1. Home
  2. STYLE
  3. オノ・ヨーコさんの正直な言葉が刺さる。自分らしい選択のヒント

オノ・ヨーコさんの正直な言葉が刺さる。自分らしい選択のヒント

飯島綾子

オノ・ヨーコさんの正直な言葉が刺さる。自分らしい選択のヒント

本や映画、絵画などのアート作品に至るまで、10年以上前はそんなに気に留めていなかったものが急に気になりだしたり好きになったりするこの頃。子どもの頃に苦手だった食べ物、この前食べてみたら意外とおいしかった、なんて感覚と近いでしょうか。

正直さが胸を打つ言葉の数々

世界でもっとも有名な日本人女性の1人、前衛芸術家のオノ・ヨーコさんが30年ほど前に出版した自伝エッセイ本『ただの私(あたし)(オノヨーコ著・飯村隆彦編・講談社文庫)』もその中の1冊です。 最初に読んだときは「男性上位で閉鎖的な日本社会をバサバサ切るフェミニズム思想の本」といった印象でした。ところがいま読み返してみると、オノ・ヨーコさんが3度の結婚や出産を経て語る、 社会のなかで女性が自分らしく行動し続けることへの正直な言葉が何より胸に刺さるのです。

「いま生んでおかないと、もう一生子供を生めなくなっちゃうよ」などと言われ、堕すのが怖くなって、結局生んでしまった。(中略)そんなふうだったから、子供が生まれても母親としての実感がどうしても湧いてこない。

(『ただの私(あたし)』40ページより引用)

当時の夫にうながされ30歳で娘を生んだことを振り返った言葉。「出産を後悔するなんてありえない」と反感を覚える人もいるかもしれませんが、 出産や育児によって自身のキャリアを中断することへの迷いや不安、働く女性ならすくなからず誰しも感じるところではないでしょうか。

頭で考えず、自分の感覚で

女の力というものは、結局、理屈をこねまわさず、自分の感覚や体に頼るということだ。体に頼るということは、抱擁することであり、許すということ。何かを認めるとか認めないとかいうことではなく、そのものを正直に愛してしまうことである。

(『ただの私(あたし)』63ページより引用)

自分の中に湧き上がった正直な気持ちを否定せず認める。自分の内側、そして外側にも起きる変化をありのままに受け入れる。

結婚や出産などで女性は特に大きな選択を迫られる機会が多いと思います。オノ・ヨーコさんがこの本のなかで繰り返し伝えているように、迷ったときこそ頭で考えることをやめて、勇気を持って自分の感覚に従ってみてもいいかもしれませんね。どんな感情を抱きどんな結果になったとしても、それが自分にとって一番納得のいく答えでしょうから。

[『ただの私』]

    Ranking

    1. 【早めに大掃除】驚くほど汚いかも!? 「忘れがちな場所」をピカピカにして気分爽快

    2. 幸せになるスケジュールアプリの使い方。「予定」を入れるだけでは足りません

    3. わが家の「いつものあれ」。名もないおかず「鶏肉と大根を煮たもの」

    4. 体ぽかぽか「野菜10種のミネストローネ」。食物繊維たっぷりでデトックスにも

    5. 今! 今すぐここに行きたい! 30分で頭と心がすっきりする銀座の瞑想空間

    6. パスタにはバターと柚子をまるごと1つ。旬を味わう寿木けいさんのシンプルレシピ

    7. 人気料理家ウー・ウェンさんが指南。100gの小麦粉で作るアジアングルメ「ガーダスープ」

    8. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    9. 寒い季節こそ代謝アップのHIITを。体ポカポカ、脂肪燃焼効果も続く

    10. マツキヨココカラの「ロカボ菓子」、本当においしいのはどれ? 試食会の結果を発表します

    1. 寒い季節こそ代謝アップのHIITを。体ポカポカ、脂肪燃焼効果も続く

    2. わが家の「いつものあれ」。名もないおかず「鶏肉と大根を煮たもの」

    3. 「玄米菜食」が体に合わない人もいます。体に冷えを感じたらしたいこと

    4. 【早めに大掃除】驚くほど汚いかも!? 「忘れがちな場所」をピカピカにして気分爽快

    5. パスタにはバターと柚子をまるごと1つ。旬を味わう寿木けいさんのシンプルレシピ

    6. マツキヨココカラの「ロカボ菓子」、本当においしいのはどれ? 試食会の結果を発表します

    7. 人気料理家ウー・ウェンさんが指南。100gの小麦粉で作るアジアングルメ「ガーダスープ」

    8. うちの肉じゃがは煮込み時間15分。わが家の定番おかずの話

    9. 足先が冷える人は試して。すねの筋肉「前脛骨筋」を伸ばして毛細血管の血流アップ

    10. 寒い季節の過ごし方で「代謝」が変わる。いま取り入れたい食材は?

    1. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    2. 有元葉子さんの「カルボナーラ」の作り方。生クリームいらずで失敗しらず

    3. 足先が冷える人は試して。すねの筋肉「前脛骨筋」を伸ばして毛細血管の血流アップ

    4. クヨクヨ・モヤモヤは「脳の癖」のせい。堂々巡りを抜け出すには?

    5. どん底にいた私が「人生楽しい」と思えるようになるまでにした5つのこと/描き子さんインタビュー

    6. 残ったごはんも美味しくいただく、5つの白米アレンジメニュー

    7. 「玄米菜食」が体に合わない人もいます。体に冷えを感じたらしたいこと

    8. 不安や怒りでいっぱいになったときに、明るい気持ちになる方法

    9. 「朝いちの白湯」ちょっと待って。水分を摂る前に、必ずしてほしいこと

    10. 里芋の「ぬめり」は落とす? 落とさない? 栄養効率を高める食べ方

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎月1日と15日に更新!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら