、ふたりが2022年にはじめたいこと、やめたいこと

    10. お味噌汁は料理の始まり。土井善晴さんが教える「自立の味噌汁」

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎月1日と15日に更新!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら