1. Home
  2. EAT
  3. いつも元気をくれる。あの定番ドリンクの意外なアレンジ

いつも元気をくれる。あの定番ドリンクの意外なアレンジ

いつも元気をくれる。あの定番ドリンクの意外なアレンジ

休日は思いっきり遊ぶのが我が家のお決まり。だけど、ついつい遊びすぎちゃうから、日曜の夜にはくたくた。月曜の朝、目覚めたとたんオンモード! というわけには、なかなかいきません。だから週明け仕事はじめの朝には、気合いを入れるための"おまじないドリンク"を飲むのが習慣になっています。

月曜朝の習慣。元気が出るおまじない

20160916_oronaminc_2.jpg

それはオロナミンCを使った「オロナミン グルト」。キッチンで家族の朝食を用意しながら、とりあえずひと口......うん、この味!

作り方は、オロナミンC(1本)とヨーグルト(150ml、ドリンクタイプがおすすめ)をよく混ぜるだけ。小さめの泡立て器やクリーマーを使うと簡単に混ざります。

初めて飲んだときから、クリーミーな口当たりの中にシュワシュワっと炭酸がはじける不思議な感覚のとりこに。ヨーグルトとオロナミンCの酸味がさわやかで、目覚めの一杯にぴったりなんです。

ヨーグルトと炭酸のおかげで満腹感が得られるので、朝の元気にひと役かってくれます。

家族の絆が深まる一杯

20160916_oronaminc_3.jpg

オロナミンCのウェブサイトで紹介されているアレンジレシピは、ほかにもたくさん。我が家でもいろいろと試してきました。何がいちばん好きかは意見が分かれているけど、みんなから「お気に入り」の票を集めているのは「オロナミン トリプルC」。

グラスにオロナミンC(1本)とオレンジジュース(100ml)、レモン汁(10ml)を入れて混ぜれば完成。微炭酸のフレッシュジュースという感じで、ぐびぐび飲めちゃいます。

とことんビタミンCが摂れるこの一杯。日差しをたっぷり浴びたときや、気分をリフレッシュしたいときによく飲んでいます。特別な用具も必要なく、混ざりやすいので、アウトドアでの乾杯にもぴったりなんですよ。

オリジナルレシピはちょっぴりおしゃれに

20160916_oronaminc_4.jpg

手軽に混ぜるだけのアレンジレシピは重宝するけど、たまにはもうひと手間。お気に入りは、キウイフルーツたっぷりの"食べるドリンク"、名付けて「オロナミン キウイ」。我が家のスペシャルオリジナルレシピです。

もうひと手間とはいっても、作り方はとっても簡単。キウイ(1個)をみじん切りにしてグラスに入れ、オロナミンC(1本)を注ぐだけです。グリーンとイエローのグラデーションは、まさにビタミンカラー! ポイントは、キウイフルーツの食感を生かすために大きめのみじん切りにすること。太めのストローで飲むと、デザート感覚で楽しめますよ。先日、友人が遊びに来たときに出してみたのですが、フレッシュ感があっておいしい! と、とっても好評でした。

元気ハツラツ! みんな笑顔に

20160916_oronaminc_5.jpg

いま、会社は繁忙期。夕方になると、同じ部署のみんなはお疲れの様子。よし、ここはひと肌脱ぎますか。

近くのコンビニでオロナミンCを人数分購入。誰もが知ってる「元気ハツラツ!」オロナミンCだからか、オフィスに戻って声をかけるとみんなに笑みがこぼれました。よかった。冷たいうちに、プシュッと開けて、気合いの乾杯!

その後は、みんなのパフォーマンスがぐんと上がったような? 残業する必要もなくなって、足取りの軽い帰り道。苦楽を共にしてきた会社の仲間は私にとって大切な人たち。これからも気合いをいれたいときにはオロナミンCを差し入れしたいな。

家族のおねだりドリンク

20160916_oronaminc_6.jpg

うちに帰ると、小学生の息子がオロナミンCの空き瓶を見つけて「僕も飲みたーい!」とおねだり。そんなときは、オロナミンCと牛乳を1:1で合わせて「オロナミン ミルク」に。牛乳のおかげで酸味と炭酸が和らぎ、やさしい味わいに仕上がります。牛乳がちょっと苦手な息子だけど、「オロナミン ミルク」だとゴクゴク飲んでくれるから私もうれしい。

おいしそうに飲む息子を見ていると、なんだか"いいお母さん"気分。もうすぐ帰宅するお疲れパパにはビール割かな。

いつだって私のおまじないドリンク

20160916_oronaminc_7.jpg

オロナミンCには、体に必要な5大栄養素のひとつ、ビタミン群(ビタミンC、B2、B6)が含まれています。中でもビタミンCは、なんとレモン11個分も! さらにはアミノ酸とハチミツまで入っているんです。あざやかな黄色はビタミンB2本来の色で、昔から変わらない瓶の茶色は、ビタミンを守るためなんだそう。着色料や保存料は使っていないから、大切な人にも安心して飲んでもらえます。

やっぱりオロナミンCは、私のおまじないドリンク。季節の変わり目も、私はオロナミンCで元気をキープします。もちろん、大切な人の笑顔も。

* * *

いま、オロナミンCの特設サイトでは「みんなの元気を大募集 MYハツラツ!キャンペーン」を実施中。お気に入りレシピや一風かわった飲み方まで、オロナミンCの元気な飲み方を大募集しています。抽選で500名にプレゼントも。ぜひ投稿してみてくださいね。

みんなの元気を大募集 MYハツラツ!キャンペーン

オロナミンCドリンク

撮影/内山めぐみ フードスタイリスト/鈴木麻友子(Love Table Labo.) 文/醍醐由貴子

醍醐由貴子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    2. 人間性が垣間見える「ムカッ」としたときの表現 #コミュニケーション術のネタ帳

    3. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    4. 心臓と血管のため40歳までに変えるべきことは?

    5. 健康な食事の基本。食生活にプラスしたいこと、マイナスしたいこと

    6. レモン水をめぐる5つの迷信

    7. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    8. 腰痛を引き起こす8つの習慣、しつこい痛みにサヨナラ

    9. 肌の疾患が心臓病のリスクをあげる? 意外な5つの原因

    10. おいしく食べて、心身が整う。軽井沢のヴィーガンレストラン

    1. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    2. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    3. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    4. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    5. いつも遅刻する人が、時間に正確な人に理解してほしい8つのこと

    6. 特定の食べ物がどうしても食べたくなるとき、カラダが伝えたい6つのこと

    7. やる気がなくなって、疲れがとれないときの対処法

    8. 人間性が垣間見える「ムカッ」としたときの表現 #コミュニケーション術のネタ帳

    9. 睡眠に悩むなら。研究で証明されたよく眠るための秘訣5つ

    10. 30歳を過ぎたら気を付けたい「たるみ毛穴」の対処法

    1. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    2. 綿棒を耳掃除に使うのは絶対にやめた方がよい理由

    3. 「その症状はストレスのせい」と教えてくれる 8つのサイン─今日から始める、もっと健康になる方法

    4. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    5. 特定の食べ物がどうしても食べたくなるとき、カラダが伝えたい6つのこと

    6. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    7. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    8. アルツハイマー病の意外な5つの原因とは?

    9. 固定観念がくつがえる!自分らしいファッションと香りとの新しい出会い

    10. 糖質約96%カットも。低糖質・低カロリーおやつ10選

    いつも元気をくれる。あの定番ドリンクの意外なアレンジ

    FBからも最新情報をお届けします。