1. Home
  2. STYLE
  3. まるで履いてないみたい。ストレスフリーなパンツで心地よく

まるで履いてないみたい。ストレスフリーなパンツで心地よく

1,088

知恵子

まるで履いてないみたい。ストレスフリーなパンツで心地よく

たとえジャストサイズでも、くっきりくいこむパンツのあと。締め付けや、黒ずみが心配だけど、縫い目が皮膚に接触するのだからしかたがないとあきらめていました。

でもなんと、縫い目が表になった、履いているのを忘れるくらいしっくりくるパンツがあったのです。

ゴム不使用のやわらかパンツ

20160905_pantsu1.jpg

それは「JUBAN DO ONI(ジュバンドーニ)」というオーガニックコットンを使った下着ブランドのパンツ。着物が日常着だった頃の、布を纏うだけの開放的なスタイルの良さを取り入れたいという想いと、童謡「オニのパンツ」でうたわれているような「つよくていいパンツ」にしたいという想いから、「JUBAN 襦袢(ジュバン)」と「ONI 鬼(オニ)」を掛け合わせたJUBAN DO ONIというブランドが誕生したのだとか。

そのこだわりが反映されているパンツには、縫い目が表にあるだけでなく、じつはゴムが一切使われていないのです。代わりに、トレーナーの襟や袖口部分によく使われているリブ素材が使われています。やわらかくお腹をサポートしてくれるので、きつく感じません。

この時期のおすすめはロングボクサー

パンツとひと口に言っても、その種類はさまざま。馴染みのある丈の「ショートパンツ」をはじめ、「ミドルパンツ」、「ロングパンツ」、「(メンズ・レディース)ボクサーパンツ」、「レディースロングボクサーパンツ」があります。

そこでパンツ選びの参考にしたい、この時期おすすめのポイントを、代表の黒川さんに教えていただきました。

まず女性の体を一番に考えるなら、「冷房の強い時期こそ、お腹すっぽりタイプのロングパンツを。」とのこと。おへそまですっぽり隠れるロングパンツは、やさしくお腹をつつみ冷えを防いでくれそうです。

また使い勝手で考えると、「夏の部屋着やパジャマにもできるボクサーパンツもおすすめ。」とのこと。シンプルなのに色あわせやステッチが効いてオシャレだから、おそろいのタンクトップとあわせて部屋着にしてもいいですね。フィット感があるボクサーパンツをはいて眠れば、リラックスしてよい睡眠がとれそうです。

この2点をふまえるとロングパンツとボクサーパンツのいいとこどりの、ロングボクサーパンツがこの時期にはイチオシのよう。

やわらかい肌触りで、締め付けフリー。そんなオーガニックコットンを使ったJUBAN DO ONIのパンツ。どこまでも心地よく、おしゃれに履けそうです。

20160905_pantsu2.jpg

[JUBAN DO ONI

    specialbunner

    Ranking

    1. 高タンパク・低脂質がうれしいデザート9選。管理栄養士が推薦!

    2. ひどい肩こり解消エクササイズ「肩甲骨プッシュアップ」

    3. メンタルが強い人の6つの習慣。心の筋トレで強くなる!

    4. 週1日肉を食べずに12週間。参加者の意識がこんなに変わった!

    5. あなたはどの酒癖タイプ? 印象のいい酔い方と悪い酔い方

    6. 1分で仕込めて効果も絶大。プロが教える簡単アイライン

    7. 運動は苦手だった...メンタリストDaiGoさんが運動を習慣化できたワケ

    8. 体の背面の全筋肉群を一気に鍛える! 5つの背中エクササイズ

    9. 簡単に「感じのいい人」になれる方法

    10. 研究でわかった「やせるテクニック」7つ。ダイエット飲料は逆効果!?

    1. メーガン妃が1日の食生活を公開。英王室でのNGフードとは?

    2. ノロウイルスに絶対うつりたくない人へ。家でできる正しい感染予防法

    3. あなたはどの酒癖タイプ? 印象のいい酔い方と悪い酔い方

    4. 研究でわかった「やせるテクニック」7つ。ダイエット飲料は逆効果!?

    5. プロが教える、驚くほど効果ありの簡単筋トレ

    6. みそ汁を最強のダイエット食に変える方法。自律神経の名医が考案!

    7. 週1日肉を食べずに12週間。参加者の意識がこんなに変わった!

    8. 甘いものが無性に食べたい! 食べても許されるおやつ10

    9. 科学的根拠に基づいた「やせるためのコツ」。運動しなくっても構わない!

    10. 高タンパク・低脂質がうれしいデザート9選。管理栄養士が推薦!

    1. 心臓発作が起きている3つのサイン。左腕の痛みも要注意

    2. 焼酎は健康にいい・悪い? 肝臓専門医が教える正しい「お酒の飲み方」

    3. 女性の「心臓発作は恐ろしい」と医師。防ぐ方法は?

    4. 家カレーに革命! 簡単なのに最高においしくなるカレー5種類

    5. 誰もが筋トレをする時代に! 2020年に流行るフィットネスは?

    6. 年末年始はしっかり回復! 体だけでなく、神経からしっかり休む方法

    7. 一問一答で占う、2020年の運勢。あなたの金運は?

    8. あなたも「アルコール依存症予備軍」かも。自己診断の方法は?

    9. やせたい人向け朝ごはん8選。タンパク質と食物繊維をしっかり!

    10. 一問一答で占う、2020年の運勢。あなたの対人運は?