MYLOHASの会員システムは、2018年2月26日より新システムに移行いたします。

システム移行作業にともない、2月23日15時~2月26日15時の間は、マイページのご利用を停止させていただきます。

会員の皆様にはご不便おかけいたしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

  1. Home
  2. BODY
  3. 読書する人は寿命が2年長いってホント?

読書する人は寿命が2年長いってホント?

読書する人は寿命が2年長いってホント?

電車や街中のカフェなどでまわりを見渡すと、本を読む人よりもゲームやSNSなどに夢中になっている人を多く見かけるようになりました。もちろん、年代にもよるとは思いますが、ちょっとした空き時間にはスマホをいじるくらいが手軽でちょうどいいと思ってしまうのは私も同じです。そんななか、もっと積極的に読書をしたくなるような記事ライフハッカー[日本版]で見つけたのでご紹介します。

読書がもたらす知られざる効果

エール大学公衆衛生学部の最近の研究によると、

余命の長さにも大差があり、週に3.5時間以上読書する被験者たちは読書しない被験者に比べて23%も死亡する確率が低かったのです。実際、読書好きは丸2年も寿命が長くなりました。これは、ジョギングが心臓血管系に効果があるのと同様に、読書は脳に効果的な運動効果があるという『Neurology』誌に発表された研究とも一致しています。加齢により記憶力や脳の総合的な機能が低下しますが、読書はその衰えのプロセスを緩やかにして、頭を明晰に保つのに役立ちます。似たような研究で、定期的に読書する人たちは、アルツハイマーになる確率が2.5倍も低いことがわかっています。

ライフハッカー[日本版]より引用)

とのこと。本の内容によってはドキドキしたり、その後の展開に思考を巡らすことはよくありますが、計算をしたり知識を頭に入れたりしているわけではないので、それが脳の運動になっているとは思いませんでした。なにげなく文字を追いながら、無意識に登場人物の名前を覚えたり、何ページ前ではああ言っていたなと反復したりする行為が実はものすごく脳を働かしていたようです。おもしろくて気分転換できて、トレーニングしている意識なく鍛えられているなんて、まさに一石二鳥。通勤時間やランチ時間にすこしずつ読書をするようにしたら、週に3.5時間くらい軽くクリアできそうです。

何を読んだら良い?

何を読んだら良いかについてもこの研究で明らかになっています。

雑誌の記事や新聞も良いのですが、一番良いのは本を読むことのようです。(中略)プロットが素晴らしい本、ストーリーが重々しい本、ハラハラドキドキさせられる本、閃きを与えてくれる本、読み終えるまで眠れなくなる本、膨大なページ数の本、とてつもなく素晴らしい本、どれも読むと楽しくてたまには心に残るというだけでなく、健康と長生きのもととなるバランスの取れた知性のダイエットでもあるのです。

ライフハッカー[日本版]より引用)

この研究の要点は「本を読むことの利点は、寿命が長くなるので、ますますたくさんの本を読めるようになること」だそうです。私は気に入った本を何度も読み返すのが好きなのですが、同じ本でも読むときに自分が置かれている状況や心の変化によって、新しい発見や違った感想が生まれるところが読書のおもしろさのひとつだと思っています。この記事を読んで、そんな本との出会いを求めにまた書店へ行きたくなりました。

ライフハッカー[日本版]

image via shutterstock

Writing by片岡理森

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    Prevention
    Rodale's Organic Life

    Ranking

    1. 糖尿病になりかねない6つの行動?驚きの原因とは?

    2. 筋肉をほぐして手に入れるパフォーマンスがアップするツール

    3. 熟睡したいなら、寝る前に食べないほうがいいフード&ドリンク7

    4. 快眠には「質」と「時間」の両方が大切。忙しくても深くたっぷり眠るコツ

    5. 頭皮のビフォーアフターが一目瞭然!極上ヘッドスパ体験をレポート

    6. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    7. 体臭が気になるのは、洗濯洗剤が合っていないのかも?

    8. 鰯のつみれ鍋は本当においしい【こぐれひでこの「ごはん日記」】

    9. 文句ばかり言ってしまう性格をなんとかしたい! グチを減らすための6つのステップ

    10. 人と運を引き寄せる! 「コミュニケーション力」アップの秘訣とは

    1. 熟睡したいなら、寝る前に食べないほうがいいフード&ドリンク7

    2. 糖尿病になりかねない6つの行動?驚きの原因とは?

    3. 筋肉をほぐして手に入れるパフォーマンスがアップするツール

    4. 良縁に恵まれない......実は目に見えない「心の相性」が原因かも

    5. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    6. 花粉と戦う「眞鍋かをり」が驚愕した、イギリスでの花粉エピソード

    7. 快眠には「質」と「時間」の両方が大切。忙しくても深くたっぷり眠るコツ

    8. 人と運を引き寄せる! 「コミュニケーション力」アップの秘訣とは

    9. 砂糖がカラダにもたらす恐ろしい11の真実

    10. パパっと一品つくれる常備野菜の作り方と簡単レシピ

    1. 熟睡したいなら、寝る前に食べないほうがいいフード&ドリンク7

    2. 揺らいでも大丈夫。こころの「ざらつき」を整える方法

    3. 1月31日は皆既月食&ブルームーン、方角、時間、鑑賞法は?

    4. 糖尿病になりかねない6つの行動?驚きの原因とは?

    5. 人と運を引き寄せる! 「コミュニケーション力」アップの秘訣とは

    6. 世界一のジェラート職人・柴野大造さんに聞く、味覚へのこだわり

    7. 自分にあった香りが脳にもたらす影響とは?

    8. 年を重ねるにつれて摂取したい!「脳にいい食べ物」6つ

    9. 実は唇を刺激する、リップクリームの3つの成分

    10. 辛酸なめ子より。すべての乾いている女性たちへ

    読書する人は寿命が2年長いってホント?

    FBからも最新情報をお届けします。